フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 夏がおわる。…冗談じゃないよっ! | トップページ | 奇跡なんて起こらない。。。って思ってた »

2016年9月 1日 (木)

大根足と白いスカート

春の終わりころ、

顔に雑誌をかぶせ、昼寝をしていたら、

高校2年生の彼女が、つま先立ちで、素足で、姿見を睨んでいた。

「自分の嫌な所とか、見られたくないとことか、
 出して歩くといいんだってよ。少し高めのヒール履いてさ。
 大根足も細くなるよ」

彼女は怒って部屋を出て行った。

…だ、大根はマズかったか…

服の雑誌を睨んでいる。
バックのページを睨んでいる。
髪型のページを睨んでいる。

恋か。

しばらくしたら、足が細くなっていた。たしか初夏…
少し笑顔がおおくなった。

夏。私は白いスカートを買った。

ある日、着ようと洋服ダンスから、白いスカートを出した。

「え!?えーーー!!なんじゃこりゃっ!!」

白いスカートの裾に砂が、溜まっていた…。
ふわりともしない。

彼女が、バツ悪そうに笑った。

その夜、二人で小さい声で話した…

海に行ったらしい。

白いスカートをふんわりさせて、波寄せる砂の上を走ったとか、
手を繋いだとか、同じジュースを飲んだとか…

「キスは?」

真っ赤になった。

「そっか。そっか」

冷たいサイダーを彼女の頬にビトッとつけた。

それでも、彼女の頬は、まだほんのりピンク色で、

薄く小麦色に焼けた、笑顔がとても可愛かった。

足が細く、大根足じゃなくなった。
スラリと少し、大人の足首になっていた。

スカートは… どうしたんだろう? …忘れてしまった。

『自分の嫌な所とか、見られたくないとことか、
 出して歩くといいんだってよ。少し高めのヒール履いてさ。
 大根足も細くなるよ』

適当に言ったのに… 信じて、実践して、彼女は素敵になった。

この夏、ある日、突然、
耳は、1発のドリルで。
体と、顔は、見えない薬品で。
少し所々、少々変わってしまった。

まだ、現実を受け止めきれてない。
毎日が、初めての自分で。

怖かった。外が。

でも、出た。

少し、歩いた。
次は、もう少し。でも、下ばかり見て歩いた。

今日は、いつもの商店街に… 行ってみよう。

いつもの偏屈でおしゃべりのオヤジの喫茶店に行った。
初めはサングラスしてた。

何度か行った時、サングラスを外した。
普通に接してくれた事が嬉しかった。きっと驚いたのに。

いつもの、商店街の人の、暖かさに…囲まれて、涙して、
涙が出せるようになって、少しまた、気持ちが苦しくなくなった。


いつか、私も 

彼女の足が細く、素敵になったように、

これから付き合っていく、私の新しい体と、顔と、耳…

全て見せて、沢山人に会って、おしゃべりして、

きっと、素敵になる。

足も、思いっきり走れるようになれる。

来年の夏は海に行きたいな。
白いスカートをはいて、波寄せる砂の上を
家人の手を離さないで、走りたい。

その前に、家に帰りたいな。

帰ったら…帰ったら…





20160902_4







今日も、まだ暑いかな?





























かな?

« 夏がおわる。…冗談じゃないよっ! | トップページ | 奇跡なんて起こらない。。。って思ってた »