フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

西の魔女が死んだ 『おばあちゃんの家 閉館』

先程、プロデューサーの方から連絡があった。
ゴールデンウィークまで…とか。

3

Photo_2
西の魔女・おばあちゃんの家/
Facebookより
https://ja-jp.facebook.com/nishimajo

まだ、あの家が公開されてたのも知らなかった。
沢山の人に愛されてきたんだなぁ〜と感無量。

『西の魔女が死んだ』の脚本を手がけられた事に、ありがとう。

そして長い間、
『西の魔女 おばあちゃんの家』
お疲れさま。

147152_01

矢沢由美

2014年3月26日 (水)

赤ん坊か!

今日は、歯のメンテナンスの日だった。

が、

起きようとしたら、体が熱い!!
熱も凄いある!!

「インフルエンザーだーー!!」

まずは、

歯医者に断りの電話を入れた。
そして、医者だ…

フラフラ支度をしながら、
生まれて初めてのインフルエンザに興奮した。
こんな、辛いんだぁーー!!

病院が近くで良かった…とか思い歩いていたら

……

え? な、なんだ? この軽い足取りは…
ああ!風が爽やかだ… 腹も減った、グーグー鳴っている。

立ち止まった。

…… あれか?…いっ、嫌ーーよっ!!

家に引き返した。
熱を測った。
普通だった。
いつものあれだった。

知恵熱。

そうだ…昨日、遅くまでちぃーと手の込んだ作業をしていた。
別に、手が込んでなくても、
大変な仕事が終わった時、とか、いまだに、
必ず一瞬熱が高く出る。
直ぐひき、元気になるけど…

♪ラララ〜ラ ラ ラ〜ァ〜言葉にできない♪

昔から…だ。 
死ぬまでこの癖は治らないのかな?
ああ〜〜歯のメンテナンスは行きたかったぁ〜〜〜

20140326_2

♪ラララ~ラ ラ ラ~ァ~言葉にできない♪

では、ご機嫌よろしゅう。

2014年3月22日 (土)

オレの気持ちは変わらん!!

ちょい最近、とても理不尽な事が起きた。
ガキの話しならわかるが、大の大人が…と!!

バカヤロー!!
と、感情に任せ買ってしまった。

Photo

オレは結構、柔軟な人間だ。
本当だ!
誰に聞いてもらっても構わん!!

でも、『ここまでっていう線引き』って、あるだろう!? 人間なら。
違うかい?  少しは考えろよ。
オレは譲らん!!

Photo_2
(これは、数年前の髪型だぜよ。  一応。)

水島かおり

2014年3月21日 (金)

隣の芝生は、やっぱり青かった!

家人『Facebook』をやりはじめ、早、3ヶ月になる。
その時は直ぐ飽きるだろう。と思っていた。が、
なんだが楽しそうに見える。くそっ。

オレ『ブログ』だけで行く。

と決めたけど、気が変わった。

オレ『Facebook』をやる事にした。
やり方を家人に聞こうと思ったけど…なんか…
しょっちゅう、

「あ!」とか「間違った!」
「どうすりゃいいんだーー!!」

とか叫び声をあげている人間に聞けない。…怖い。

ので、そういうのに詳しい人に頼む事にした。

まだ、いつからかは決めてないけど… それに、
やりはじめたとしても
突然飽きてやめる事になるかもしれないけど……
まぁ、こんくらいの気持ちでやるのがいいのもしれないと。

思ったしだいだ。

Photo

では。

 


2014年3月19日 (水)

当たり前な事を実感した日

『人は一人ではなにもできない』

当たり前の様な言葉だけど、
とても深い意味だと思った一日でした(昨日、今日)。

こんなにも自分を思ってくれる、考えてくれる人達が
いたなんて。

もう、春だ。
そして、あっという間に夏になる。

時間は止まらないのだ。
その中で自分が何をしていくか。

動くぞ。もう動いているけど。

例え、その結果がどうなろうとも。

失敗もプラスへ。
失敗はとても大切な次へのステップだ。

調子がいい時は、一度、一息つき、
風の音を聞こう。街の匂いを吸い込もう。
小道に咲いている花、草木を見よう。
空を、月を見上げよう。

そして、心を真っ白なキャンバスにして、
あらためて自分を見つめる。

『人に思われると、その人の事も大切に思いたい』

ありがとう。だ!

20140319

では。

2014年3月15日 (土)

小栗旬の桃太郎CMと下地先生

下地先生お元気ですか?

こんなふうにブログに書くのは二度目です。
…もっと…あったかも…まぁ、それは置いといて。

下地先生と言えば、小栗旬くん。
今、小栗旬くんの某CM、『桃太郎』がカッコイイと話題。
私も見ました。
先生も、そのCMが流れると、きっと胸をドキドキさせながら
見ているんでしょうね。

私は、あのCMの『鬼』にドキドキしました。
まるで『風の谷のナウシカ』巨神兵だ!!
と興奮しました。

20140315cm_2

(粘るもですね。テレビでたまたま撮れました! 巨神兵だー!

『さんまのからくりTV』下地先生に夢中になっていた頃、
私も下地先生と同じく、小栗旬くんにも夢中でしたが、
でも…私はあれから好きな男がコロコロと小石が風に舞うよう
変わっていきました。でも、イケメンだけじゃダメですね。

顔だけで選ぶと飽きるのも早いです。
風船です。
ツヤツヤした風船の運命の如く、直ぐしぼむ。
味も顔も、何もかもの魅力も直ぐ無くなる。


やはり、良い男は内面から顔に表れるものですね。

ので、今は好きになった男の名前も忘れてしまいました。
最近で言えば、『うっちー=内田篤人選手』です…それと、
長友選手の顔が、日々日々とても良い顔に変わっている。
海外で、あの『インテル』で、
いろんな事が想像出来ないくらいあると思うけど、
あの表情を見ていると… こちらも元気になりますね。

いろいろですね〜

でも、本当の事をいうと、私は20代の頃から好きな
ミュージシャンがいて、その人は、今も私の中では不動で、

たまに、目新しい、男が現れるとヒョイと心が動きますが、
不動の彼は変わりません… ああ、
今何を書いているんでしょうか私は…
あの人の顔を思い浮かべたら…
少々鼻血が…

先生『さんまのからくりTV』での家庭訪問コーナー、
心を裸ん坊にして生きてきた自分を、
先生の言葉で反省し、号泣したにも関わらず、時間が経ったら、
忘れてしまいました。
相変わらず、心は裸ん坊のまま、飛び回ってます。

でも、一度聞いた事は、
忘れても、ある瞬間にふっと思い出すもので、
あの当時より、少し大人になった気がします。
…あくまでも自分で思っているので、本当のトコは分かりませんが…

この前、『アルプスの少女ハイジ』の替え歌を作ってみましたが
見事に失敗しました。
ある時、作詞の仕事のお話を頂いた事がありましたが、
その当時、余裕がなくお断りしたのですが、お断りして良かったと
思いました。

今でも、先生の替え歌を口ずさんだりしてます。
先生は凄いですね。
『私の仕事はやっぱり教師、普通の先生に戻る』と言い、
一度もテレビに姿を現さず、下地先生は、

第二の山口百恵だと思います。

これからも、体調に、お肌のケアに気をつけ、
頑張って下さい。

私も頑張ってます。

先生の笑顔は忘れません。
忘れられないものってあるんですね。

下地先生の、涙して話されたお言葉も全てではないですけど
忘れてないです(あるていど、です。すみません)。

これは当時、ブログに書いた、下地先生の替え歌です。
懐かしいです。

2009年1月26日(月)

GTO 下地敏雄



G・グレート。
T・ティーチャー。
O・おネエ。




お困り教師☆ 
(美空ひばり・『お祭りマンボ』)

 

取り込み忘れた 大事なパンツを
 
生徒が見つけて ざわつき始めた
 
ナイロン製だ 引っ張んないでおくれ
 
パープル パープル
 
パープル パープル

ヒーラ ヒラヒラ ひもパンだ



ウキウキteacher 
(いいとも青年隊・『ウキウキwatching』)



お昼休みは 生徒がタッチング

ヒップタッチ ニップタッチ
いいけど~♪



シャワーキャップ 頭にかぶって

バラのお風呂で 読書する

JUNON JUNON

湯上がり ハチミツクレンジング



保湿パックで フェイスケア

お気にの紅茶は ダージリン

余った具材で コトコト クッキング



一人暮らしは 寂しいの

本家行く日は 嬉しいの

いとこも はとこも いいオトコ ♪

では。

2014年3月14日 (金)

リサイクル料理

なんでもやっとくもんだな~

父を在宅介護していた時…
父は『下咽頭癌』だった。

食べる物も、初めは普通の形の物を食べられたが
喉がふさがれていくから、
通常食から、細かい刻み食、クリーミー的な食事へと
変わっていく。

いろんな本を買い集め、
栄養のことなど、気持ちのケアなど…調べて…
今、軽く書いているけど大変だった。
でも、料理の種類、栄養配分が知らないうちに身に付いた。

一番初めに『なんでもやっとくもんだな~』と、書いたのは、
何でも、役に立つってことだ。

前に『南極料理人』?という映画があったけど、
あそこまで、料理にお金はかけられないし、
あそこまで、何度も材料の使い回しは出来ない、
南極は菌がないって事もあるだろうし、
物を残したらいけないってこともあるだろうし。

日本は湿気が多いし菌も多い。

でも普通の生活でも、似たような事は出来る。
凄いドケチにならなくても。

昨日、肉じゃがを作った。それと、青物。みそ汁。
今日は、じゃがいもだけを小鉢に取り出し、インゲンを茹で、
金ゴマと、ちょい山椒を。
そして、豚肉丼。

ポトフの時も、翌日は、具をザク切りにし、牛乳とチーズを入れ、
リゾットと、余り物の野菜とか。

握り寿司も、太巻きも季節によるけど、
残ったら、和風雑炊(これは、ある料理人さんから教えられた)
酢飯は煮ると酸味が消えるし、程よく残ったら味付け次第で美味い。

たくさんの料理の使い回し。
数えきれないほど、盛りだくさん。

それは、
死ぬまで食にうるさく、料理の見た目にうるさかった父のお陰と、
そのだいぶ先に死んだ母の料理の上手さと、
こき使われた事が大きい。

母は何処から聞いてきたのか、オレが幼稚園の頃から
当時珍しかった『ドレッシング』を自分で作り、
その種類も豊富で、今も助かっている。
その『ドレッシング』はサラダだけではなく、色々な、
料理に使える。
ちょい前の『食べるラー油』も母は作っていた。
和風は当たり前。ミートソース(トマト、イタリアン系)、
鍋の種類、洋風料理(おフランス)… 言い出したらきりない。
でも、家は貧乏だった。


芸能界に入った頃…その前もか…

アンケートで『尊敬する人』と、いう欄があり、だいたいの人が

『両親』

と書く。でも、オレは書けなかった。

両親がとても、とても、楽観的、なんとかなるさ的。
オレや兄貴は毎日が絶望的だったから、その欄には飼っていた

『猫』

と書いていた。

でも、今は違う、だいぶ、だいぶ、だいぶ前から違う。
ある時から、そういう欄に、

『両親、家族

と、かけるようになった。
…でもそれは、両親が死んだ後だった。

……。

でも、親というのは何かを残してくれる。

今のオレはあんまり、立派じゃないけど、
小さいケンカも大きなケンカもあるけど、
両親のプレゼントかな?

『家人=夫』

大切な人をオレに手渡してくれた、父と母の代わりのように。

20140314

サンキュウー!!

2014年3月 8日 (土)

ごめん。

今週の月曜から風邪を引いてしまい、体は回復したけど、
頭がボーッとしてた。

『日本対ニュージーランド戦』見て、
昨日、八つ当たり的な文章を書いたら、
自分自身、とても嫌な気分になった。
なんでもかんでも、感じた事を書くっていうのは良くないね。

でも、書いちゃったからしょうがない。

でも、でも、頭がバチコーン!!

ボーッと頭にかかっていたモヤモヤが取れ、
部屋を片付けだしたら、朝になっていた。

午後遅く起きた。

テーブルの上に、これ。

20140308

家人が買ってきたみたいだ。

……飲んだ。美味かった。

昨日とはうって変わってだけど、W杯!頑張れ!!

そうそう。
不思議だね。今年の5月1日で
F1のアイルトン・セナが亡くなって20年が経つんだ。

セナの大ファンだったオレは、ショックで膝が抜け崩れ落ち、
泣く事も出来なかった。

電車の中刷りの『モノクロになってしまったセナ』を見ると
涙が出て、止まらなくてしばらく電車にも乗らなかったなぁ…

それから、F1を一度も見なくなった。今も。

セナ没後20年目に、
W杯開催国が
『ブラジル』だ。

理由はわからないけど、涙が出てきてしまった。

まだ、気持ち的にDVDは見られないけど、そのうち見たいな。

20140308_2
『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』
より

では。

2014年3月 7日 (金)

W杯なのに破滅へ向かってるのかな。

と、
日本対ニュージーランド戦を見てて感じた。

いつもなら、熱くなるのに何も感じなかった。
観客を見ていても、そんなことを感じているんじゃないかと…

コンデフェの様に、何かワーワー言ったら、
メンタルが弱いんだから…とか、又、変にプレッシャーを
感じさせちゃうんじゃないかとか… 遠慮してるような。
違ったらごめんなさい。

でも、
何も感じる事が出来ない試合を見るほど寂しいものはないな。

不思議なもので、
ザック監督や、本田選手、香川選手とかのCMが流れると、
つい、チャンネルを変えてしまう…

盛り上げようとしているのは分かるけど、
あまりにも、ピッチでのプレーとCMの差が… 
当の本人が出演しているだけに、余計懸け離れて感じて、

『力強いイメージ』

を、表現しているんだろうけど、
正直、ザック監督CMに映っている、
サッカーボールのおにぎりを、ザック監督の顔に
投げつけてやりたくなる。

自分も、CMにはお世話になっているから
こんな事書くのは、仕事が無くなることだと覚悟の上。

前より走れなくなった本田。
最後まで体力が続かなかった香川。

理由はどうあれ、そんな人達のCM見たくない。
大好きな飲み物だって飲むもんか!

歳とってても三浦カズ選手入れるくらいの発想ないのか!
(三浦選手ごめんなさい)
バァちゃんの知恵、体験は凄いんだ!
例え、ベンチに居てくれるだけでも!

もう、それくらいの事も考えろよーーっ!

……………     ………       ……   。

と、思った。
これじゃ、ギリシャ、コロンビア、コートジボワールに
勝てないよ。

今年のW杯は見たくない。っていうより見ない。
報告を聞くだけでいい。

こんなの初めてだ。

20140306w

では。

追伸
今っーか、
数時間後経って思った。
どうでもいい事を本気で書いてバカだなぁ〜と。はぁ〜〜


2014年3月 5日 (水)

『フラッシュ』という雑誌から連絡があった。

『笑っていいとも』が3月末で終わる。
その事らしい。

『笑っていいとも』が始まったころ、
男グループ『いいとも青年隊』は毎日?忘れた。
オレたち『ラジオっ娘』も出てて…
あ、思い出してきた。

そう、そう、
オレは一人で女優さまの仕事をしていて、
その後いろんな流れで『ラジオっ娘』のメンバーになった。

1

で、
『笑っていいとも』水曜日のレギュラーになったんだ。
と言っても、1クールでクビになった。

今と違って、お笑い番組も少なく、
生放送で何をしたらいいかもわからず、
三人とも素のままで…

覚えているのは、『二人羽織』で三人並んで、後ろの人に
メチャクチャに口に物を入れられ、他の二人は頑張ったけど、
オレは、昼の番組なのに吐いた。

それで、クビを切られた…気がする。

その当時、17歳だ。今、49歳。6月で50歳だ。
凄い歳月を…続けていたんだなぁ〜〜と思う。

その後、映画の宣伝で、『テレホンショッキング』という、
コーナーに出演した事もあった。
その時は、一人で。

『友達の友達の輪』って信じていたけど、
それは、嘘で、いろんな人の名前を言っても、テレビ局サイドが
なかなかOKを出してくれなくて、『友達の友達の輪』って事が
嘘なんだって事もその時、知って傷ついた… でも、テレビ局も
商売なんだから、そういう事に気づかなかったオレは相当なバカだ。
と、思った。

レギュラーをやっている時、
色んな人からダメ出しだらけだったけど、
タモリさんは普通だった。

「いいんだよ。いいんだよ。そのままで」

「んなぁ〜こと言われても、できねぇ〜よなぁ」

笑ってくれた。
それが、嬉しくもあり、情けなくもあり… あっけなく私達は
消えた。

バラエティー番組は怖いのだ。

その後、『オレたちひょうきん族』にも時たま出演した。
ラジオっ娘として。

お笑い芸人の人達の真面目さに、
目ん玉が飛び出るほどビックリした。

控え室が、北極のように、感情温度がマイナス何十度なんだ!?
というように寒い。
皆、笑ってない。
超真面目。顔面動かない。足音にも気を付けなきゃいけないほどだ。
でも、
本番になると、一瞬で!
北極赤道直下にいるみたいに、
人が、顔が、感情が変わる。

お笑いの人達の真面目さにビックリした。
まだ、17歳だったからなんでもビックリした。

その後、『NG大賞』とか『お笑い的なクイズ番組』などなど、
出演したけど、
スタートがかかるまでの緊張感と、スタートしてからの
南国雰囲気に戸惑い、声が出なかった。
だから、前、ブログにも書いたけど、
『バラエティー番組の出演依頼』を断ったのは、
そういう事を体験したからだ。

今の、若いタレントさんは凄いと思う。
それなりの努力もあるんだろうけど、
あの、温度差に対応できるんだから、
『バカだ』と言われ笑われている人も、
とても、とても、頭が良いんだと思う。

タモリさんは普通だった。
テレビ局で、たまにお会いした時にお辞儀をしたら、

「久しぶり、元気そうだね。 他の二人は元気?」

と、普通のオジさんだ。
それも、今思えば、上手く言えないけど凄い人だなぁ。と思う。

あ、『フラッシュ』の雑誌の事だけど、
『笑っていいとも』の事だった。
他の二人の事を聞いてきた。

たぶん、
オレも含めて『あの人は今?』的な事を聞きたいんだろうなぁ〜
と、思った。

一人の連絡先は知っていたけど、言わなかった。
もう、一般人になっているのだから。

その一人と、いろいろ、話して盛り上がった。

「あの人は今?ってなことだよ」
と。
「今は今で、それぞれの生活、人生があるじゃない、なんで〜」
と。

だから、
『フラッシュさん』話す事はないんですよ。

私達はそれぞれの人生を、今まで、
楽しみ、悩み、怒られ、反省多々多々あり、
いろんな事を各自、考え、今も生きているし、
これからも、それぞれなので。

でも、
『フラッシュさん』のお陰で、電話でいろいろ盛り上がり、
楽しいひと時を過ごせました。
ありがとうございました。

そして、タモリさん!

元ラジオっ娘、水島かおり。
(他のメンバーは普通の生活を送っております!!)

まだ、半月以上ありますけど

お疲れさまでした。

最終回は見ますよー!!

Photo_2

だば。

2014年3月 1日 (土)

上映会が終わり、ワッハハ!!

今日、東京工芸大学で、
『ディレクターズ ディレクションライブ2014』
完成上映会があった。

作品1『指輪のないプロポーズ』(コメディ)
作品2『END』(サスペンス)

脚本も、東京工芸大学の学生さんだ。

ワンセットでのショートムービー。
1日目、2作品のリハーサル。
2日目、2作品、本番。

そして、今日、上映。
見た。

始め、コメディが上映され、物語と芝居と、
録音の臼井さんが作ってくれた音と、音楽が絶妙で、
いつもの失敗をした。
自分が演じているのに、可笑しくて、
大声でゲラゲラ笑ってしまった。
他の人にとても迷惑をかけたと思う。ごめんなさい。

サスペンスは、じぃーーっと見入った。最後まで無音。
急須からお湯が湯呑みにそそがれる音。
茶碗がコトンと小さくぶつかる音。ナイフでリンゴを剥く音、
それと会話と表情…
なんか…え?…どうなるんだろう…怖かった。途中、ヒリヒリして
そんな二人の間を引裂たくなった。
あ、これも自分が演じてるんだけど…
(オレは幸せな人間だなぁ…と思った。自分が演じてるのに
 そんな風に見られる事が)

Q&Aも楽しかった。
突然、その現場の助監督の学生さんが、
「(コメディ)なんで、あそこが面白かったのに
 編集で切ったんですか!」

と、発言、
監督と助監督Q&Aって初めて見たので新鮮だった。
新鮮なんて失礼だな。
だって、今、勉強中だもんね。当たり前だ。
監督の説明で助監督学生さんは納得した。
でも、凄く面白かった。

脚本家と監督Q&Aも。
自発的に質問出来る空気も新鮮に感じた。
自分が書いたんだから疑問を感じたら
納得するまで聞く。これも当たり前だ。

そういう空気を、
山川直人監督長崎俊一監督が笑いも含め、
話しやすくさせる様な雰囲気を作り出していて
聞いてても気持ちよかった。
オレも少し、いや…だいぶ話し過ぎたけど。ハッハハ!

終了し、喫煙ルームに何故か、スタッフ、学生さんが
自然と集まり、また、話が盛り上がった。

オレは、
「いや〜〜、コメディとサスペンスだと顔が
 まったく違ってビックリしたー 上手いね芝居、オレ」

皆、爆笑。

助監督さん(学生さん)も、
「僕が提案した、汗よかったですよね!
 夕方の設定も良かったですよね!!」

監督、他の人も笑顔で頷き、笑い。
「あれだよね。映ってなかったけど台所に食べた後の
 お皿とか、食べかすとかあってビックリした」

「そうなんですよーー映ってなかった!」
「でも、映ってなくても役者は、そういう細かい心遣いに
 嬉しくなるもんだよ!」

それからも、
モクモクした喫煙ルームで楽しい時間を過ごした。

プロの方、沢山の学生の方も含めた
2日間の『チーム』だったけど、

サスペンスの時は、
役者側の緊迫した空気を読み取ってくれ。

コメディの時は、
ふわりとした空気を作ってくれ。

とても2日間だけとは思えない、
『絆』みたいなものが、あの場所(現場)にあった。と、
後になり、嬉しく、ありがたく思った。

上映が始まる前、スクリーンに映し出されていた、
メイキング写真の皆の顔を思い浮かべ、今、ちっと涙。

東京工芸大学の学生の皆様、ありがとうございました。

明日に向かって頑張ろうぜ!

ありがとう!!

20140301_2

水島かおり

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »