フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 西の魔女が死んだ13 | トップページ | ジュワッ!と燃え尽きたい!! »

2008年6月 1日 (日)

西の魔女とまい

★西魔女14脚本奮闘記

西の魔女ことサチさんの入国手続に問題が生じ、
サチさんの代わりに、
オレが西の魔女になり、
『まい』のリハーサルが行われた…
ッたく今回はオレは脚本なんだ。
家人の人使いの荒さは分かっていたものの

なんだそりゃ〜〜!!と叫んだ。

それも、脚本の初めから終わりまで何度もやらされた…。
『まい』は子供で元気だからいい、オレはもうばぁ様なんだ。

でも、演技が初めての高橋真悠、
『まい』にとったら大切な事なので承知した…。
その代わり美味いもん食わせろと…


リハーサルをやっていると、
さすがに家人の映画に何度も出ているので…
なんとなく分かる事がある。


「じゃ、もう一回」
その時、オレを見ている…その目は…

今と違う感情でやれ!と言う意味だ。
それの加減、家人の場合、
とても微妙なのだ。

こっちにしたら、そういう芝居を
内容、相手の心理状態を踏まえつつ、把握しながら
次ぎ次ぎとこなす…凄い大変なのだ。


そんな事がなんども繰りかえされ…

『まい』の相手をしていて…

こいつ本当に演技初めてか?
と、内心度肝を抜かれた。


同じシーンで、おばあちゃん役のオレが、
まったく違う感情で何通りの芝居をしても、
高橋は必ず『まい』として芝居を返してくる。
…すげぇーなぁと心の中で思った。


突然怒ってみる。
そうしても、『まい』として自然と芝居をしてくるのだ。

意地悪もしてみた。
絶体、芝居を続けられないような意地悪を。

まいがわざとらしく無理な動きでセリフを言った。

監督が言う前に言ってしまった。

「お前、いま、無理してなんとかしようとしたろ」
「…はい」

「『まい』が動けないように、セリフ言えないように
 ワザとやったんだよ。
 そういう時は無理しないで監督に相談しな。
 動けない、言えない時は、
 脚本が悪いか演出に無理があるかなんだよ。

 映画にはカメラがあって、カメラを通すと、
 そういう事が凄く目立つんだ。
 いいか!?
    そういう小賢しい芝居は

     スクリーンってものが、これでもかってほど、
     みっともなく映し出すんだよ。

 
自分に嘘つくな。
 それからな、
   
こんな事くだらなくて聞けない!
   って思う事は必ず 監督に聞く。
   
そういうことが
   結構一番大切な事だったりするの


初めてなので感情を外に出す事が
どれだけ出来るか心配だった。


でも、そんな必要はなかった。


Photo_2(トラック野郎矢沢こと水島かおり)

とても勘がいい女の子だった。

こういう子と、たとえリハーサルでも芝居をすると
真っ直ぐに伸びて行って欲しいなぁと心から思う。


リハーサルが終わって、オレは疲れ果てていたけど、
あいつは差し入れのあんみつをガツガツ食っていた。


帰り、家人と車中で『まい』はどんな事があっても、
現場で急な変更があっても、大丈夫だよといった。


オレは美味いもん食うどころじゃなかった、疲れ果てて。


高橋真悠へ
Jpg_3
沢山いろんな事を経験して、
素敵な女優さまになって下さい。

« 西の魔女が死んだ13 | トップページ | ジュワッ!と燃え尽きたい!! »