フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

計画的に進まんなぁ〜

歳を取るごとに、酒が恐くて飲めなくなる。
次の日を考えると、とても恐い…
二日酔いで苦しみたくない…

Photo_6
(余談・今だオレは発泡酒とビールの味の差が分からん)

あの、頭痛… 
吐き気… 
言葉に表せない身体のだるさ… 

そして…
悶え苦しむ…自己嫌悪…

叉調子に乗って、
色んな悪口やら嘘八百言いまくったり…したんだろうな…

「ああーっ」「うっ!」「はぁーぁぁ」

ふと、自分で気付かぬうちに、
無意識に口から漏れる…数えきれない溜息。

んが、最近は、今迄相当暴れてきた分、
そんところだけは、とても、とても、本当に、
日本中の皆様に褒めてもらいたいくらい、なくなった!

「おお、我が身に幸来たり〜♪」

しっかしだ!
この年末は、近年まれに、遊び歩いた。
お声がかかれば、
ひょい♪ひょい♪ひょい♪ひょい♪
家人の飯なんか、放ったらかし、

「子供じゃねぇんだ。勝手に食え」

仕事もほっぽらかし、

揺れ〜るぅ♪柳の〜ぉ如く〜♪チントンシャン♪

しかし、来るもんだね〜罰が、
いつもいつも天罰だらけだけど、
本当に来た。

今日は、大掃除、明日はお買い物。
計画立てるのだけは好きなので、
紙にびっちり書いた!!

……破いたよ…

Photo_7


揺れ〜るぅ♪柳の〜ぉ如く〜ああ〜ホイ♪ホイ♪

なんて過ごしてたら、倒れた。

今日は家人がカレーを作る。
オレはソファーでゴーロゴロ〜

Photo_8

来年は、真面目に行こうと、ニュースを見てます。
見てるっていうか、眺めてんだけど…まぁ、見てる。

あ!新型インフルエンザ!
2,3日前、腹が痛くて病院へ行ったら、
よろよろと人が入って来た。
その人に、看護師さんが、
「熱を計って下さい」って言ってから、
なんだか大騒ぎ!バタバタ!!
看護師さんの話がロビーに聞こえてきた。
新型インフルエンザです…もにょ
    もにょ、もにょ、もにょ〜〜〜」

ぎょぇ〜〜〜!!!
ひょぇ〜〜〜!!!

ロビーに居た、オレを含めた患者全員が、逃げた。
その人が、何処かに連れていかれて居なくなっても、
皆、ドアの近くに固まり、名前を呼ばれるまで
ロビーに行かなかった。

Photo_9

そん時思った。う〜ん。

「ボランティアとかで、海外へ行く、
 お医者さんや看護師さんはなんて偉いんだ…
 オレには出来ない。自分のことしか考えられない。
 自分さえ助かればいい。そういう人間なんだな〜」

と。

その後、
自分も新型インフルエンザに感染したんじゃないか!
と先生に噛み付いた…結果大丈夫だった。

今もニュースを見ながら思う。
遊び過ぎて倒れたオレが言う資格はないけど、

お医者さん、看護師さんには、
もっと給料をあげればいいのに…

反対に、
国会議員とか給料貰い過ぎじゃないの?
人数、多すぎじゃないの?
すんごい多過ぎじゃないの?

国会議員減らして、
違う部分にお金を回す。

…まぁ、皆、そう思っているんだろうけど…

さ、まずは、休むベ。
家人さん、すみませんね。
明日には元気になりますんで!

Photo_10

2009年12月28日 (月)

鳩ちゃん!ザッツ!庶民会話。

「毎月のお小遣い、1千5百万よ〜」
「民主党も自民党もないわよね〜」
「金持ちの親欲しい…ウチ、50万で良いわ。月
「オレは100万くらい欲しい、税金収める」
「あったりまえでしょ〜」
「月、1千500万の小遣いよ〜だから鳩ちゃん、 
   心、ここに有らずって顔してんのかしら?」

二人「宇宙人顔!ぎゃっはははは!」

「自民党だっけ?弟。いつも霜降り牛肉食ってるから
    あんなに顔油ぎってんのね〜」

「でも、鳩ちゃんの奥さん、張り切ってるね〜」
「オレ、料理本買ったけど、材料高すぎて作れん。
    まぐろ1匹キッチンにあんのよー!!」

1匹ーっ!!」
「料理本も売れたし、ある所にはあんのよ。不倫で、
    結婚しても上手いの見つければそれで天まであがれ!よ」

「ようは男を見る目ね〜」

「そうそう」

二人、わっはははっは!

「牛肉って言えば、知ってる?」
「なに?」
「オセロの黒い方、『すき煮』って¥13000するやつ 
    20日間食って太ったんだって」

「オレ、そう言うのよく知らない…ちょっと待ってて」

オレ検索中…

「あった!あった!『オセロ、すき煮』って調べたら 
    死ぬほど出てきた」

「美味そうね」
「うん。…でも、あれ3日間食っても太るよ」
「芸能界って大変なのかもね…」
「まぁ〜ストレスもあんだろうね」
「でも、お互い、霜降り苦手のオージービーフ系好きで
   良かったね」

「そうね〜 豚とか鶏とか…貧乏ね」

二人、わっはははっっは!!!

「まぁ、あんたとオレはバブルん時でも 
    安売りスーパーしか目に入らなかったから」

「でも私、…子供が心配よ…」
「大変だよね。東大とか出ても今関係ないんでしょ。
   コネがないと入れないんだって!会社。
   みんなコネよ!!庶民はぜったい〜無理よ〜
   特にこれから、もっとそうじゃない?」

かおりが息子にオカマになれ!って叫んだけど…
    今、この時代を思うと、
    本当にその方が良いと思うのよ…」

「…あんたが居ない時、化粧したり、ワンピース着たり 
   してる?」

「してない…」
「んじゃ、無理ね。好きじゃないと無理よ。
    まぁ先の事考えても仕方ないから
    今を懸命に生きましょう」

「…そうね」
「ま、ムカつく世の中だけど頑張ろうぜ〜!」
「うん…相変わらず励まされてんだか、
    なんだか分からないけど…寝るわ」

「おお。オレもブリジストンの母を持った気持ちで 
    寝るわ〜良いお年を〜」

「あのさ、年内で離婚すると思うの。
   けじめついたら電話するね」


「………。」

…一応、

ブリジストンの孫?になった気持ちで寝ました。

翌朝、ポストに100万円はありませんでした。

そして、人は、何げない話を、暮らしをしながら

いろんな事を考え、実行しているのだな…と。

もしかしてオレもそんな、一人なのかも…と。

…また、

彼女から連絡があるまで静かに待とうと思います。

気がつかなくてごめんね。


叉、一緒に笑いたいです。


Hotaru030_4

2009年12月23日 (水)

CIA

師走だというのにのん気に暮らしている。

昨日、『アイアンマン』という映画を観た!

Photo_2

アメリカのコミック版ロボット映画みたいな感じ。

戦争に使う武器を造っている大会社の社長が
アフガニスタンに行き、ゲリラ?に襲われるが、
そいつらが使っていた武器は自分が作ったものだった…

んで、

一応、助かり、いろいろ、いろいろあって一人でロボットを…

Photo_3

自分が中に入るガンダムみたいな、
もっと最強の、大気圏まで飛んで行ってしまうようなロボット、

Photo_4

アイアンマンを作り、アフガニスタンで自分が作った兵器を
壊しまくる。
最後は、まぁ、よくある話で…
戦い!戦い!

Photo_5


「アイアンマーーンっ!!!」
って叫んだ!!!!

Photo_6
 

単純な話で凄くおもしろかった!

その後、…オレの癖みたいな物だけど、
映画の登場人物になりきり、
自分がCIAの一員、それもトップクラスの。
その一員になりきって家人に話しかける。…ん?
今回、CIAって出てたっけ?
…まぁ、そんな細かい事はいい。

家人は付き合いきれないと逃げるが、
CIAのオレは、いろんな映画での知識しかないんだけど、
ずーっとCIAがどれほど大変か。とか、
寝るまで語り続けた。
その日、オレはCIAの一員としてまっとうした。

作り話の会話で疲れ切り…
布団に入ったオレの最後の言葉は…

「ああ、アメリカの我が家に帰り…シャンパンを…」

そして、オレは眠りについた。

家人は、そんな馬鹿げたオレに付き合いきり
…もっと疲れたんじゃないかと思う。

オレに調子を合わせてくれて、ありがとう。
Photo_7

でも!!その映画に、
『ブラックホーク・ダウン』の何台もの黒ヘリが!
Photo_8

『Uボート』の潜水艦が!
U

『トップガン』に乗ったトム・クルーズが!
Photo_9

出ていたらぁーあああ!!

鼻血を出し、もっと盛り上がり、もっともっと興奮し!!
うるさいオレは家人に外に追い出されていただろう…

今日はなんだかとても疲れた。

でも、『アイアンマン』の続編がありそうだ…楽しみだ。

今度は、FBIの一員になるか…。

いっぱい死んだ

今年は、芸能人もそうだけど、それとは違う人たちも。

個人的な関係の人たち。

親代わり、少し仲良い知り合い、友達。
なっ!なんで、そんな形で!お前が!!

死んだ。

ただ死んだ。

亡くなった。と言う言葉は使いたくない。

確かに、この世にはもういない。
でも、ちょいと違う次元で生きていると思いたい。

亡くなったじゃなく、
今は会えないだけで、違う所で、
いつもの様にそれぞれ生きていると思いたいのだ。

死んだあの人達は、もちろん同じ日にじゃない。

そんな夜、真夜中、歩きたくなる。
とめどなく…はてしなく…歩きすぎて足が痛くなった時、
始めて……
死んじまったあの人たちと生きている自分の居る場所の
違いを感じ………

涙がでたりもする。

「バカヤロー」と道の真ん中で叫ぶ時もある。

キチガイになったのかというほど、笑う事もある。

コンクリートの壁をこぶしで血が出るまで殴る事も…
痛い…とても痛い…

道に座り込んで、夜空を見上げれば星だらけの時も…

雨粒が顔に…服に染み込んでいく時も…(翌日、風邪引く)

人が変な顔で通りすぎる…

ええねん。
どう見られてもええねん。

☆沢山、いろんな事を教えてくれた人も。

☆「そんな形で…自ら…お前が…」って思う人も。

☆健康に気をつけすぎても死んじまった人も。

なんだよっ!

人との出会い… 
自分の感じ方で良い方にでも悪い方にでも
どうとでも考えられる。
自由自在。

ただ、オレが単純な性格だからなのか?
少し時間が経ったからなのか?
…思えるんだと思う、今。

出会えて良かった。

I LOVE YOU !!!

死んじまった、あなた達が居る次元でいつの日か
会えるまで…
頑張らないよ。普通にやっていくぜ。

沢山の愛情、厳しさ、支え、言葉に尽くせない…。
あんがと。

もうすぐ、クリスマスだよ。

Img_2132_2

2009年12月21日 (月)

オババじゃなくオヤジへ

最近、とても、そりゃ〜とても不貞腐れていた。
散歩の友のカメラ、
『G9』のバッテリー充電器がなくなってしまったのだ。
なくなってしまったんじゃなく、なくしたんだけど…

探した、探した!
本当は部屋を大掃除しなきゃいけないのに
死ぬほど散らかした…でも、どこにもない。

ふて寝していたら、やっぱ!持つべきものは夫だね〜
見つけてくれたよ〜〜良い男だよ〜♪♪

G9

でも…なんで、なんで??
こんなぬいぐるみの後ろに置いたんだろう?
わっかんないわ〜〜……

Photo

ちっくしょー!

もうちょっと早く見つかれば、
つい最近行った映画祭で知り合った…嘘、嘘。
そこにいらした来年デビューするとかの
イケメンミュージシャンと、もっと綺麗な写真撮れたのに…

ちっ!

しかし、なんだなぁ。よく、家人の顔見て、

「ああ〜もう、手を握ったり、肩が触れたり、キスしても
 ドキドキするような事なんて絶対ないのね〜ああ〜
 ああ〜
あああ〜〜〜〜…

なんて、ほざいていましたが、
ドキドキするのは若い時だけなのかもしれない…

オレはその、イケメンミュージシャンに近づき
写真を一緒に撮ってもらった。

んが!!

『ドキドキ』
じゃないんだ…『汗』『汗』よ〜
驚いた。自分がスケベなオヤジになった気がして…

若い時は『ドキドキ』
オババは『汗』

1枚目は並んで、2枚目は「恋人風に」と頼んだ時、
手にかいた汗を、スカートで何度も拭いた。
きゃん!きゃーん!!恥ずかしい!!

でも、彼の腕に触れた時、ベトって汗で
手の跡がついたら失礼だし…
彼の目の前でハンカチで拭くっていうのも
脅えられたら困るし…
まぁ、スカートしかなかったわね…

撮り終えた時は髪の生え際に、やっぱり『汗』!
『冷や汗』をかいていて、
皆に笑われた……

オレの思い描いていた淡い恋心は、
『ドキドキ』じゃなく、
スケベオヤジの『汗』『ベト汗』『冷や汗』
に、歳と共に変わっていたのだ。

もう、家人の前で、
ガタガタほざくのはやめようと心に決めた。

自分がオヤジじゃ、もう言えん。

でも、良い男だったな〜〜♪♪
デビューしたら、ファンクラブ入ろう♥

Photo_2

2009年12月11日 (金)

何に見えるのかな?

塩せんべいが好きだ。

ボリボリ食っていた…その、手がとまった…

…気持ちよさそうだ〜〜 なんの夢見てんの?

チラリ。

と、見られた気がして、食えなくなった。

Photo

2009年12月 9日 (水)

おでん

朝飯を作ろうと冷蔵庫を開けると、

どびょ〜ん!!

昨日、おでんだったのに大好きなはんぺん
ちょこんと隅に残っている。
なんか足りないと思ってたら、はんぺんだったんだ。
くそ…

はんぺんを手に取り、うなる…うなる、うなる。

Photo

ああ〜♥高校時代の学食を思い出した。

あの、どでかいはんぺんフライ

うちの高校の学食で、
はんぺんフライはとても人気があった。
ふっくら、ふわふわのはんぺんフライ。
昼休みが始まると、
あっという間に売り切れてしまう。
少しでも遅れるとありつけない。

だから、4時限目が始まる前、みんなでジャンケンをする。
誰が授業を抜け出してまとめ買いに行くか。

ジャンケンが弱い上に、席が教室の一番後のオレが、
たいていその役目だった。
4時限目が終わる直前、まだ先生がいるにも関わらず
そっと、教室を抜け出し学食へ、小走りに…

走っている間にチャイムがなる、
そしたらダッシュだ!

「おばちゃん! 
    はんぺんフライ7枚、7枚!」

やりぃー!ゲット!!胸に抱えて気持ちはホクホク。

教室へ戻り皆に配っていると、
校内放送……。
オレの名前が呼ばれる、職員室まで来いと…

授業が終る前に、
そそくさと小さくなり走っている姿を
先生は見逃さなかったのだ。よく見ているもんだ。
職員室に行っても怒られるだけなので行かない。

無視していると、先生が教室に入ってきて
怒り叫ぶ。

「なんで来ないんだっ!」
「へ?聞こえませんでした〜」

で、はんぺんフライをパクついている7人全員が
職員室の前の廊下に無理やり連れて行かれる。

で、怒鳴られる。

毎度の事なので、しんみりした感じで下を向いて、
じっー… ただただ怒りが治まるまで我慢。

一度、先生が怒鳴っている途中、興奮のあまり、
舌を噛んで、どもってしまったことがあった。
オレ一人だけ「ぶはっ!」と思わず笑ってしまい、

ゴンッ!! ゲンコだ。

「痛っぁあーー!
 そんなはんぺんごときで殴る事ないじゃん!」

「なんだとー!!」

その後、他の6人も連打。
ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!

親にしょっちゅう殴られているオレは、
そんなゲンコの一発くらい何とも感じなかった。

ん?…そんな事より、殴られている音がそれぞれ違う。

「人間の頭を殴る音も、それぞれ違うもんなんですね。
 木琴みたい。頭が丸いからかな?」

ゴンッ!

オレの余計なひと言で、他の6人も叉、
連打。
ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!ゴンッ!

まぁ〜、後は皆から非難ごうごう。嵐。

「あんたが、
 あそこで笑わなかったら殴られずにすんだのよ!」

「あんたは一番始めだから、
 ビックリするだけかもしれないけど、
 殴られるのを待ってる身にもなってよ!」

「木琴だとかバカなこと言うな!!アホ!」

「だって、舌噛んで痛そうだったのに
 頑張って怒鳴ってるからさぁ〜」

「でも、ほんと痛そうだったよね。ふっはは!」

わっははははは〜♪
さあ!食うベ!食うベ〜〜!

Hannpenn024_2

それからも、食い気に勝る物はなにもないので、
いつもの様にジャンケンをして、
何度もチャイム直前に学食に走った。

…はんぺんフライ

懐かしい思い出だ。

よっしゃ、今日の晩飯は、はんぺんフライだ!
ハムもチーズも入ってないシンプルなはんぺんフライ。

…なんだか、同級生の顔が浮かぶ。

まったく関係ないけど、いつも、なにかしちゃ、罰として、
トイレ掃除ばかりしていた。
オレは、教室の掃除よりトイレ掃除がとても好きだった。
…なぜだろう?わからない。

Ben0272

2009年12月 8日 (火)

○△幼稚園 もも組 みずしまかおり

『ウォーリー』を見ました。

絵がとてもきれいでした。
きれいすぎて目がいたくなりました。
そのせいなの?

見ていると15分くらいで、
グーグーねてしまいます。

また、とちゅうから見ても、
15分くらいでねてしまいました。

またまた、とちゅうから見ても、
やっぱり、ねてしまいます。

でも、きのう、はんつきかかり、
やっとさいごまで見ました。

わたしのこころは、よごれてしまったんだとおもいます。
ほんのちょっとしか、なみだがでませんでした。

とても、いいおはなしなんだよ。といわれたけど、
わたしは、とてもこわくてこわくて、たまりませんでした。

人間が宇宙に住みづづけ、
ああいう生活をおくっていると、
からだのほねがちっちゃくなり、
にくだらけになってしまうところの絵が、
とても、こわかったです。

これから、うんどうをたくさん、たくさん、
しようとおもいました。
だから、『ウォーリー』を見てよかったです。

おわり

Uo023

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »