フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

アイドル時代のーっ!!

この前、クロスメディアの佐倉社長が、

「かおりちゃん」

と、言いながら、あるものをオレの目の前に出した。
突然の驚きは声にならないものだ。
椅子から転げ落ちそうになり、テーブルの端につかまり、

ぎょ====!!!!!

と、心の底からの雄叫び!!

その、あるものとは、

『Lady,oh!(ラジオッ娘)』
L
アイドル時代のCDだ。

「なっ、なんで今ごろ…」
「見つけて買ったんだよ」

ブリブリしている…あああ!!恥ずかしい!
そのCDを見ては叫び!見ては叫び!
冷静になるまでとても時間がかかった。

んで、バカか…と思うが、
アマゾンで調べたらあったので、買った。
でも、聞けない。
余りにも恐ろしくて。
いくら、直ぐ何でも忘れてしまうオレでも、
あの、唄のヘタさだけは耳にこびりついている。

最初、役者をしていたが、
1年後、なんでか?アイドルになっていたオレ。
それも、全然知らない2人と…

仲は、良くなかった。
しょっちゅう喧嘩ばかりしていた。
キャンペーンの移動もバラバラ、
食事もバラバラ…今、思い出すと笑うけど、
当時のマネージャーはさぞかし大変だったろう。

ニッポン放送から始まった。私達…

『電話好きッコ、ラジオっ娘、
      男の子には内緒なの』

その、ディレクターの方も何枚、始末書を書いたか…
今になると、とても大変だったんだろうなぁ〜と思う。
偉い人だ!!

生放送中、ケンカになると必ず、音声を消され、
流れたオフコースの『言葉にできない』

あったなあ…
当時、一応アイドルなので、彼氏はいないと言っていたが
三人ともしっかりいた。

バレンタインの生放送の時、誰かが、オレの彼氏の名前を
言ってしまい、カーッとしてオレも彼女の彼氏の事を
洗いざらいしゃべくり、
オフコースの『言葉にできない』 そして、
急遽CMへ。

そんな事が毎週…

ああ…あのディレクターの方は本当に太っ腹だった。
でも、ラジオはとっても好きだった。

唄は嫌いで仕方なかった…機嫌が悪くなる…
沢尻エリカをとうに、超えていた。
歌番組で、何か聞かれると、
「別に」
「何で話さなきゃなんないのさ」
「……(睨んで無視)」

ああ!ああ!今思い出しても、……まぁ、仕方ないな。
若気の至り。

他の二人は大人だったけど、オレは本当に暴れ馬で…
あまり書かない方が身の為だ。もうやめよう。

でも、今思えば、いい経験をさせて頂いた。
ブリブリ、ふわふわした服なんて着れないし。

あの当時のスタッフの方々、いろいろと、
ありがとうございました♪

本当はぶん殴りたいほど
生意気なあの頃のオレに対して、グッと拳を握り
(握ってたよね、しかもブルブル震わせ。見た。)
気持ちも抑え、
支えてくれた皆さまがいたお陰で、
今、オレも大人になり元気で過ごしております。

これからも、あの当時の様な暴れ馬にならないように、
カーッ!ときた時は、この笑顔の?CDを見て、
裏で支えてくれた、
スタッフの方々の顔を思い出し、
心穏やかに対処して行きたいと思います。

なんか…
今、あのような番組をやったら、
それぞれ、3人とも、個性が強力で、負けず嫌いなので、
(なして、あんな性格が恐ろしい三人を組ませたのだろう…
  それだけは、いまだ謎だ。)

その上、結婚やらして、子供産んで、経験は上乗せ、
ようするにおばさんで…
会話もケンカも凄い事になるだろう。
ディレクター、即クビだな。
I2

はぁ〜でもさぁ〜
16歳だろ?…今、45歳だから…
29年前だよ〜〜
今ごろ、出すんじゃねぇー!!
Miko

2009年7月26日 (日)

やり遂げる

オレは、何かしている時、とても自分勝手。

でも、いい。

悩んだり、発狂したり……だから友達も少ないのだろう。

それも、いい。

オレは身内に関しても、
とても勝手な感情の持ち主だ。
仕事で落ち込んだりする。
でも、家人が、

「性格なんて直せないし、直す必要ない」
「あっはははっは〜 好きよ。あんた」

とにかく、ひとつ仕事を終えた。
爽やかだ!
Photo_7

家人の顔には、小さな、ひっかき傷がある…
たぶん、仕事中に、オレが発狂して、ひっかいたんだろう。

でも、家人は何も言わないので、聞かない。
必要のない事は聞かない方が良い。

今日は、冷蔵庫になーんにもないので、
チーズ入りソーセージ(体に悪そうだけど美味そう)。
いんげんのバターレモンソースかけ。
目玉焼き。

はぁあああああ〜〜〜小さいけど、
こんな、幸せが好きだ!

Img_1917





飲んだくれの理由

映画祭のメイキングの作業が終わった。
Img_1910_2

嫌がる家人を、無理やり誘い食事に行った。
家人にも家人の仕事がある。
でも、今回は………いや、いつも…
お構いなしだ!

『食いに行くぞ!!』

メイキングが終わったんだ……打ち上げだ!

メイキングの編集をしながら泣いた。
ボランティアスタッフ、
おじいちゃん、大学教授、放送業界の方、
初めてドキュメント映画を作った女子大生、

…なんていうか…

その人達の…様々な表情…笑顔…

オレの撮った映像もその人達の感情と同じように、
いや、同じだった…

この、一ヶ月、自分の仕事を放りだし、
彼らの、真剣、おどけ、照れ…に向き合い
オレまで、彼らと、同じ気持ちになり、
涙たらし、笑い、編集し、バックに音楽を付けた。
…夢中になり…
そして今日、終わった。

でも、本当の自分の気持ちは、
そんな純粋なものではなかった。
Img_1916


オレも、仕事をしなくてはいけない…

「なに、今、こんな事やってるんだ…」
「ああ、どうしよう…」

なんども編集しながら思った。
自分の仕事、
放り出したまま何してるんだ!!

この一ヶ月の後半は、ほとんど眠れなかった。
朝の3時に起き出し…
オレは、同時にふたつの事は…やろうとしたが、

んんっが===!!!

…出来なかった………。
どちらかを曖昧にしたくない!

でも、ひとつ終わった。

人の仕事のやり方は分からないし、関係ない。

でも、オレは終わったからといって、すぐ
!!『さあ!次へ』と、とてもいけない…

広島で出会った人々の顔が離れない…
Photo

オレはだいぶ前、
映画編集の仕事を本格的に2本やった。
その時も、死ぬほど苦しかった。
もう嫌だーーーー!
って本気で思った。

でも、

その映画が、いろんな映画祭へ行き…
いつも満席で…ひょ〜〜ぉ。喜びを感じた。

「カ・イ・カ・ン〜♥」(薬師丸ぴーちゃん)

オレの場合は、何事も、愛さないと出来ない。
だから、苦しくなっちゃう。

…それから、もうひとつ大切な事。

信じられないくらい突き放す事も…
Photo_2

ある、映画で、大切なシーンを
15分もぶった切った。

「ぎょ!」  と言われた。オレは、

「なんなんだよ…」  と睨んだ。

でも、そのおかげで、
とても印象に残る良いシーンが生まれた。
ぶった切るのは…癖でもあるけど…好きなんだ。

でも、自分の脚本の時は泣きながら切る。
ある、脚本で、
これだ!ってラストシーン!
それが書きたくて書いた脚本なのに
そのラストシーンを切った。
主人公がどんどん動いて、勝手に物語を終わらせ、
逆らえなかった。ちっくしょーーーー!!!
顔が腫れるほど、泣いた!くそっ!!

んで…この一ヶ月、放り出していた自分の脚本…に…

納得して引き受けたメイキング作りとは言え、
それが終ったからって、直ぐには戻れない…
だって、広島の人達の愛しい笑顔がまだあるから…

正直…焦っている。が、
しゃーねぇ〜〜な♪
焦っても、ロクなもん書けねぇ。

オレなりの時間が必要なのよ。

人と比べる時間じゃない。
自分の時間。

なので、今日、いつも行く、
『関口亭』
飲み屋じゃない。普通のレストラン。
で、飲んだくれた。
ビール、飯、ワイン、デザート、
グラッパ!沢山!!
ジン・ロック!!!、
ウオッカ・ロック!!!!
タバコ!ブカブカ!!ブカブカ!!

帰りに店長が、健康の為にリンゴのジュースをくれた。
Photo_5

オレの無謀な荒れ方に何かを感じ、

心配してくれ…ありがとうございます。
飲ませて頂きます。

後は、もう、あなたに抱かれるだけ。
ただ、それだけ…ああぁ
ぁ……いい……
Sex2_2_2

(くらもち師匠、使わせて頂きました。すみません。)

でも、
今、抱かれたら腹上死の反対になって、
新聞に載りたくない…じゃないっ!!
新聞より!
もう!もう!
身内に恥をさらせたくない!

ので我慢する。

♥ う〜〜ん ♥

…そうね〜ぇ…マラソン出来るぐらいになったら
愛しあいましょう〜〜 ♥チュッ♥
Sex_2
♥♥ I  LOVE  NAGASAKI ♥♥
Photo_6 あなた…待ってて〜〜
ん。

2009年7月23日 (木)

反省にあきた。

つい最近、「当分、ブログを書くのはやめよ〜」と、
思ったけど、もう、あきた。

7月14日に書いた『ちぢれ毛』のブログを読んだ家人が
明るく言ゃ〜いいのに、
なんの趣味もない、趣味と言えば、食う事しかない!オレに!
それも、メシ時に、

「俺はもう、お前の中にないのか?」
「中ってなにさ」
「…『接吻もとうの昔に飽きた』って書いてあった」
「……なんなのさ。17年も一緒にいりゃ飽きるだろうよ」
「俺は、好きだ」
「ほう。ありがとう」
「……」
「なんなんだよ。楽しく飯食ってるのに。暗いんだよ」
「もう、いいよ」
「それは、こっちのセリフだ。魚が生臭くならぁ〜」
「なんだぁーー」
「なんなんだよ==!うっせーな〜ぁ!」

昔、5,6年前に、オレはある男に恋した。
偶然の出会い…あっははは。偶然はまったくの大嘘!
でも、恋をした。
何となく、目が合う。何となく…良い感じじゃないか?
Photo

告白してみようか?
とても、迷った。
……でも、オレは結婚している。もしかして、上手く行ったら
不倫!ってことになる。
Photo_2

でも、オレには不倫は向いていない…。
で、家人に相談した。

「好きな人が出来たんだ」
「え?」
「告白はまだしてない。もち!キスも!
K

手も握ってない!
 でも、女の直感?告白したら付き合いそうな感じなんだ」

「……」
「そこで、相談なんだけど、そうなると不倫だろ?」
「そうだね」
「でも、オレは陰でこそこそしたくないのよ。
 電話するのも、メールするのも、会うのも」

「…なに、言いたいんだ」
「わかんないの?!
  だから、堂々と付き合いたいの!その彼と!」
「お前は、本物のバカかっ!」
「なんてこと言うのよ!人が恋しているのに!
 付き合いたいのに!監督、脚本やってるならわかるでしょ!

 今が、どれだけ大切な時期なのか!
 それを本物のバカだとか、ふざけたこと言うんじゃねぇー
 
ふざけるのもほどほどにしろー!!
バカヤローー!

「!!バカヤロ===!!
ふざけてるのはお前だ!」

「なにぃーー!オレは、彼に本気なの!あんたにも本気だから、
 隠したくないのよ!ムダな労力つかいたくないのっ!」

「そんなに好きなら離婚すればいい」
「だから、まだ、告白してないのよ。人の話、聞きなさいよ」
「そんな事、しるか…」
「ねえ、慰謝料、
Kinn
一億くらいでいいからくれない?

 離婚したら、沢山働かないといけないでしょ?
 この仕事、浮き沈み激しいから、心の安定材料が必要なの」

「…一億なんて、こっちが欲しい。…もう、何も話したくない…」
「なんで、女房の恋のひとつやふたつ許せないの?
 心がみみっちい奴」

「お前…」
「ほら、もう、話した♪」
「もう、勝手にしろ…」
「一億円は?」
「知るかっ!!」

ってな事があった。(ホントの本当の実話だ)

その後、家人は、昔から
唇が糸で縫われているんじゃないかと思うくらい、
余り話さない人だったけど、
今度は糸じゃなくてホチキスでカチャン!カチャン!と
止められたように話さなくなった。
Photo_6

オレは、

「ああ、息苦しい。付き合いきれないわ」

と、親戚の家に一週間泊りに行った。
Photo_5

皆に怒りながら事情を説明したら、
反対に稲妻のような怒りが帰って来た。

……やる時は、黙ってやれと。

いろいろ教えてくれた。
良い勉強になった。オレは素直過ぎるらしい。

とても楽しい日々だった。
Photo_4

皆とプールに行ったり、バーベキューしたり、
ドライブで富士山にも行った!
彼のことは、遊んでいたら、
知らない間にみーんな忘れてた。

オレの飽きっぽい性格が良い方に出たのだろう。
家人の事も忘れていたら、

一週間後くらいに、家人が伯母の家にオレを迎えに来た。

従姉妹にも伯母にも、

「本当にすみません。すみません。
 結婚出来ただけでも奇跡なのに、すみません!」

と、手を合わせて拝まれていた。

(結婚出来ただけでも奇跡?…)

多少、引っかかる言葉だったけど、
まぁ、いいかと忘れる事にした。

でも…

家人は生きているんですけど…

叉、何か言ったら怒鳴られると思い黙っていた。

頭を下げるだけなら分かる。
拝むのは、死んだ人にだけだろうと心の中で思った。
Photo_8

家人は、長崎は、生きている。仏様じゃない。
でも、皆の前では長崎は仏様になっていた。

親戚の連中は、生きている長崎に手を合わせ、頭をさげ
「南無阿弥陀仏」の変りに、
「すみません。すみませんと」拝んでいた。
Minnminn

長崎仏も、皆に頭を下げていた。

とても、妙な光景だった。

チン!

2009年7月22日 (水)

ブログの恐さ

一昨日、言葉で言い表せないくらい
機嫌が悪く…

テレビを付けると、
オレのたれ流し文のように流れてる、
ドラマ番組、CM(競艇、競馬、パチンコ)、
石原都知事、
ヤクザ顔まけの悪人顔の政治家、その家族…

そんな気に入らない事をだらだらと…書きなぐった。
機嫌もすごぶる悪く、ただ書きなぐった。
B_2_3

いくら機嫌が悪いとは言え、
あんまりな自分の文章に…呆れ、
直ぐ、違う話をアップした。

…あだになった。
読まないで欲しいと書く事は、
気をそそってしまうんだ。
B_2_4

オレは、
ワイドショー以外、
家人にテレビを付けさせないくらい…
人の悪い噂大好き。
だから、気付いて当然なのに…

ブログは本当に恐いなと思った。

いつも心がキレイでいたいオレは…思った。

気分で書いたら…恐い…
自分の事なら良い、
他人の事は、人それぞれ感じ方も違うし、
…恐い…
B_2_4_2

こいつ、頭、ちっせーな〜と思うブログもある。
自分はそうなりたくない。

映画、小説、の感想だけでなく、何についても。

でも…オレはオレの機嫌の悪さを押さえきれなく、
批判は嫌だな…と思っていたのに、批判を書きまくった。
…そんな自分が嫌だな…落ち込んだ。
B_2_2_3

その、反省を書いたら、アクセス沢山…
また、落ち込んだ。

ブログは機嫌良い時しか書かない事に決めた。
…でも、機嫌が良い時……凄く少ない…

ふっはぁ〜〜 当分やめよう!
B

2009年7月21日 (火)

トイレ

昨日は……なんだか荒れていたなぁ〜。
本気の本気で、機嫌が悪かったなぁ〜。
ブログつーのは素直にでるなぁ〜。

まぁ〜次から次へと悪口ばかり、よく出てくるもんだ。
朝読んで、呆れた。

オレは母方のばあちゃん似だな。ああ、嫌だ。

家人に、

「オレの、機嫌が悪い時は、あんな風に次から次へと、
喉が枯れるまで
あんたに悪たれついてるの?」

と聞いたら、

「あんなのは、アリンコの涙ぐらいだよ♪」
「……(思わず、握りこぶしになった)」

でも、温和に行こうよ。かおりちゃん♪と心の中で呟き、
握りこぶしを緩めた。

今日は美味いもん作ってやるか。

今のウチのトイレ本。
ふむ。ふむ。と読みながら、出は、すこぶるいいです♪
Photo

2009年7月20日 (月)

カッコよ過ぎて・ミジンコ・犬・子供・お金

『EXILED(エグザイル・絆)』
ジョニー・トー監督のDVD、
それも、プレミアム・エディション!買ってしまった。
買った時はケースに頬ずりしていたけど…
Img_1891

失敗した。

なんだか、皆、仲が良過ぎて…
気持悪かった。

ちっくしょーー!
プレミアム・エディションなのに!!!

ウー役は『PTU』の主役に替わっていた。

ジョニー・トーが、
『ザ・ミッション』のパート2じゃない」って
言っていたのはこの事なのかなぁ〜っ。
でも、みんなかっこよ過ぎて、
よ過ぎて、よ過ぎて、よ過ぎて、よ過ぎて、よ過ぎて、
『ザ・ミッション』の時の様な、
登場人物の、悩み、苦悩、焦り、それぞれの佇まい。
セリフにしない、出来ない、絵で表せない…
例えば、
ただ、立っているだけ。
何かを見つめている表情。

そんなもんが、まったくなかった。(ただ、オレの好み)

何かを決める時、アンソニー・ウォンがコインの表と裏で
決める。
メイキングでも、監督が、

「放り投げたコインの表裏で決める…
 人生、そんなもんだ」

みたいな事を言っていたが、
そのくせ物語はとてつもなく調子いい。

お約束のように登場人物は破滅に向かう。
自分で、そういう道を選ぶ。
別にコインの表、裏じゃなかった。
物語のご都合だ。

んで、仲良く死んだ。

関係ないけど、
一昨日、放送された、衛星特別ドラマを見た。

『誘拐物』だったが、
見終り、誘拐はほとんど関係ない、
話が進むためだけに使われた感じ…。
始めの20分で物語の内容は分かり、
あとは監督、スタッフ、作り手の顔が見えただけだった。

 

「何か、こね繰り回さないともたねーぞ」

丁寧なこねくり作戦…とにかく、終わらない…
なげぇ……。

登場人物の焦りもなく、説明だらけの、
とてもちっちゃな世界のミジンコみたいな内容だった。
Mijinn_2

自分をそのドラマの中の母親役に重ねた…

よく2時間ドラマをやっていた8年前を思い出した。
あの母親役は被害者だけじゃなく、
何かのキーなんだな。
あれが…8年前のオレだったんだなぁ〜
水島かおり=訳ありの母親。

松本幸四郎様—!大好きなのにっ!!
活躍もなく、小っちゃく終り。
ちくしょうー!!
松本様ーーぁああ!!大好きなのに!!くっそーー!!

はぁ〜〜。面白いものに当らない時は
ホントに当らないな〜とテレビを消した。

でも、『EXILED(エグザイル・絆)』
ロイ・チョン♪
ちぢれ毛は毛元だけで素敵だったわ。
ジョニ・トーごめんね。
何だかんだ、ブチブチ文句言いながら…素敵だったわ。
トー!!次もロイ・チョン出して!!
それから、ラウ・チンワンも♥次作!待ってるわー!!

そういえば、
皆既日食らしい…久々に沢尻エリカをテレビで見た。
すごく、美人な女の人になっていた。
きれいだなぁ〜 すんげぇー美人だ。
大人の女になりつつあるのか、性格なんてどうでもいい、
たまんないぜぇ〜〜♥♥
オレも沢尻エリカになりたい。

でも、オレは美容院で頼む時は、

「後藤久美子にして下さい」

と、しっかり頼む。……その心は意味不明。
でも、後藤久美子!

話はまったくそれるが、
競馬…競艇…のCM。
嫌い。

競艇!昔から、笹川なんとか氏のCMが大っ嫌いだった。
自分の父親の趣味がそうだったからだろう。

家族の事を考えて欲しい。

「お父さん!
 もうやめて!!食べられなくなる!!
 やめてー!
 もう、2000円しかないの!行かないでー!」

「うるせーぇー!仕事もないし、一発当てないで
 どう生活するーー!」

そんな、オヤジの心の電池切れもあるだろう…
Img_1903

んん?…そんな時代は終ったか…
母親がパチンコ。
で、うさばらし…なのかなぁ〜
で、サラ金。

CMは言う。

「競艇は
    こんな福祉にお金を出しています」

老人ホームで暮らす、
じじぃ、ばばぁの幸福そうな一瞬を、
嘘臭く見守る家族。それも、きれいな映像で、
すんごく凄く幸せそうに映し、嘘固まりでテレビ流す。

従姉妹の子供が言った。ドキッとした。

「これ、ウソつきなコマーシャルだね」

子供の目、言葉にはいつもドキッとする。
オレらなんかより言葉のボキャブラリーが少ないぶんだけ、
現実のオレらの、
その時々の、大人の言葉も雰囲気もしっかり見ている。

………現実のニュースを見ろいぃっ!
嘘だって子供だってわからぁ〜〜〜!!!!!

Img_1901

裏で、泣いてる家族がすっげえいるんだろうになぁ……

賭事、あってもいい。でも、
CMは嫌い。
家族崩壊へ、自殺への手助けじゃん。

競馬のCMといえば、
もういっこのCMで良い車を乗り回している佐藤浩市。
もう、CMがCMと見えない…
競馬につぎこんで、あの車、売っちゃったんじゃねえか。

楽しんでいるうちは良い。
本気になると、
良い車に乗っている佐藤浩市だって
生活保護…ってことも…
浩市にーさん!!のめり込まないでぇ〜〜好きなのよ〜

現実とCMの区別が分からん。

これがテレビだ。

話は、変わり…

東京都知事は、
少子化問題を言いながら、
救急小児科病院を次々閉鎖している。

テレビを見ていたら、

高校時代の友達、Aちゃんが
インタビューに答えていた。
「子供産め?
 庶民は、都内の救急に
子供連れて行くしかないんだよ!
 その病院を、これまで、
  いくつも潰しといて
 何言ってんだ? 石原くそじじい!」

相変わらず、今もぶっ飛ばし!
頑張ってるなーと拍手したけど、
子供を抱える母親の声に…涙が出た。

またまた話は変わって、アパート問題。
え!???
ビックリして不動産屋に貼り付けてある紙を凝視…

『犬・可』
オレの解釈
(犬はいいよ。(借り手が最近少ないから)
『子供・相談』
オレの解釈
(子供はうるさいから、貸したくない)

知人に聞いたのは本当だったんだ。

「子供が出来てさぁ、
  今のコーポ出なきゃ行けないの」

「マジっ!!」

「うん。もう、冗談もいえないよ…」
嘘だろ…と思いつつ彼らは追い出された。

これが、現実なのだ。

ハァ〜〜
なんか…意味分からん。
分からん事が多い世の中だ。
オレの頭の中も分からんが……。

ヤクザはあまりテレビのニュースで見ないけど、
ヤクザが負けるくらいの顔の政治家はテレビにいつも映る。

…もったいないねぇ…こんな悪人顔は役者じゃ
揃えきれない!
政治家でヤクザ映画を作ったら、
大好きな『仁義なき戦い』より迫力だ!!

国会議事堂に通い出すと、顔が変わるのか?

国会中継見ると、オレより携帯メール!
すっごく早そうなのもいるしな。

俳優の二世は、実力なかったら、
だんだん、
だんだん仕事来なくなる。

でも、政治家二世は、
♪♪お父ちゃんが〜偉かったら〜
オ〜レの♪
財布も
死ぬまで〜♪
キャッホー♪
キャッホー〜
Img_1898

でも…時々思うのだ。
よく、やり玉に上げられる政治家の
奥さん。子供たち。どんな風に暮らしているんだろう。
オレなら、海外に逃亡する。あ!そうか、
もう、いたたまれなくて日本にいないんだなきっと。
でなきゃ耐えきれないよね。
ん?
でもないか…

酒飲んだ元大臣の奥さん、子供、
「がんばれぇー」って叫んでて…
あれはびっくりしたなぁ〜
オレだったら、すんげぇー慰謝料貰って離婚だよ。
恥ずかしくて生きてられない。

カエルの親、母、妻、子、婿も同じなんだなぁ〜
Img_1902_2

何だか、ブツブツとくだらない事言ってる気がしてきた。
もう、寝よう〜。
皆さん、おやすみなさい。

そして、友達の子供が急に熱でたり、
具合悪くなりませんように。
Kodomo

2009年7月18日 (土)

なんだ、このやろー!

ヘーイ、ヘイヘ、ヘヘィへイ〜〜〜♪
ヘーイ、ヘーイヘイ〜♪♪ヘヘィへイ〜♪
ヘーイ!(ヘーイ!)ヘーイ!(ヘーイ!)へイ!へイ!ヘイ!ヘイ!
ウァアアアアアアアアーーーーー!
(学園天国より)

うるさいんじゃーーーー!!!
Nejiri

家人が、この前のブログに文句を言ってきた…

………………………………………………………。

昨夜、オレが撮ったダマー映画祭プレイベントの
メイキングの編集OKをもらい、
でも、オレがいなかった日のスチールなどを
入れ込もう…となり、
昨日まで、
昼、編集。
夜、脚本。
だったけど、

今、昼の編集が、素材が届くまで休止状態で、
世間も連休だし…
少し休もう。と決めたので、
激しい事は書かないことにした。
少しでも心を静かに…
小さく可憐に…そう、いつもの私らしく。
Img_1881_2_2

………………………………………………………。

でも、家人に
なんだかむかっ腹が立って寝れなくなりそうで、
何か吐き出したくて…
数ミリ、今…吐き出した気分になりました。

皆、聞いてくれてありがとう。
よくわからなくても、ありがとう。

ほんでは。……くっそ…くだらん…
3




2009年7月14日 (火)

ちぢれ毛…気になる

もう!もう!もう!我慢出来なくて、

『EXILED(エグザイル・絆)』
ジョニー・トー監督のDVD、

それも、プレミアム・エディション!買ってしまった。
Photo

『ミッション(非情の掟)』のパート2か?
Mi2

そのようだ…でも!そんな事はどうでもいい。
香港ルノワール大好き!
よく、新大久保の香港DVD屋に足を運ぶオレ。
字幕なんてなくても関係ない!

でも、今、観れない……

仕事…。
観ようとすれば観れるけど…
オレは頭の切り替えが、上手くできない。

例えば、女優さまのお仕事で、
薄倖な役なのに、殺人鬼の映画を見たら、
殺人鬼の顔に変貌したりしてしまう。

脚本書いてる時はもっと大変。
書いている話がホームドラマだとしたら、
ホラー映画を見ると、ホームドラマがホラー映画に
何げなく……嘘だ。思いっきり変って行く。

心の制御が出来ない!
Pa


今、書いているのは、ホームドラマじゃないけど、観たら最後、
まったく正反対の物語になってしまうだろう。
穏やかな雰囲気に突然、両手拳銃も出てくるだろう!
間違いない!

そして、ジョン・ウー監督作品の様に、
飲み屋で会話している主人公の後ろに意味なく、
白い鳩が舞い飛ぶであろう!!

でも!
ああ!観たい!観たい!
今はただ、この、箱に頬ずりするだけだ。
Img_1891

ああ!いい!
E2

ああ!ああ!
Ee2_2


「彼らこそ、最高だった。」

ああーー!そうさっ!(まだ、観てないけど)
        …ちくしょう…
くっ!これだけで涙がでる。

気になる…
大好きな、ロイ・チョンの髪が、ちぢれてる。パーマか?
Roi2

あんたのさら〜っとなびく髪が、
顔に、何気にかかる感じが好きだったのよ。
でも、今回はそうはいかないみたいね。
さら〜っとじゃなくて、モジャって感じみたいね…

早く、あなたに会いたい♥
だって、下地先生には会えなくなってしまったんだもの。

早く!書きあげよう!
そして、画面に映る、
ロイ・チョンに接吻したい!!

ああ…思い出した…『ヒーロー・ネバー・ダイ』
観たい…
Wan2  

初めて、デブの主人公に恋した。
ラウ・チンワン
男は見た目じゃないわよね。生き様よーー!

良い男に会いたい。

家人に接吻なんて、とうの昔に飽きた。
じじぃ、なんていらないっ!!
やっぱり、若い男が好きっ!!!

ロイ・チョンの彼女って,
凄いきれいなモデルなのよね。
ピチピチ跳ねる鰻みたいな。油のってて…

さ、今は頬ずりだけで我慢して!
夢の中だけで、悶えながら楽しみましょ〜〜!!!
夢の中なら鰻の彼女なんて関係ないわっ!

「あん♥…もうだめ…ロイ…やめて…」ってな感じで!
Unagi

2009年7月12日 (日)

行ってきました!

Photo
終わりました!
Img_1884

2009年7月10日 (金)

散々だったわ……

晩ご飯なんか作れない…
電車に乗って帰るなんて考えられない…
…もぅ!…もぅ!…もぅ!…もぅ…

散々だったわ…

でも、そんな日でも、勇気をくれる瞬間があるのね。

新宿駅で、思わず呆然…

お歳なのに…この姿勢、
…相当、腰、背骨が痛いでしょ…

でも…素敵ッ…
じっー…とあなたの前で立ちつくし見つめました。

ちっ!

カメラを忘れた事に舌打ち。
しゃーない…携帯で撮ろう…

パチリ。

今日は、自動車免許更新に行って来たの…
散々だったわ…

怒鳴られ…叫ばれ……  今日は何も書けない…。

専門のあなた達は毎日のことで!
機械の様な話し方、ドレミで言えば、

ドーーー♪の口調!

そして、早口、早口、早口!!
こっちは、5年ぶりなんだぁーー!!
バッキャローー!!とろい人間もいるんだよ!
…はぁはぁはぁはぁ…

…でも、今日、あなたに会えて嬉しかった。

ビッグ!素敵。 
矢沢ぁーーぁあああああ!!!

Photo_2

私も!
思いっきり!!
心のコマ数!!!増やすわ!!!!
ドレミのドー!!の話し方に負けない!

2009年7月 9日 (木)

牛!

昨日の朝方、お腹が…胃が…痛くなって…
…寒気も…
どんどん体が、体調が…くっ崩れていく。

朝、体温計で計ると熱だ。熱が出た。

ここの所、暑いのか寒いのか分からず、
短パンにタンクトップで腹を出して寝てたからか…

久々のノックアウト。
Photo

でも、昨日の夜は、
ちょいと仕事で知人と会う事になっていた… 
ああ、ああ〜〜どうしよう〜〜
午前中から時計をチラチラ見る…
ああ…電話をかけようか?
でも…もう少し様子を見よう…

んが、どんどん体調が悪くなってきた。

だめだぁー!!電話をかけよう!

と、思ったら電話が鳴った。
夜、会うはずの知人からだ。その第一声は、

「…ねっ…熱出た…」
「ぶっはははは…〜〜」
「苦しいぃ〜」
「ぶはっ、ぶはははは〜〜」
「なんで笑うのよ…」
「…オレもよ」
「がっはははは〜〜〜うっ、吐きそう…」
「オレも…吐きそう…」
「がっはは…ハァハァ」

彼女も、オレと同じで、2,3日寝苦しくて、
短パンにTシャツで腹を出して寝ていたらしい。
Photo_6

類は類を呼ぶのか…
まったく同じことをして、まったく同じ症状。

軽そうな会話に聞こえるかも知れないが、
二人とも息ハァハァ。鼻水じゅるじゅる。咳ゲホゲホ。

「とにかくハァハァ、来週にしようよ」
「ハァハァ…そうしよう…」

彼女もオレもここの所、凄いハードな日々を送っていた。
お互い、若く見えても歳だから体を労ろう。
と、慰め合い電話を切り、寝た。

オレは、枕元に、
水分補給だ!
水とポカリスエットのボトルを置き、
飲んじゃ、トイレ。飲んじゃ、トイレ。
夜の9時まで半分気を失いつつ寝た。

突然、寝ながら牛が浮かんだ。
Photo_3

「牛だ。ぎゅうだ!」

確か、あったはずだ。冷蔵庫の中をガサゴソ。

「牛ーー♪♪」

牛をフライパンでジュージュー炒める。
家人が慌てて飛んできて、

「何考えてんだ!ステーキなんか今食ったら吐くぞ!
 お粥作るから休んでろ!」

「うるせーぇーんだよー!
体力が無くなってる時は牛なんだ!」
「でも、胃が」
無理やりにでも
消化させんだぁーあーー!!

  あっち行ってろっーーー!!!!

皿にペタンとステーキ一枚おいて、ソースぶっ掛け、
獣のようにかぶり付き平らげた。

で、寝た。

夜中の12時、叉、ムクッと起き出した。
腹が減ったのだ。
おにぎりをひとつ握り、食った。
…まだ足りない…
コーン・フレークにヨーグルトをぶっ掛け、牛乳もぶっ掛け
モグモグ食った。満足。
Photo_4

ふと、気づくと、
家人はオレの前に座り、心配そうに見ていた。

「なんだよ」

「…ヨーグルト…下痢なのに」

「食いたいもん食うのが一番良いんだ」
「…」
「シャワー浴びる、汗で気持ち悪い」
「それだけは熱もまだあるし、明日に」
うるせーぇー!

シャワーを浴び、髪も洗い、腹巻きして爆睡。
今朝、7時。
とても気持ちよく目が覚めた。
昨夜の風邪もなんだったのか?

やっぱり、風邪には牛だな。おお!今年は丑年だ。
Photo_5

2009年7月 7日 (火)

七夕…ありがとう。

オレと母の好きな花の種類は、
正反対だった。

でも、ふたつだけ二人が好きな花があった。
ひとつは、山吹の花。
もうひとつは、ブーゲンビリア。

ブーゲンビリア…

薄い葉に鮮やかな色。

その、ブーゲンビリアが今日、突然、
ある方から届いた。

その方は、今日が母の命日だとも知らないだろう。
二人の好きな花とも知らないだろう。

でも、届いた…

とっても嬉しいなぁと思った。
25年ぶりに、母の、いろんな顔が私の中にあふれた。
Photo

2009年7月 4日 (土)

ロクデナシー!

先日、久しぶりにトニーレインズ氏と会った。
Photo

黒い服の、ご陽気Oちゃんは、
あっちの席、こっちの席と落ちつきなく大はしゃぎ…
Photo_2

突然、トニーの太股に手置く。
Img_1867

「おおー?!!」と叫ぶトニー。

そして、もう片方の手も。
Img_1868

おおー!おおーー!」と叫ぶトニー。

Oちゃんの変った愛情表現に、

「ロクデナシー!ロクデナシーー!!」
Photo_3

トニー叫ぶ。

なんか、意味なく楽しい夜だった。
Photo_4

「ロクデナシー」

今、ウチの流行語。平々凡々と暮らしています。

2009年7月 2日 (木)

無題

Nn

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »