フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« Zepp Tokyoへ行った | トップページ | 11月なのー!? »

2018年11月 6日 (火)

いけない。と言われるとつい見てしまう。中学聖日記

ああ、今日も見てしまった。
そして、泣いてしまった。
男の子は可愛いし、よけいワクワクする。
でも、お母さんはたまったもんじゃないよね。
自分の母、身内の母親を思い出す。
ドラマから話はそれるけど、娘に彼氏が出来ると大概、
父親は大変だ。
でも、でも、母親の息子への想いはもっとだと思う。個人的に。
娘はある年齢から母親の敵だ。
女と女になり、戦いもあったり。…今どきは『お友達』って感じらしいが、
私の時代は、女が生まれ、喋りを覚えた途端、母親の敵になったもんだ。
息子は母親にとって、とても可愛いらしい。
兄が中学生の時に彼女が出来た時の母の悲しさ、悔しさといったら
半端なかった。
しかも、見てはいけない所を見たらしい母は……
あっははは!笑いが止まらない!
兄には、「もっとうまくやれよ」と注意したけど、ワクワクした。
母はまるで、自分の恋人を取られたようだった。
その悲しむ横で私は大笑いをした。
でも、私に初めて甥っ子が出来た時、誰にも渡したくない!って
思った。まだ、赤ん坊なのに、この子の恋人になりたいって思った。
姪っ子の時は、「可愛いね〜可愛いね〜」ホントに可愛いんだけど
甥っ子程じゃなかった。
何を書いているか面倒くさくなってきた。
そうそう、最近思うのだが、私側の身内は娘を持った母親が多い。
娘は辛辣だ。言葉も根性も強い。だからなのかおばさん達は、
年を取り、娘達に鍛えられてきたのか?オヤジに近い。
夫の義母は、夫と弟で、男兄弟。男って女よりは優しいんだろう。
義母はもう、とても立派な老婆なのに、まだ女である。
たまに、ぷっ!なるほど、女なんである。たまに恐い。
男兄弟の母親は老婆になっても女だけど、
女姉妹に鍛えられた母親は老婆じゃない。オヤジだ。
これはあくまでも、ウチの身内の話であって、全国のそれなりの
方々の事ではないです。

早く、来週来ないかな?
Img_1664

« Zepp Tokyoへ行った | トップページ | 11月なのー!? »