フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

走り出す

数年前、ある脚本を書いた。
オリジナルだ。

その作品は、

『どんな事があっても1週間で書く!』

と、自分で決めた。
オリジナルなんだけど、何もない所から作ったわけじゃない。

数年、いつも、いつも、その物語が頭の中を泳いでいた。
なにもない所からなんて書けない。
頭の中でその、物語のパズル(シーン)が繋がった。よし!

行く!

一週間で書いた。でも、完全じゃない。でも、書いた。
頭で繋がったパズルは書き出すと、その通りにはいかない。
その後、数えきれないくらい26稿くらい書いた。

それから、少し寝かせた。
その間、原作ものの脚本をやったり、役者をしたり、
数年たち、読んだら…
その数年の間に、他の脚本の仕事で揉まれた事もあり、

(良い所と悪い所が目に入った。が…だ 
 もう一度、手を入れようか、でも、あれだけ書いた。
 今のまま、誰かに読んでもらいたい。
だったらと小説にもした。
 挿絵も自分で描いて。

 でも、脚本に戻した。ちくしょう!やりたいんだ。)

今までは原作ものばかりだったけど、
自分の物を作りたい。
今の時代は、オリジナルで映画を作る事は
とても難しい。
だからだろうか、『やる!』とスイッチが突然、ふたたび入り、
走り出した。

あと、どうしてもという、ある思いがあった。

『ある人の存在』

その方も『書く』仕事をしている。
『書く』でも、私とは違う分野の方。
その方と一緒に仕事がしたくて、でも、とても忙しい人だ。
悩んだけど、スイッチが入った気持ちは止まらず、電話をかけた。

私は、本当に図々しい人間だと思った。
でも、この物語を、その方とどうしてもやりたい。書きたい。
その気持ちは自分でも止められなかった。

久しぶりに電話の向こうから聞こえてきた声が懐かしかったが、
私の声は興奮というか少し震えていて、反対に、その方に癒された。
それから、上記の事をガーッと話した。

『とにかく、その脚本を送って。でも、ガチで行くよ』

嬉しかった。

つい昨日、返信があった。
細かいところまで、感想、疑問などなどが書いてあった。
本当にガチで書いてきてくれた。
指摘された所は、私が思っていた所と同じで…

連絡をした。

そこからが、今度はもっと、もっとガチで、
いろいろ話してくれ、質問も半端じゃなかった。
私は、答えられくなることが何度もあった。
何十年もオリジナルだけを書いてきたその人の言葉は、
凄く大きく、私に分かる様に話してくれるので余計に
どんどん心が揺さぶられて…

「とにかく、何が何でも一緒にやりたい!」

と、言った。
そして、桜のつぼみが膨らみ始めた頃、会うことになった。
というより、時間を調整してくれた。
その方と、私と監督と、

直した、『その物語の脚本をもって』。

それからが、本当の始まりだ。

その方がガチで言ってくれた事はとても、
大切な事で、とても難しい…
でも、何かを自分で作る事は何であれ難しいんだ。

『出来る。書ける。書くんだよ。』

電話を切った後、放心状態だった… でも、
1時間くらい時間が経って突然、泣き出してしまった。

理由は、オリジナルを作り上げる、いろんな、いろんな事を、
その方が、私に真剣に伝えてくれ… 育てようとしている感じが
話しをしていて感じて、思い出して…

なんだか、話しがごちゃごちゃしちまった。

今、明日から2日間の
ディレクターズ・ディレクション・ライブ2014
(監督の演出法公開講座)
があるので、気分切り替え!
大好きなロックバンドのライブビデを見て
大声で一緒に唄っている。

20140131

2014年1月30日 (木)

声の仕事

昨日、ナレーションの仕事でした。
声の仕事も好きだ。
ほんの少しの微妙な気持ちが声に現れる。
ほんの少しの加減でいろいろ変わる。

『お弁当メール』ナレーションは途中で
胸が熱くなって声が少し詰まってしまった。
でも、そのまま使われた。
あれは出演もしてたから、
いろいろ思い出しちゃったんだな〜

昨日は声だけ。
とても楽しかった。

『ほんでは〜〜!お疲れさまでした!!』

と、外に出たらお腹がすいた。
家に連絡したら家人がいたので呼び出して、
仕事で遅くなった時にいつも行く、
『せきぐち亭』ご飯!!
なんだか、家でご飯食べているように
店員さんにも、
「お前、親と話してるんじゃないんだよ」
と、家人に注意されるぐらい、ついつい…居心地が
良くてそうなっちゃう。

店長さんいつもありがとうです!!
20140130

今度は役者の仕事です。

家に帰ると、2月1,2日にやる、
(出るよ〜。やるよ〜。1/23のブログ)

ディレクターズ・ディレクション・ライブ2014
(監督の演出法公開講座)

の、脚本2本が届いていた。

ぎょーーー!!
…公開講座だから、少しは話してもいいか。

役者は、諏訪太郎さんとオレこと水島かおり
だけなんだけど、
短い話だと聞いていたが、内容が…

1本は…『月、暗闇』だな。
もう1本は、『太陽、ぶはぁー』だ。

切り替えが…集中力だね。
とにかく2日間、頑張らずに頑張ろう。

あ…これは別の仕事だけど、
来月は夏のシーンの撮影があるんだ。
風邪引くな…いや!ひくもんか!!
(いい時が来たらお知らせしますね)

朝、起きたら嬉しいメールが来ていて、
とてもホットな気持ちになった。

20140130_2

2014年1月28日 (火)

貯金箱

毎日、毎日、
朝、布団から起き、カーテンを開ける。
歯を磨き、顔を洗い、そして一息つき水をゴクゴク飲む。

朝ご飯を作り食べ。
仕事をして…早く起きた時は昼前に昼寝。

お昼を作り?食べたくない時は何か飲んだり…
ボーッとしたり、
本を読んだり、
空想をしたり、
知り合いに手紙、メールを書いたり、
又、仕事をしたり、その間に家人と話したり、

そして、あっという間に夜になる。

夜ご飯を作り食べる。
家人はテレビをガチャガチャ変える派。
私は、変えない派だけど、「まぁいいや」と。
でも、私が見たい番組を、家人は
ちゃんと分かっているらしく、それは変えない。

お風呂はためたり、ためなかったり、適当。日々違う。
あ、毎日の過ごし方も毎日違うか。
まぁ、そんな生活をしている。

同じ様な毎日だけど、
同じ日は一度もなくて、
そんな同じ様な毎日の合間、合間に…

窓を開けた時の風の匂いの違いに胸が温かくなったり、
ソファーで昼寝をして起きたとき毛布がかかっていたり、
夕焼けが毎日違う事に凄いな…と思ったり、
人参を切りながら、何だか意味なく切なくなったり、
お皿を出す時、思わず大きい音を自分で出しながら
父と母が夫婦喧嘩してた事を思い出したり、

一日の中にも、過去や今や未来の、薄い様な濃い様な
一瞬の感情や風景がある。

そう、毎日が貯金箱みたいだ。

20140128

2014年1月23日 (木)

出るよ〜。やるよ〜。

M950306140116

Kuzekouji428
諏訪太朗さん

W932828140116

Imgceb5042ezik8zj_2
オレこと水島かおり

とで、やりま〜〜す。

このような形は初めてなのでドキドキです。
どうなるんだろう? 緊張ーー!!
みんなの前で怒られたりすんのかな?
まぁ、やってみよう!!
いつもの撮影現場と同じ様に!!

(詳しい事は下記をお読み下さい)

20140228_6

東京工芸大学 (芸術学部・映像学科)より

ディレクターズ・ディレクション・ライブ2014 
(監督の演出法公開講座)

映像業界で活躍中の監督に、東京工芸大学の撮影スタジオで
1 シーンを作り上げていただき、
その過程を受講者に公開します。

受講者は、リハーサル、撮影、編集、
上映の各行程での監督の指示、
ねらいの説明、キャストや スタッフとの話し合い等々、
彼らの表情や音声はもちろん、
今どのような画面を撮っているのかも知ることができます。 


演出法は監督によって様々です。

それは監督固有の手法であるとも言えますが、
共通するもの、基本的に守らなければ
人に理解してもらえない手法というものも あります。
これを見極めるために、
例年のシリーズとして開催しており、
今回で3年目の開催となります。

今回は長崎俊一監督をお招きしました。

撮影するシーンのシナリオは、
3分程度のものを学生から公募し、
監督に2本を選んでいただきました。

講師紹介
長崎俊一監督
日本大学藝術学部映画学科在学中に
「ユキがロックを棄てた夏」を制作し、
第2回ぴあ展自主制作映画展で入賞する。

1982年、『九月の冗談クラブバンド』 で劇場用映画デビュー。
1986年、ロバート・レッドフォード主宰の
              サンダンス・インスティテュートに日本人として 
              初めて招かれ研修を受ける。
代表作に 『ロックよ、静かに流れよ』(1988)、
『誘惑者』(1989)、『ドッグス』(1997)、『死国』(1999)、
『8月のクリスマス』 (2005)、
『闇打つ心臓 Heart, beating in the dark』(2005)、
『黒帯 KURO-OBI』(2006)、
『西の魔女が死んだ(2008)』、
『少女たちの羅針盤』(2011)など。

会場
東京工芸大学中野キャンパス



________________________
日程内容会場
________________________
2月1日(土)
 13:00~17:30(途中休憩あり)
  リハーサル
 1号館B2F映像学科撮影スタジオ

________________________

2月2日(日) 10:00~17:00(途中休憩あり)
   撮影
  1号館B2F映像学科撮影スタジオ

_______________________

3月1日(土) 13:00~14:30
  上映/Q&A
  芸術情報館メインホール

_______________________

•    どなたでもご参加いただけます。
    予約不要ですので、当日会場にお越しください。

•    席に限りがあります。満席の場合は
     入場をお断りする場合があります。

•    駐車場はありません。
     公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ先
  03-3372-1321
(東京工芸大学 中野キャンパス代表)

最寄り駅からのご案内
    •    地下鉄/
        東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線-中野坂上駅下車 徒歩約7分
    •    1番出口より山手通りを初台・大橋方向に進み、成願寺を右折

所在地:〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5
 Xqgrwwal6v

監督から、
「リハーサル、撮影も、いつも通り同じ様にやりますから」

と、淡々と言われました。
カットも割るんだ…
いつもいろいろ言い合いながらの衣装合わせとかも。

本当にいつもの、
始めの衣装合わせ、ああだこうだのリハーサル、撮影。
同じにやるんだ…みんなの前で…

カメラマン『西の魔女が死んだ』他、でも組んだ、
渡部眞さん。

ぎょーーー!!! ど、どうしよう…

…ホントにどんな現場でも緊張すんだよ……でも、

Img_7474

お、おーー!!……

2014年1月20日 (月)

蕎麦と太巻き

寒い中、温かい家でキュッと冷たい水でしめた
蕎麦って、なんて美味しいんだろう!

今日は乾麺茶蕎麦!!
我が家風太巻き!!
くるま麩と小松菜のホカホカ煮浸し!!
ほうじ茶!!
合うでよ〜〜

あ、今日は作らなかったけど、こんな太巻きも美味い!

サニーレタスはまんま。しっかり水切り。
牛コマを醤油で炒めて、最後に胡麻油をほんの少し!
炒めた牛コマの油はしっかり?お好み?に取りましょう。
で、海苔、ご飯、サニーレタス沢山、牛コマ盛って太巻きに。
美味しいよ。
お弁当にも。

子供用なら少しマヨネーズをサーッとね。
喜ぶよん♪

あらら……結構、なんだかんだ言いながら
調子良く?楽しく生きてるな~~♪♪

今日はパックでもしよーー♥

20140120

バイ♪

2014年1月19日 (日)

昨日みたいに

冬は寒いのが当然で、その年、その年で
寒さの度合いも違うのが自然で、
まぁ〜〜昨日は、そんな自然相手によくもあれだけ

グチグチ、グチグチ、グチグチ、グチグチ

愚痴を吐き出したなぁ〜と我ながら感心した。

オレは素直だ勝手だ我が儘だ。自分大好き。

でも、そんなお陰で今、気分はスッキリ、
もうすぐ春だなぁ〜も咲いてないのに
とても爽やかな気分になった。
目を開けていても、桜…あんまり好きじゃないけど、
桜が気が狂う程咲いている風景が見える。

『心』の形も今日はカンロ飴のようにコロッとまんまるだろう。

昨日、愚痴を読んでくれた皆様、
ありがとう。
そうだ!今、受験シーズンなんだよね?
みんな頑張れ!!

だば。

『糞転がし』2匹いるよ。

20140119_2

2014年1月18日 (土)

冬は心が小さい

なんか今年凄く寒い…
今朝起きたとき、体がバキバキって鳴った。
外で働いている人は大変だろうなと思った。けど、
又寝た。

冬は好きなはずだったんだけど、
もしかしたら、本当は、
とても大っ嫌いだったのかもしれない。

少しでも動くのが嫌だ。
家人「おはよう」と言われても口を動かすのが
面倒くさくて、小さく頷く。

家人がテレビをつけて見ていると、
耳に聞こえて来るのが嫌で=耳を使うのが嫌で、家人
ずっーと、ずっーと睨んで、そんな殺気に気づいて
家人がテレビを消す。
結構、疲れる…

何か話しかけられても、いつもならベラベラ喋るけど、
頭と口を動かすのが嫌で、一応、小さく微笑んで
小さく頷いて…でも、微笑む様な内容じゃない時でも、
同じ様に、小さく微笑み、適当に頷いているので、
家人は気分を害したようで仕事部屋に去っていく…

そんな事は家人以外の人には出来ないけど、一応身内だし
『いいや』と忘れる。

ご飯はお腹が空くので作るけど、動かないので…
そうそう、ほとんど動かない。だから、食べる量が
少ないので痩せる。
今、いい案配だ。良いこともある。
ほんとは良くないのかもしれないけど、いいんだよ。

…もしかしたら、オレは冬眠型の動物なのかもしれない。
熊か?熊は嫌だな〜もちょっと小動物の可愛いのがいいなぁ。
……そんなのどっちでもいいや。

こんな寒さじゃ、とても前向きになれない。

「ああー!寒い時のお風呂って最高!!
 夏じゃこんなふうに感じないわよね〜〜ん」

「冬はみんなで楽しく鍋よね!!ねえ!最近
 いい事あったー!?ワイワイ!!」

「こう温かい格好して、夜空の星を見るって
 なかなかオツよね♪」

無理だな。
お風呂は入るけど、服脱ぐときヤダ。
楽しく鍋も、ソコに行くまでヤダ。
人とワイワイ話すなんて面倒でヤダ。
オツな星空もヤダ。ヤダ。ヤダ。ヤダ。ヤダ。

だから友達が少ないんだろうな…

夏になったらなったらで、又、真逆の事が…
まぁ、夏の事なんてまだいいや。

ああー冬って心が小さい。
もともと、とっても小さいのに今は見えないくらい
小さい。
…でも、心って目に見えないもんな。
いや、人に接すれば、見えるけど、
『心』だけっていうのは、
こんぺいとうみたいな形してんのかな〜〜

すげぇーくだらない。もうやめよう。

だいぶ前にテレビで見た、『糞転がし』よく見ると2匹いるよ。
……頑張ってるな…頑張る…今のオレにはまったくない。

20140118

バイバーイ。

2014年1月13日 (月)

仁義なき戦い

一昨日、ちょいと違う分野で燃え尽きた。
まだ、1月なのに…今年も熱い1年になりそうだ。

んで!!
これだよ!これ!

20140113

なんで『仁義なき戦い』を観だすと止まらないのだろう!

「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」
「オー!」

この「オー!」はわかる人だけでいい。
また、倒れそうだ!!熱くよー!!

「オー!」

昨年のクリスマスからだいぶ経った、ある日、
家人から『図書券』のプレゼントをもらったので買った、
沢山ある中の数冊。

「オー!」
20140113_2

「オー!」
20140113_3

「オー!」
20140113_4


図書券とても嬉しい。
粋な奴だと家人を惚れ直した。


み♪

2014年1月 8日 (水)

近いのに遠い

鳥の鳴き声も聞こえない様な寒い朝
すぐ横で眠っている いつもの寝顔
いつもと同じ何も変わらないのに
こんなに側にいるのに
頬をさわろうとすれば、すぐにさわれるのに
そんなことも出来ないくらい、遠くにいるように感じた。

窓の外は、気持ちを先読みされてる様な
重たそうな曇が広がっている

「ああ、もう違う人がいるんだな」

突然そう感じた。

そんな事を思いながら窓外を見ていたら
起きる気配を感じて瞼を閉じた
そっとベッドを降りて服を着る気配を
耳で聞いていた

(4年か…)

いろいろ思い出すものだな…
二人で聞いたいろんな曲と同時に
二人で過ごした…別に特別な事でもない
ふだんの表情や会話が浮かんで来る

ガチャ

ポケットから車の鍵が落ちたとき
目を開けた

「夜、電話するね」
「うん」

頬に軽く触れられた手が、まだ温かかった。

「じゃ」

一人になり、布団を頭までかぶり寝た。
起きたら空は晴れていて…
さっき感じた遠い距離感だけが
肌に、気持ちに残っていて
部屋にもそんな空気が、より広がっていた。

その夜、電話はあった。
いつもと同じ様に話したり笑ったりして切った。

でも、もう会うことはなかった。

数ヶ月、夜になると何度も電話に目がいったけど
かけたとしても、あの遠い距離感を埋める事は
出来ないだろう…と思い、そのまま時間が経っていった。

どちらかが何も言い出さなくても
こんなサヨナラの形もあるんだな…

と、感じた遠い話。

2014年1月 5日 (日)

笑った正月

ひゃ〜〜今年の正月は笑いに笑った、テレビでね。
そんな正月だった。

年賀状は、いつも手書き(イラストも)。
いろいろ考えたけど、

『午』=『うま』

の絵で悩んでいたら正月が来て、年賀状が来て…
そして、開き直り、

『寒中見舞い』にしようと思った。

そしたら、もう、テレビテレビ!
番組欄に毎日見たい番組を赤いペンで囲み、
で、
笑いに笑った正月だった。

なにかを諦める=気持ちを変換する事が、
こんなにも心を解放し、涙しながら、汗かきながら
笑い、そして……昨夜、家人に水をかけられ風邪をひいたが、
とても、楽しい、広い公園に紐なしで放たれた犬の様に
とても楽しい、お正月だった。

何かを捨てるって大切ね。

出川さ〜ん!待ってたよー!!
(世界の果てイッテQ)より

え?
20140105

永ちゃんに見えるわよーー!!
20140105_2
わっははは!
20140105_3
わっはははは!
20140105_4

わっははははは!
20140105_5

わっはははははは!
20140105_6

わっははははははは!!
20140105_7

わっははははははははーー!!
20140105_9


ありがとーー!!

ばい♪

怒りで夫を襲う

オレは昨年の終わり頃から、今後の事をいろいろ考えていた。
とても冷静に。

家人も昨年の終わり頃から、仕事部屋で去年夏に撮った、
ほぼ素人の人達の妙な、久しぶりの、妙な映画
編集をしていた。

脚本を読んだ時から、編集は大変になるだろうなぁ。
と、感じていたが…
昨年の暮れから、家人の嫌な癖が始まる。
徘徊。徘徊と言ってもボケてはいない。
家人は考え始めると、それは編集じゃなくても
家の中をノソノソ歩き回る。

オレは耐えた。

んが、
昨夜深夜、家人の日常用のPCが壊れた。

編集用のじゃないけど、家人の焦りは相当なもんだろう。
書き溜めていたものもあるし…

その焦り、それは、わかる。

でも、オレも自分でいろんな事を考え続けていて、
新しいプロジェクトも始めたばかりだし、つまり、

切れた。

「PCなんて所詮!消耗品なんだよ!!
 それに考えろよ!普通の人のPCより酷使してんだ!
 
壊れて普通だろうが==!!
「……アップルストアーに持って行くよ…」
「10年も使ってんだ!治してもそれなりの金がかかる!
 休ましてやれよ!!新しいの買え!!バカヤロー!!
 治るよたぶん。
でも、ビクビクして使う事になるぜ!!!

「…………」

少し、時間が経ち…
編集ももうすぐ終わるという時に…
家人の気持ち… もう少し考えてやればよかったなと。

そして…無言で寝た。爆睡していた。

「ギャーーーー!!!」

叫んだ。
顔に水が、水が…その先に見えたのは家人の楽しそうな顔。
…ペットボトルを持っている家人が、真上で笑っている。

「次から次から言葉出て来るお前が羨ましいよ」

家人が言った。

オレは、頭が狂ったのか、家人を殴らなかった。
その代わりムラムラしてきて家人を襲った……
家人の服を脱がしていった。

「ちくしょう!お前は何枚服を来てるんだ!!」
「冬だからだ!や、やめろ!」
「くそ!!(襲う)」
「や、やめてくれーー!!疲れているんだーー!!」
「疲れている!?ざけんじゃねー!愛はないのかーー!!
「本当なんだーー本当に疲れてるんだー!!
 
嫌だーーぁああ!!

「嫌だ」という言葉に家人の服を脱がす手が止まった。

二人、妙な格好で座って、いろいろはなした正月。

今日、家人は早く起きたらしく買い物に行き、
オレの好きなワインを買って来てくれた。

そして、『ローカルバス路線の旅』
ワインを飲みながら見た。

「この、駅舎の人達とのふれあいに涙するね」
「そう?」
「そうだよ。今日もたどり着けなかったね」
「DVD出るって」
「へぇ〜〜凄いね」
「明日も、『パチンコ』で盛り上がった再放送あるみたい」
「見よう〜〜」

夫婦は夫婦である。
男に「嫌だー!!」って言われたのは初めてだったけど…

あ!
 家人『Facebook』を始めた… いいなぁ〜〜と、
思いつつ、オレにはできねぇーなぁ。と思った。

あ! 

映画の題名『唇はどこ?』といって、Facebook
立ち上がっています。

長崎が、オーディションして決めた、役者さん達なんだけど、
人間って滑稽だなぁ、人間ってよく分からないな…
という感じがプンプンして、

これ、どうなるんだろう…

これ?映画なの?

でも、脚本通りに撮っているし…でも、そう見えない…
役者さんが…変わっていく様が…上手いわけじゃないんだけど、

リアル。本当にリアルで目をそらしたくなったり…
思わず泣いちゃったり…

見ちゃう。

映画って、いろんな形があるんだな。と、
久々に思いました。驚いた。

まだ出来上がってないんだけどね。

カメラマンは『西の魔女が死んだ』でもコンビを組んだ、
渡部眞さんです。

まぁ、取りあえず『唇はどこ? Facebook』を見て下さい。
制作をやった社会人1年生の永幡勇気青年が何かある度にアップしてます。

2_2

かしこ

2014年1月 1日 (水)

賀正

明けまして おめでとうございます。
今年も よろしくお願い致しまする。ポン!


Photo

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »