フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« おめでとうです。 | トップページ | 好き♥嫌い!① »

2009年1月 5日 (月)

元旦。見上げた夜空に

年末年始は、とても穏やかに過ごした。
年末、家人と二人で大掃除。
お正月は、家人の実家へ行き、
おかあさんの毎度美味しい、素朴な暖かい、お節。
今年で、この家に嫁として来るようになって16年目だ。

初めの頃は「何かしなくちゃ」
焦って、とても疲れた気がした。

いつからか忘れたけど、
おかあさんと台所で料理をしながら、

おかあさんはおとうさんの
へんな癖、ちょっとした日々の愚痴。

オレも、家人のへんな癖、ちょっとした日々の愚痴。

小さな声で、話しながらクスクス、
二人で笑い合うように…

「サラダ食べたいな。ねえ、レモン切って」
と、おかあさんが言った。
「あいよ〜」と返事をし、レモンを切りながら、
ふと横に立っているおかあさんを見ると
自分の目線がだいぶ下を見ている。
レモンを切る手元がぶれた…半分が変な形に…

「ぎょ」
「ふふっ」
「…ねえ、今年は二人で京都に行こうか?」
「いいね。行こう。行こう。私が案内してあげるわよ」

おかあさんは京都が大好きで、
毎年、ひとりで何回も行く。

「うん。でも部屋は別にしよう。オレ、タバコ吸うし、
 夜寝るの遅いし」
「ああ、それがいいね〜気使わなくて。あ、サラダ
 何入れようか?」
「ツナ缶でいいよ」

そんな会話をしながら、母サラダが出来上がった。
レタスにキュウリ、セロリの千切り、
トマト(おとうさんはトマト嫌いだから無し)に
塩を、ちょいと振り、レモンを搾るだけ。
今日のトッピングはツナ。
シンプルだけど我が家は、この“母サラダ”が好きだ。

「何かなー?月の下に光ってるの」

おかあさんが窓を開け、
夜空を見ながら大きな声で言っている。
皆でぞろぞろ窓に近寄り、見上げる。

「星にしては明る過ぎると思わない?」
「人工衛星じゃない?」
「あんなに明るいか?」
「動いてないよ」
「明けの明星ってやつ?」
「今、夜だよ」
「夜の明星?」
「夜じゃない、宵の明星ってやつじゃないか?」
「金星か?」
「えーそんなの見えるの!?」
4人で、ああだこうだ言いながら結局なんの星だか分からなく、
「寒いよ、寒い」
「飯食おう」
「気になるわ」
「ま、UFO、人工衛星でもなく、星って事は確かだね」
「でも、キレイね〜」

『おーい、飯にしよう』(おとうさん、家人)

いつもの事ながら、帰りは、炊いてくれたお赤飯、
きんぴら、煮物等々、沢山タッパーに。
さらに、お菓子、くだもの、
何かでもらった携帯ストラップ?
大きな紙袋が一杯になるまで詰めてくれる。
長崎家福袋を持ち帰った。

そして、お正月も終り、また、淡々と普通の日常。
今日の夕飯は、なんだか洋物が食べたくなり、
『ほぼ日刊イトイ新聞』をPCで見ていたら、
オムライスの写真が…で、我が家もオムライス!

でも、あの星、なんの星だったのかな。
ピカピカして凄くきれいだった。

« おめでとうです。 | トップページ | 好き♥嫌い!① »