フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« サムライブルーの1選手です。 | トップページ | 好きな仕事を自分は選べないのか…その後。 »

2015年9月 2日 (水)

役者を目指す人が見るといいのかも。

もう、9月秋ですね〜

え〜昨年、わたくしが編集を担当した、

『唇はどこ?』

という、映画が、9月22日に、先行上映します。

内容は、下記のホームページで。

http://pff.jp/37th/lineup/eiga-in-eiga02.html


ホームページを見た方へ。

内容は、書いてあったとおり。

「やったこと忘れて、はいもう一度」

「セリフ間違ってもいいんだよ。
  演じるなよ。その人にみえないの」

「なんで、やろうとするかなぁ〜〜」

「集中出来ないの?」

「集中ってさ、
 自分が役に入り込むってことじゃないんだよ」

「形だけでやるなよ。
 そうゆうの直ぐバレるよ。見てる人に」

「良いっていわれた事なぞるなよ。
 それやったらおわりだよ。はい、もう一回」

「相手を感じてよ。
  自分一人でやってて恥ずかしくないの?」

「いいよ。なにしても。それで、
  その人に見えれば」

それは、監督役で出演している、長崎俊一監督
の、劇中の言葉(本気だなあれ)

私の感想
「ああ、こういう監督いたよなぁ~たくさん」
「はっきり、言ってくれよ!」
「自分で考えろって…あんた監督じゃん」

でも、時間が経ち、振り返ると、
そんな時間が、いかに大切だったか…。

編集をしながら、
はじめ、うきうきヘラヘラしていた若い役者たちが
監督に延々ダメだしされ、顔色が変わって行く冒頭の
長いシーンは圧巻だった。
女の役者はホントに泣き出すし…
泣いても、長崎監督は、

「泣いてもすまないんだよ」

編集の始め頃手伝いにきていた、男の子が、
編集中に泣いてしまった。 

「み、みんなが可哀想だ…」

私も思った。
でも、皆、頑張った。
私だったら確実に逃げ出したな。仮病でもなんでもつかって。
手伝いに来ていた男の子は、途中で来なくなった。
見ているのが辛くなったんだろう。…

その映画で、
それぞれの悩み、恋愛模様、家庭事情が……
真剣って、なんでこんなに笑っちゃうんだろう(……失礼)
とも、思った。

皆さん、時間がありましたら見に来て下さい。

特に、
これから役者を目指す方は必見だと、
役者の私は思います。

ちなみに、私のブログで書いたイラストが、
チラシ
で使われました。
右カテゴリー『アホアホ一人旅♪』より

これです!
会場に、置かれているかもです。

これ!

Pai_2


興味を持たれた方、お早めに。





















ではでは。

« サムライブルーの1選手です。 | トップページ | 好きな仕事を自分は選べないのか…その後。 »