フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 大きな勘違い! | トップページ | 初めての恋 »

2011年5月20日 (金)

退学届け無断で出し殴られる

高校生のとき、アイドルをしていた。
3人組で。

他の2人は、
大学生と、何もしてない人(この人、現在古田新太の女房)。

オレだけ高校生だった。
女優のはずが、いつの間にやらアイドル。

学校の先生は、良い先生だった。
ちょっとでも学校に顔を出せば出席にしてくれ応援してくれた。

でも、そういう優しさは、結構つらい。
皆の目もある。

まぁ、ようは、面倒くさくなった。
「楽な方へ人間」なので。
学業と芸能界の両立なんてできねぇ。
と、勝手に結論を出した。

親に言ったところで、理解なんてしてくれる訳ないし
説得するのも面倒だ。

んで、オレは勝手に先生に、
「家が貧乏で(本当に貧乏だった)これ以上学費を出せない。
 両親と兄が昼も夜も
(これは嘘)働いているんです。
 私も、本腰を入れて、働こうと思います」

と言い、泣きながら、
こんな大事な時でも親が来れないと訴えた。

嘘つきまくりで正式な退学届を手に入れたのだ。

そして、家で勝手に判子を押し、
字の感じを変えサインをし、学校に提出した。

そして、またまた泣きながら(もちろん嘘泣き)

「本当は親と一緒に来たかったのですが…今まで
 あ、ありがとうございました…」

先生も涙ぐみ、「頑張れ」 と言った時は
さすが、オレも人の子、心が痛んだ。

だって、
「両方なんて面倒なんだよ。勉強嫌いだし

なんて、言えないもんな〜。
で、軽やかな気持ちで家に帰った。
その後オレが何日も学校に行かず家にいるので
親が心配し始めた。

「ああ〜〜風邪で学級閉鎖だよ〜〜ん」

でも、そんな嘘はすぐばれるんだよね。予想はしていたが…

ある日、仕事じゃなくて、遊んで夜遅く帰ったら、
両親に呼びつけられた。

心の中で、(ああ、ばれたか…)

先生から連絡が来たそうだ。
万事休す。
やった事を両親に説明した。


父親に、パーじゃなくグーで殴られた。

「なにすんだよ!クソオヤジ!!
娘の顔殴るバカ親何処にいるーっ!」

と、怒鳴ったら、

今度は母親に平手打ちされた。

「あ〜〜あああ。もう、辞めちゃったんだからしかたないよ。
 それに、オレは行かないよ。両立なんて面倒くさいもん」

その後は、ご想像にお任せします。

Img_3135jpg

先生は、戻って来いと言ってくれたそうだ。

結局、オレは戻らなかった。
先生の優しさは嬉しいけど…つらいと感じた事も本当だ。
なんで、オレは変な事に頑固なのか…
自分でも分からん。


叉、学校へ行った。今度は母親と。
きちんと退学届をだし、
高校中退となった。

その帰り、母が「ご飯でも食べようか」と言った。

二人で渋谷の東急プラザのイタリアンレストランに行った。
母はビールを頼んだ。

「なんで、あんたが私の子供なんなろう…」
「仕方ないよ。オヤジと勝手に愛し合っちゃって
  出来ちゃったんだから。
  生まれる前の事なんてオレの責任じゃない」

「……」
「なに?」
「なんでもない…」
「まぁ、生まれた子供には罪はないね。後悔するなら、
その後の教育がまずかった…」

「だまりなーーっ!!」

と、母は大きな声で叫んだ。

真実は、言っちゃいけない事も、
このとき学習した。

324_7

でも、2年間の女子高生活はバラ色だった。
生理用ナプキンでも、男子に隠さず
ハンカチみたいに堂々ともらって
トイレに行けたし、その他にもいろいろ。

847

でも、今でも時たま、同窓会には参加している。
最近ご無沙汰だけど。
先生の頭の毛、もうないだろうな…。

なぜ、こんな事を書いたかというと、

『少女たちの羅針盤』
公式サイトで

『高校時代の思い出のエピソード』

T1

という、コーナーが出来たから。
そこに投稿すると、
オリジナルノート&ブックカバー
そして、VS嵐で来ていたTシャツをくれるらしい。

Tシャツが欲しくて、偽名を使い、
書こうと思ったのだが、一応スタッフだしなぁ〜と。
ちょい立場を考え、ここに書く事にした。

皆さん、ほんのちょっとした事でも書いて投稿してみて!
良い話なんかじゃなくていいと思う。

だいたい、
良い話なんてつまんないじゃん。

ケンカした話や、このヤロー今でも忘れんぜ!
とか、
そんな話のが知りたい。
まぁ、美談もいいけどさ。

あと、
今になって、あの時の友達の気遣いが分かった。
とか、とか。

軽い気持ちで、メールの感覚でお気楽に
書いておくんなまし。

ああ〜〜。
でも、良い先生だったな〜〜。

オレはホント……いくら冷静に考えても
その頃と、変わってねーな。

やっぱ、Tシャツ欲しいから載せるかな?

Img_3589

« 大きな勘違い! | トップページ | 初めての恋 »