フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2017年6月 »

2016年9月17日 (土)

スピッツ!醒めない。にありがとう!!

私の体は、7月27日から、突然変わってしまった。
『大根足と白いスカート』に書いたように。

命は助かった。それだけでも、とても凄いこと。

治る、薬がないことを知り、時間がかかること。

ゲェゲェして泣いてんだか吐いてんだかしている私に
救急隊の人たちの声、

「直ぐ症状が出てよかったんだ!今、出ない人たちは」

外国の映画に出てくるような救急隊の人達だった。
むせて、咳き込みながらも、まわりの人達の心配とか、
カッコ良かった。……ありがとう。いいたいな。

知っていた。教えてくれなかった。
でも、すみません。とは言わない。

「知っていました」 ただそれだけ。

優しい言葉を言いながら、翌日には、真反対の言葉。
何を信じていいかわからなくなった。

体が、気持ちが、頭が、追いつかないのに…

でも、息はしている。から。

台風で、よろけても。

風邪ひいても、鼻水が鼻の中でネバネバして出なくても。

うんこがしたくても、力が入らなくて、病院にいったり。

テレビはモノが動いて、予測できない音、
突然大きな音がドーン!それでひっくり返って。
大好きだったのに。文句ぶつぶついいながらでも。
マツコさんも見れない。

なんでも初めてで。おどおどして…

オリンピックだったんだな。

東京オリンピック生まれの
こんな、私が、オレが、何度か、、、
52才から、また、人生始め直す…なんて……
…もう、いっぱい生きたし…もう、いいか…

そんな事を考えた夜も昼もあった。

でも、音楽だけは、自分の聞きやすい音で聞いてみた。
恐る恐る…

それが、スピッツの『醒めない』
ピンクの表紙が可愛くて、暖かそうで。凄い暑い頃なんだけど、
ぬいぐるみも暑苦しそうなんだけど、
暖かそうで…

なんか、なんっーか… おう!とか。よし!とか、
わーーん!と涙が出て、固まった鼻水も出て、
楽になったり。

こんにちは って曲。
…なんか、16才でこの世界に入った頃の
私の私に会った。
フン!って顔して、ムッって顔して、だいぶ、結構強気で、
転んでも、水でジャー!って傷なおして。
……52才の私も、なんら変わらんな…16才の私と。
まだまだ行けるんじゃない?
まだまだぶっ飛ばせるんじゃない?

♪お上品じゃなくても、まじめじゃなくても~~♪

あ、これは、ブチって曲?ブチって猫のブチ?
でもって、

おう!

今、生きていたから、また、会えた。
16才の、あの強気で、失敗しても平気な顔して歩いていた私に。
こんにちは。って。

いいね、『醒めない』

俺に任せろ!!

かっこいいね。

人生応援歌だ。私にとって。

けっこうなおじさんな年なのに、ピンクでぬいぐるみの
ジャケット。
ガッハハハハ!と、初めて笑えた。ある吉日。

今、生きることに前向き!

いつかは嫌でも死ぬ。

でも、それまでは、どこまでもハチの針隠し持って、

どん底から見上げた、三角の小さな空とか、

狂った今を生きて行こうじゃないか!とか、

ハニー~~?って言われると、じゃない、聞こえると
いや~~ん♪とか。

髪を切ってもらった。さらさらのショート。
洗いやすいように。栗まんじゅう。


そしたら、いろいろな救世主が現れたり!


あんな細いのに、12月まで、コンサート…
凄いな~~沖縄、海ぶどう…食いてぇな~~じゃないや、

頑張って下さい!

そして、ありがとう!!

その頃は、私もどんどん歩いて、走っている。
と、決めている。

俺に任せろ!!

勝手に解釈、

ありがとう!!任せたぜ!!!


そんな今日でした。

夏から、秋に変わろうとしてますね。

20160917

あらら、スポットライト。

みなさま、お体を大切に。

あ!スピッツのファンの皆様、ちなみに、私は、
スピッツの方々とはお会いしたこともありません。
皆さんと同じ、アルバム…じゃないや、CDを聞いてです。

全国の皆さまも、季節の変わり目、お体を大切に。

…なんだか最近、ややこしいからな。



…広告、お金もらってません。
バージョン、まだ、変えられん。複雑すぎ…るっ…

♪♪

2016年9月 8日 (木)

奇跡なんて起こらない。。。って思ってた

でも、起きたねっ!!

今の私には、大きな希望になったぜ!!

まだ、まだ、起きるね♪

見えるよ。

家の中、
道、
街を、
乗り物、
仕事、で、

歩いている姿が!


ごはんはちゃんと食べなきゃいけないよ。
私は、食べているよ。

この前、私は、拳を上げたんだぜ!
       手も、振ったんだぜ!


台風や、大雨や、大雪、地震、大変なことだらけ、
この年になって初めてだらけの体だけどさ。

でも、

今までの体験って記憶があるから、それを良いほうに使ってさ。

この暑い夏を乗り切った。…まだ続いているけど(笑)、

虫の触覚を立てて、歩こう!転ばないように!

でも、転ばないで生きていくなんてないだろうし、
怪我しない転び方とか、あるらしいよ。
体も、気持ちも。
ダメージを少しでも少なくするのが。


夜は、スズムシとか…秋の虫の声がおおくなったね。
蝉は…飛んでった。

昨日の夜、枕元の灯りに、小さい虫、…ショウジョウバエ?の子供?
がピッって張り付いて…ぎょ。…虫嫌いだし… でも、潰すのも…
外は台風だし… 知らんふりして寝て起きたら、いなかった。

…ゴミはちゃんと捨てよう…と思った。
捨ててんだけど、蒸すからね。生まれるのか?


とにかく、おめでとう!!

私も、追いつきます!!!


いろんな言葉を、とっかかりに、きっかけに、キーワードにして!

またね♪



Photo

♪♪

あ、広告、お金もらっていません。

ブログバージョン早く変えろってか?
やり方が…ふ、複雑でね…(笑)、そのうち。

2016年9月 1日 (木)

大根足と白いスカート

春の終わりころ、

顔に雑誌をかぶせ、昼寝をしていたら、

高校2年生の彼女が、つま先立ちで、素足で、姿見を睨んでいた。

「自分の嫌な所とか、見られたくないとことか、
 出して歩くといいんだってよ。少し高めのヒール履いてさ。
 大根足も細くなるよ」

彼女は怒って部屋を出て行った。

…だ、大根はマズかったか…

服の雑誌を睨んでいる。
バックのページを睨んでいる。
髪型のページを睨んでいる。

恋か。

しばらくしたら、足が細くなっていた。たしか初夏…
少し笑顔がおおくなった。

夏。私は白いスカートを買った。

ある日、着ようと洋服ダンスから、白いスカートを出した。

「え!?えーーー!!なんじゃこりゃっ!!」

白いスカートの裾に砂が、溜まっていた…。
ふわりともしない。

彼女が、バツ悪そうに笑った。

その夜、二人で小さい声で話した…

海に行ったらしい。

白いスカートをふんわりさせて、波寄せる砂の上を走ったとか、
手を繋いだとか、同じジュースを飲んだとか…

「キスは?」

真っ赤になった。

「そっか。そっか」

冷たいサイダーを彼女の頬にビトッとつけた。

それでも、彼女の頬は、まだほんのりピンク色で、

薄く小麦色に焼けた、笑顔がとても可愛かった。

足が細く、大根足じゃなくなった。
スラリと少し、大人の足首になっていた。

スカートは… どうしたんだろう? …忘れてしまった。

『自分の嫌な所とか、見られたくないとことか、
 出して歩くといいんだってよ。少し高めのヒール履いてさ。
 大根足も細くなるよ』

適当に言ったのに… 信じて、実践して、彼女は素敵になった。

この夏、ある日、突然、
耳は、1発のドリルで。
体と、顔は、見えない薬品で。
少し所々、少々変わってしまった。

まだ、現実を受け止めきれてない。
毎日が、初めての自分で。

怖かった。外が。

でも、出た。

少し、歩いた。
次は、もう少し。でも、下ばかり見て歩いた。

今日は、いつもの商店街に… 行ってみよう。

いつもの偏屈でおしゃべりのオヤジの喫茶店に行った。
初めはサングラスしてた。

何度か行った時、サングラスを外した。
普通に接してくれた事が嬉しかった。きっと驚いたのに。

いつもの、商店街の人の、暖かさに…囲まれて、涙して、
涙が出せるようになって、少しまた、気持ちが苦しくなくなった。


いつか、私も 

彼女の足が細く、素敵になったように、

これから付き合っていく、私の新しい体と、顔と、耳…

全て見せて、沢山人に会って、おしゃべりして、

きっと、素敵になる。

足も、思いっきり走れるようになれる。

来年の夏は海に行きたいな。
白いスカートをはいて、波寄せる砂の上を
家人の手を離さないで、走りたい。

その前に、家に帰りたいな。

帰ったら…帰ったら…





20160902_4







今日も、まだ暑いかな?





























かな?

夏がおわる。…冗談じゃないよっ!

と、ブツクサ言いながら、歩いていたら、
玄関先で車を洗っている、おじさんと顔が合う。ペコリして、

「こんにちわ!」
「こんちわ」
「えっへへへ」
「はっははは」

知らぬ間に、ご近所さんの仲間入り。
ちょいと、おしゃべり。

空を見上げる。

ひゃーー 眩しいぜ!!

グリーングリーンを口ずさむ♪

歩く、歩く。

体が軽くなっていく感じ。

負けん!!

あ、また、「こんにちわ~」

初めは下ばかり見ていたけど、こんにちわ。が、増えていくたび
笑顔になった。

家人にメールで、写真を送る。

見よ!眩しいだろ!!電線も…良い感じだろ♪♪

Img_0598





















では♪

« 2016年8月 | トップページ | 2017年6月 »