フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

エビ蔵ー!

数日前、家人が長いロケから帰って来た。

玄関を開け、お互いに驚く。

家人の顔は本当に我が家のテーブル色だった。
家人はオレの髪形を見て、立ちすくんでいる。

オレは、とても初歩的なミスをした。
ナタリー・ポートマンになろうとした…

Photo

でも、元が違う。
ナタリー・ポートマンにはなれなかった。

『火垂るの墓』の節子になった。
節子は、とても幼く愛らしい。可愛い…
オレはオバサンだ…だから、

Photo_3

節子になったというのも嘘だ!

自分の歳を自覚していなかった…
相変わらず、何を考えていたんだろう…

結果、
ナタリー・ポートマンにも節子にもなれず、

立派な、
妙な、変な、

近くに寄りたくないオバサンになった。

女優さまの依頼が来ても当分断るしかないだろう。

『変なオバサン』
の役だったら出来るかも知れないけど…

夏は苦手だ…何かを狂わす…頭の中がスイカの様だ。
でも、スイカは美味かった。

Photo_4

家人のこんがり焼けた腕を見ながら、
ホットドックが食べたくなった。

Photo_5

テレビでは、海老蔵の結婚式。
綺麗な嫁さんだ。

オレはエビが好きだ。
特にエビフライがとても大好きだ。
食べたくなった。


Photo_6

…現在、オレは家人に『桃太郎』と言われている。
返す言葉が何もなく、
毎日大変悔しい日々を送っている。

頑張って、夏を乗り越えよう!!

1

2010年7月26日 (月)

西の魔女が死んだ

お知らせです。

家人こと、長崎俊一監督。

Ji065

水島かおりこと、矢沢由美。(脚本)

_2


『8月のクリスマス』
主演・山崎まさよし、関めぐみさん

以来、叉、ダックを組みました、

『西の魔女が死んだ』

原作・梨木香歩
主演・サチ・パーカー、高橋真悠さん

オフィシャルサイト ttp://nishimajo.com/top.html

8月9日に?たぶん。民放でお初登場です。
しかし、テレビなので7分間分カットしております。
でも、皆さま、是非見て下さいませ!

Photo

そして、家人は先月の下旬から、
広島県福山市で映画を撮っていました。

その作品は、

『少女たちの羅針盤』
(オレ、『青春パート編部分の脚本担当』)

原作・水生大海
主演・成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有さん

公式サイト ttp://rashinban-movie.com/

広島県福山市の方々は、とても、協力的で、
優しい街だったと家人は言っております。
オレが言うのもなんですが、ありがとうございました。

…しかし、家人の…顔が…
我が家のダイニングテーブルと同じ色だ。
と、電話でささやいていたので会うのが少々…
いや、とても恐い…

……テーブルと同じ色か…嫌だな…
それじゃなくても暑いのに、余計、暑苦しくなりそう…

でも、大変だったんだ…。
少しの間は優しくしてやろう。

広島県福山市の街の方々!
スタッフの方々!
役者の方々!

お疲れさまでしたーー!!

Photo_3

2010年7月24日 (土)

嘘はいけないねぇ〜

ドンパチ!ドンパチ!花火の音は凄いなぁ〜
音で聞いてるだけだけど。

……あれ?終ったか。

にしても、暑いね〜洗濯物があっという間に乾く。

この前、打ち上げ花火の様にあれだけ爆発したから?

なんか、憑きものがとれた。
頭の中、空っぽ。
どうでもいいよ〜〜って感じ。

Photo


鏡で自分の顔を見ると、魔法の3種類の化粧水のせいか?
シワが消えてんだ。
口の脇の、何とか線?ってやつも。
びっくりだ。

髪は先月だっけ?もう忘れたけど、
発狂して切って…

なんっーか…若くなってる。
嬉しい事だけど… それなりのいい歳だし…

『若くなる=バカに戻ってる』
※バカにはっていうのは、オレの事だけよ※

気がする。

それに、嘘はいけないね。
歳を聞かれて、いつも適当に答えてたから、
この前、「今、何歳ですか?」歳を聞かれて
「23歳…あれ?35歳…ん?43か4歳か?」

正確には46歳だった。

嘘だらけで生きてるから、
どこまでか分からないけど。

これからは、なるたけ嘘をつくのはやめよう!

ああ〜ホント暑いわ〜。
今日は冷やし中華ね。

 

ビール、ガン!ガン!飲んでるよ〜
夏のビールはいいね〜♪♪

Photo_3


みんな元気!?

Photo_4

2010年7月18日 (日)

生放送を逃げ出して。

これは、『女優日記』に書いてある。
アイドル列伝の時代の話だ。

2_2

本には、もちろんなっていない。
出来るわけない。

『女優日記』には、

『アイドル列伝』
『時代劇列伝』
『事務所クビ列伝』
『マネージャー列伝』

30年、役者をやっているといろいろあった。
今も女優さまのつもりなんだが、
脚本を数本書くと、噂が立つ。

「水島かおりは、女優はやめたらしい」

アホな会話だ。当然無視。
くだらんっていうより笑った。

もとい!
これは、長年、書きためてきた物である。
様々な、ジャンルがあるのだが、多忙につき、
イラストが間に合わない。

今日…たこ焼きを食べ…思い出したので唐突に
イラストは、手を抜き、PC(本当は嫌だけど)で書く。

もともと、役者を1人でやっていたが、
世の中何が起こるかわからん。
突然、アイドルになった。
この、オレが!!わおぉ〜〜♪

17歳の時、初めての、歌が出来た。
昔はレコードという。

家族で聞いた。

母「ださい…」
父「いい曲じゃないか」
母「どこが?」
兄「…いろいろあるよ」

レコーディング中も、
顔は鬼のような顔で唄った。

笑顔で唄えない苦しさを
初めて体験した。

ディレクターはとても良い人。しかし…

「もっと、楽しく唄おうよ!!」

(…ざけんなぁ…)心の声です。

気にくわない。恥ずかしい。大人の神経を疑った。


題名は、
『やったね MARIKO!』

三人のユニットを組んでいた時代。
オレらの名前は、カオリ、メグミ、ヤヨイ。

どこに、
『MARIKO!』がいるんだ〜よ!!

この、レコードのジャケットを見ても、
オレの顔は、おののきの余り笑えなかった…
引きつってる…顔が。

1130b

振り付けの先生は、超、有名な人。
でも、三人は仲が、とても悪い時、良い時…
悪い時のが多い…

オレは、レッスン、リハーサルが大嫌い。
先生が言った。
10分でクビになった。

「やりたくもない人間に
    教えたくない。帰れ!!」

その、張本人はオレで、皆に罵られたけど、
そそくさと家に帰った。

デビュー当時は、小さな事務所だった。

ある時、生放送番組が決まった。

他の二人は喜んだ…

オレは…オレは…
そして僕は途方に暮れる。

近所を歩けない…

帰り道、頭の中でリフレイン♪

「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」

大人が判らないぜ…足元の石ころを転がす…

若い分、我慢は、その反対へ突っ走って行った…。

事件は起きた。

「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」

なんて、人前で、しかも!
テレビの前で歌えねぇー!!

その、生放送の日、
マネージャーと他の二人との待ち合わせ場所で、
オレは走り出してしまった。

東京駅を必死に逃げ走る!

マネージャーが
必死に追いかけてくる!


オレ、1人だけ大阪で
ラジオ番組を持っていたので
新幹線の回数券でホームに逃げ込む!

大阪行きの新幹線に乗った。
マネージャーが追いついたのは、ドアが閉まった後。

マネージャーはドアを開けようとして、
係員に怒られている…その姿を目にしながら…
景色は変って行く… ごめんね…でも…

「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」

だけは、人前で唄えない…と思った。

Photo

大阪に行けども、行く場所はない。

たこ焼きを食って帰って来た。

Photo_2

家にもどると…

会社の怒りは言うまでもない。
親も会社の方に頭を下げっ放しだ。

オレは… う〜ん。反省したくなかった。

「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」
「やったね〜♪ やったねMARIKO〜♪♪」

言った。

「人前で、
   恥ずかしい歌は唄いたくない。
   で、マリコって誰?」

もちろん、叉、父親にぶん殴られた。
でも、

「恥ずかしい唄は唄いたくなーい!」

と、叫び続けた。

これは、ほんのプロローグだ。
別に脚色しているわけでもない。

今思えば、若さは凄いと思う。
今も、形は違うが…似たようなもんか…。

『女優日記』・アイドル列伝より

★ 本当に、周りの人達はいい人だった。

(これは、毎回、書こう。
 そうでないと、自分が余りにも人非人で。
 少しの安らぎ…と、感じて欲しい)

Pict0174

2010年7月17日 (土)

東京コロボックル

コロボックル派のオレとしては、

『借りぐらしのアリエッティ』

絶対!見に行こうと思ってる。

その前に!

コロボックルの傑作漫画!

高野文子という漫画家をご存知の方は、
とても、多いはず…しかし…中々…新作がでない。

『るきさん』が有名なのかな?一般では。

『ユリイカ』という雑誌で、

『AKIRA』の原作・監督:大友克洋と高野文子さんの 
  対談を読んで…

う〜ん。

もしかしたら、『黄色い本』が最後なのかな〜
と、心不安を覚えたもの確か。

高野文子

Takano2063_2

ある、単行本『棒がいっぽん』に入っている、

『東京コロボックル』!!

Ko1064

★テレビの裏に住んでいる!

★人と共存している!
(その描写が面白い!)

★説教がない!

★社会問題もなんもない!

★ 東京コロボックルは、仕事にも行く。
     働いている。人間と同じように!
 
★紙袋が、
オフィス!!部長も社員もいる!

★一緒に住んでいる人間に、問題が起こり、
    田舎に引っ越す!

★コロボックル夫婦も…考えた末に行く!

★ 今迄の家主、(アパート住まいの夫婦)と、
     同じように新しい土地で暮らす事は大変である。
    東京コロボックルも 田舎のコロボックルと、
    ご挨拶から、お付き合い!

本当の人間と、コロボックル世界が
なんの変りもなく、ただ、普通に描かれて行く。

感動とか、そんなもんはないけど、
人間もコロボックルも、ただ、生きているのだ!

普遍だ!!

お勧め!!

2010年7月15日 (木)

タコ

なんだか、Wカップでは、
ドイツのタコが活躍したんだってね…。

オレは、
しばし…糸の切れたタコになろう…。

Img_2409

2010年7月11日 (日)

連写…自分がわからない。

やる事がある時に限って、くだらない事をする。

写真を整理をしていた………………………………
…………………………………………………………。

「なに、考えていたんだろう…」

確か、随分前にブログに載せた写真だ…

「何か、唄っている… 自分が怖くなった」

と、思いつつ…叉、唄った。

今日は、エレファントカシマシの『デーデ』。

1

2_2

3_5

4_3

5_2

6_2

まぁ〜こんな事は、よくある事だ。

2010年7月10日 (土)

本性でた!

梅雨時は、髪の毛が鬱陶しく、
最近、ボリボリ頭をむさぼり掻いていた。

「ああー!たまらん!!」

美容院に連絡すると、1時間後なら時間がある。
というので、出かけた。

「ガッツン!と切って下さい!」

この世界、業界に入り、一度だけ役で、
ベリーショートにしたことがあったが、
その時以来、ずっとロングヘアーだった。

カットは、あっという間に終った。

「おおぉ…」

その顔は、とても懐かしい顔。

オレは物心ついた頃から、親、近所の人達に、
気が強くて、生意気で、乱暴者で、
鉄砲玉と言われ続けてきた、

その顔だった。

家に帰って来て、まじまじと鏡で自分の顔を見た。

「…気が強そう…我儘そう…メチャクチャそう…」

いろんな事を思い出す…。

兄貴、殴ってよく泣かせたなぁ〜
(ごめんな。兄貴)

オレの口が達者のせいで毎日、母親に、
往復ビンタされたなぁ〜

(ごめんね。母ちゃん)

「お前は女なんだぞっ!」って、
事あるごとに父親が嘆いていたなぁ〜

(ごめんよ。オヤジ)

しかし、笑った。
肩が軽くなった。

薄倖な役は…まぁ…来ないだろうなぁ。

でも、なんか楽しい。

これが、本当のオレだったんだよな。

この夏はこれだな。

っーか、もう、あのロングヘアーには
戻れない気がする。嘘っぽくて。

2

反応…牛乳吐き出す…

仕事中、気分転換で買い物に行くと、
買い忘れ。なんだこりゃ?と家に帰って来て後悔。

なので、仕事中は、食材がなくなるとネット。

★サミットストアー(安くて、品が良い)
★ 築地倶楽部(高い物あれば、安い物、珍しいもの)
(前の日の午前中、FAX or ネットで、
 申し込めば、翌日届く?うん。確か…)

ゆっくり選べる、この2つを利用している。

気分転換は、ぼんやり散歩だけ。

つい最近、冷蔵庫が空になったので、
今回は、『築地倶楽部』に頼む。

反応は怖い…

いつもは甘い物は苦手だが、
書いていると甘い物が食べたくなる。特にチョコ系。

チョコブラウニーと牛乳は、いつものお決まり。

んが、

だいぶ前、『告白』という映画を見た。

反応…は…怖い。

牛乳を飲んだ瞬間、吐き出してしまった。

それから…牛乳は飲めなくなった。

新聞も…

その劇場を後にし、歩きながら、

「怖いな…」

と、雑踏に紛れ、
溜め息のようにポツリと声に出た。

ポツリが本当になった?

それが、
その映画と関連しているのかは分からない。

でも、その、「怖いな…」は翌朝、

新聞の無機質な文字で、
現実に目に飛び込んできた。

『同級生を刺す』

『同級生に暴行』

『同級生が、憎かったから』

…2、3日、続いただろうか…確かではないが…
それから、新聞も三面記事は読まなくなった。
読みたくなくなった…。

映画を観て、お腹がすく事がある。
「あれ食べたい!」とか、「作ってみよう!」


その反対もあるんだね。

「いっだだきま〜す♪」

口に入れ飲もうとしたのに、突然、
吐き出してしまった…牛乳が服に飛び散った…

服に飛び散った牛乳の真っ白な液体と
あの、無機質な新聞の文字…が、グルグル回った。

もう、だいぶ前に観たのに…


怖いね。

体は、無意識に反応する。

なので、
チョコブラウニーのお伴は、人参ジュース。

オレは…クサイかも知れないけど、
なにか、1つでもいい。救いがあるもの。

それぞれの未来へ、微かな光でもいい、
それに繋がるもの…そういうのが好きだ。

今の所、
叉、いつか、チョコブラウニーのお伴は、
牛乳…飲めるようになりたいな。

Photo_2

2010年7月 8日 (木)

シンナー…

つっ!辛い!!
体調は復活バリバリになったが…シンナー…

今、ウチのマンションの内部を舗装??
今週の月曜から始っている。

ペンキだらけ…

その、匂いが==!!

吸った事はないが、シンナー!?

Photo

今日、宅急便の人が来た。

「凄い、匂いですね」
「これって、シンナーの匂い?」
「シンナーじゃないですけど。
 匂いはそうですね。凄いですね。大丈夫ですか?」

「いえ、全然… 夜中も匂うの…」

空気清浄機、窓を開け…意味ない…。

目が痛い。喉が痛い。頭がぶっ飛んでいるようだ。

よく、シンナーを吸っている若者達を、
ニュース番組で見た時は、
なんとも、実感がわかなかったけど、
シンナー!
これを、ビニール袋に入れて鼻に吸いこむ…

凄い根性だ…
今思うと…唖然…よく生きてるな…

やめよう!!体に悪いよ〜

ホント、心配になる。

うっ、うげぇ〜…
明るい事を考えよう…

★けっこう毛だらけ、ネコ灰だらけ。
★見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ。
★馬には乗ってみろ人には添ってみろってね。
★日光けっこう東照宮。
★驚き桃の木さんしょの木。
★ブリキに狸に蓄音機。
★あたりきしゃりきにストライキ。
★すき焼き大好き洗面 器、
 捨てる神ありゃ拾う神、月とスッポン。
★ちゃうちんじゃ釣りがねえ、買った買ったさあ買った。
★ 驚き桃の木山椒の気って感じ。
(映画・寅さんより)

Photo_2

寅さん!助けれくれ〜〜

何処かに、非難しようかと考えたが…

もう既に今、
次の脚本の仕事中…寅さんみたく自分の土地を離れられない。

資料は山のようにある。
DVD室から、引っ張り出したものもある。

こんな性格なので、
思いつきで…何し出すか分からない。
家を離れる事が出来ない。

女優さまの仕事は何処でも平気なんだけど。

書くのは…神経質なのか、
お気に入りの家じゃないと書けない。

仕事中は、平気けどーぶっはぁ〜〜!

気が抜けると、

ああ!シンナーー!!

鼻の穴、耳の穴に、
耳栓を詰めているが、
耳にも結構、来るのだ!

Photo_3

目はふさげないので、早寝する。
寝室の戸の隙間に、ガムテープを貼って。

…今、ブログを書いているのが不思議だ…

オレは…今、ぶっ飛んでないか…??

でも、思うよ。こんな熱さの中、
一番大変なのは、
ペンキ屋さん、舗装屋さんは偉いなぁ〜〜

でも、キツイね〜。

…オレは、今…

♪耳には〜耳栓〜〜♪♪
♪鼻には〜鼻栓ェ〜ン♪
♪アア〜アン♪ア〜ア・ア・ア〜ン♪♪
♪アア〜アン♪ア〜ア・ア・ア〜ン♪♪♪
(ジュリーより)

★追

鼻栓をしていると
ビールが飲みにくい。

2010年7月 4日 (日)

スレンダー?ガイコツ?

今日は、お家で静かに読書。
…静かは嘘です。

やっぱり、読んでしまった。

Photo

『安住さん』

久々に、腹の底から笑う。
筋肉ないから腹が痛い!

しかし、笑う事は元気になるね。

その後、さんまのからくりTV、
替え歌コーナー?前にも書いたけど、

YouTubeで、『全日』を観て、
安住さんと一緒に、叉、泣いたよ。
あれは、何度観ても泣くね。

「アルプスの少女ハイジ」の
クララが、立ち上った時と同じように。

笑ったり、泣いたりして、ああ疲れた〜。

今、ちょいと体調を崩している。
湿気と夏バテ… 子供の頃から本当に夏が苦手。

でも、今、とってもスレンダーな感じ。
ビキニも着れてよ〜♪

「ババァのビキニ姿なんか見たかぇー!」

……声が聞こえる… 

うるせぇー!(1人、突っ込み…ああ、寂しい…)

でも…

スレンダー??
って言うよりガイコツ?

ちょいと、やせ過ぎ…ズボンがズルズル…
ベルトの穴がたりねぇ…。

でも、なんだね。
あたしゃ〜幸せもンだよ。

今のオレに、ピッタシ!
優しいプレゼントが届いた!!

やっほ〜!

Photo_2

飲む 野菜ゼリー(人参)
トマトのゼリー
サヤエンドウのゼリー

ありがとうです!!

いつか、牛に食いつくぞぉー!

2010年7月 1日 (木)

松嶋菜々子さん

先月の、家人の誕生日に、
松嶋菜々子さんから、家人へお誕生日のプレゼント。

綺麗な、お花が我が家に届いた。
色合いが、なんともいえず素敵なのだ。

淡いグリーンと白い花の組み合わせの
微妙なコントラスト。

うっとり魅とれてしまう。

そうそう、家人が今の映画の作品に入る前、
松嶋菜々子さんと、一緒にお仕事をしたんです。

『犬とあなたの物語 いぬのえいが』

Photo_4

家人、長崎俊一監督作品は、
『松嶋菜々子さんと大森南朋さんが夫婦役を演じる。
 この映画のメイン作品です』

愛すべき犬との思い出や悲しい別れなど、
犬と人間の心温まる6つのエピソードを描く
オムニバス作品。

2005年公開の『いぬのえいが』続編。
来年、2011年 全国公開です。

話しは戻りますが、
松嶋菜々子さんからお花を頂いた時、
オレはとても興奮して、大声で、

「松嶋菜々子さんからだ!松嶋菜々子さんからだー!」
「うるさーいっ!!」

と、家人にゲンコされた。
でも、家人も人間なんだなぁ。顔を赤らめていた。

その後も、テレビで松嶋菜々子さんを見ると、

「あ!松嶋菜々子さんだー!!」

と、テレビに張り付き、お礼を言った。
が、テレビに張り付いた時、食事中だったので、
画面に、米粒やら、両手の手形の後が付いてしまい…

「テレビに近づくな!お前も女優だろ!」
「でも、格が全然!違うじゃん!!」
「……とにかく、テレビに近づかないでくれ…」

こっぴどく怒られ、そして呆れられた。
もちろんテレビに、はびり付いた米粒類、手形は
家人が、きれいに掃除した。

Img_2379_2_2

松嶋菜々子さん。
家人も、あんな風ですが、顔を赤らめ喜んでいました。
ありがとうございました。

今、家人も、次の映画を撮っています。

松嶋さんも撮影中なんですよね?

『ゴースト もういちど抱きしめたい』

【映画「ゴースト」公式サイト】
       http://www.ghost-movie.jp/

頑張って下さい!

抱い〜てん♥…抱きたいか?

知らなかったわ〜

Wカップ始まってたのね〜!!

ちっくしょー!!
段々、腹立ってきた!いつもは絶対観るのに!
今回だって、
アフリカでライオンに食われようが象に襲われようが、
観に行くって決めてたのに!!

日本も凄いじゃない!

『無情』じゃないわよ!凄いわよ!

Photo

PKなんて運さ…といっても、それも勝負だけど…
でも、
おめでとう!
決勝トーナメント出場!!

スペインは決勝進出??
よくわってない。まぁいいか。
ああ!嬉しい〜〜。

非国民かも知れないけど、
好きな人は好きなの。

セルヒオ・ラモス…♥

Photo_2

あなたが、デビューしたての頃は、
ラウルに夢中だったけど…

オレ、昔から、とても気まぐれなの…
好きな男もコロコロ小石を蹴飛ばすように変る。
性格だから、仕方ないわね。
やっだー中学生の頃よ。振られっ放しだったけどね!

セルヒオ…
あなたの、ひょうひょうとしたプレー大好き♥

1

あの、有名なメッシって選手を数年経ち、
テレビで観た、あの時のショック!
忘れられなくて、友達に電話かけまくった!

「ねえ!見ている!!メッシ!」
「観てるわよ!」
「オッサンじゃない!変るもんね〜」
「カカもセルヒオも変ってないわよ!!」
「あ、そう!じゃ叉ね!」


セルヒオ…
あなたの笑顔がたまらないわ〜♥

2_2


セルヒオ…
まだ、髪が乾いてないのね。それも素敵♥

3

あ〜あ〜セルヒオ…セルヒオ…
もう!もう!びっくりしたわ!!

裸の写真があって!

…プリントしちゃった♥

本当は、寝た時、セルヒオの顔が、
自分の真上にくるように、天井に貼り付けたいけど。

だいぶ前、
その時、好きだった男の(俳優?タレント?)
忘れたけど、天井に貼り付けたら…

家人に怒鳴られて…

泣く泣くはがした…っていうのは
大嘘で、家人をぶん殴って、はがしたけど…

今回は、仕事部屋に張るわ♥
怪我しないでね♥

……………………………………………………
…………………………。

たしか…LOVEの安住さんの本を買ったんだけど…
ま、一応読むわ…

Photo_3

こう並べると…

自分がどんなタイプが好きなのか…
よくわからなくなった一日でした。

スペイン!!
目指すは優勝さぁーー!!


日本代表の皆さま、お疲れさまでした。
しばし、ゆっくり休んで下さい。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »