フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 決断する瞬間の時 | トップページ | 初めての講義へ!そして踊り狂う♪ »

2009年5月30日 (土)

ジュテ〜ム♥トム来日♥

なんだか、慌ただしい今日この頃だ。
本当に最近は、アリンコの様に動いている。
そんな自分に感動する。

27日の木曜日、映画祭でいつもお世話になっている
相原女史から連絡があり、
ロッテルダム映画祭で知りあった
トム(フランスの映画評論家)が、
日本のどっかの大学で講義するため来ている
というので、食事することになり、
いそいそ会いに行く♥
会うなり、

「ハダジュバ〜ン♪ナガジュバ〜ン♪
 ジュテーム〜♥トム♥」

トムと熱い抱擁〜〜〜♥♥
相原女史も家人も毎度のことなので無視。
それから、夕張映画祭の方、若い監督のお二人、
皆、キラキラと眩しい。

お若い監督たちの歳を何気に聞く…
相原女史と家人が出会った、
二人の若かりし頃に生まれたと聞き、

「おお!」

どこからともなく声が上がる。
二人は、突然、じじい、ばばあ、の様な顔に変わる。

相原女史「年は経つものね〜」と、ポツリ。
オレ「んあぁ〜相原さんの場合、
         歳なんて関係ないですよ〜
        この業界で、家人にあんな怒鳴り散らすの
        相原さんしかいないもん。ロッテルダムの時」

家人「うん…あの時も恐かったけど、若い頃から恐かった」
若手「長崎監督を怒鳴り散らしたんですかっ!!?」
オレ「そうだよ。長崎、しょぼくれちゃって」
相原女史「そんな事ないわよー!
                 かおりちゃんだって一緒だったじゃない!
                 それに私はっ!
                 かおりちゃんみたいに外国の映画祭で、
                 通訳の人にパイプ椅子ぶん投げる様な事!
                 した事ないわ!!」

オレ「あれは、あの通訳の人が手抜きして、
         何度も、ちゃんとやってくれって言ったのに、
         やんなかったから、

        
『次、適当な事言ったら後で椅子ぶん投げるからな』
         
って、ちゃんと舞台上で、
         顔は笑顔で通しつつ事前通達しといたんだもん。
        それでも、手抜いたんだから、当然だよ。
         トニー(トニー・レインズ氏)だって、
        ぎゃあぎゃあ文句言ってたら、
       『何があったんだ?』って聞きにきて、
        その理由を話したら、
       『おお!やれ!』って許可したんだよ!」

相原女史「だからって、本当にぶん投げる!?」
オレ「だって、せっかく作った映画は自分の子供の様に
        大切じゃん!ちゃんと通訳して欲しいじゃん!!」

相原女史「まっ、そりゃそうね」
(詳しくは、右カテゴリーにある、
 『ロッテルダム映画祭珍珍道中!』に詳しく載ってます。
  珍事件だらけ。ワザとじゃないのよ。
  毎日をレポートしてらそうなっただけ。読んで下さい。)

そんな、会話を聞いていた若手監督達と
その他のお若い方は、始めからとても静かだったけど、
もっと静かになってしまった。

若い人だけが、ギラギラキラキラしているわけじゃない。
じじいでも、ばばあ(相原女史じゃないよ)でも、
関係ないんだ。ガッツよっ!!相原さん!
…でも、相原さんはそれ以上ガッツしないでいいよ。
ホント、熱気で近寄れなくなる。あっはは〜〜♪
オレ、相原さん好き。マジで。会って元気でる人!
大好き!!

トムと写真を撮る。撮ってくれたのは家人。
なんでオレが「ジュテ〜ム♥トム」と思いながらも、
こんな妙な顔してるかっていうのは……
Photo

家人がカメラをのぞきながら、

「なんか恋人同士に見えないな〜雰囲気ない…
  もっと、近づいて。もっと、ぐっ!って感じ!」

おめぇーはオレの旦那だろう…何言ってんだ…
芝居じゃねぇんだ。記念撮影なんだよ…
まったく、変な人だ。

オレらは明日、早い仕事があるので、お先に退散した。
来月は、また、映画祭でお世話になりまくりの、
ルックが来るそうだ。
その時は、相原女史の家でオレが手料理を披露する事に
なった。

さて!翌、28日、名古屋に出発!
と、思ってけど、これ以上長くなるのもなんなので、
叉、明日!!
お題は『初めての…(!!!!)』
ほんじゃ!

« 決断する瞬間の時 | トップページ | 初めての講義へ!そして踊り狂う♪ »