フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

関西の卵丼!

Photoオレは関東人だが、
関西の卵丼が大好きだ!

微妙な甘さ加減!
鳥肉もかまぼこも入ってない!
卵と“だし”だけで勝負なのだ!
何度も、チャレンジして10回目に!
今日成功した。

諦めない事は良い事だ!
わっははは==!

食い物にしか興味がないオレにとって!

今日は良い日だ。

2008年6月23日 (月)

ワイングラスで筋肉痛

Photo先週の21日(土)脚本2作品目となる、
『西の魔女が死んだ』が公開されました。

パーティーでのこと。
サプライズ!美智子皇后陛下様が…!

出演者の方々の舞台挨拶が終わり、
打ち上げパーティーがありました。

現場のスタッフの方々も沢山集まり、
普段こんなに集まる事はないので、皆さんも
この映画をとても愛しているのだなぁ…と感じました。

しかし…
オレは人と話しだすと、瞬きもしないタイプで
相手に気持ちわるがられる。
今回も話に夢中になり、ワイングラスを同じ形で
ずーっと握りしめていたようだ…

翌朝、家人に「昨日オレの腕を殴ったか?」
と聞いた所、何もしてないという。

「そう言えば、ワイングラスをトンカチ
    今から何か作るかの様に
   ずっーと握りしめて妙な格好だった」

といわれ…原因が判った。

この腕の激しい筋肉痛はワイングラスを
一時も放さず握りしめていたからだ。

ああ、大人なんだから…
ああ、卑しい…グラス置いて話そうよ。

これからは大人の振る舞いにチャレンジして見よう。
ワイングラス持って、
こんな痛い筋肉痛になるなんて馬鹿げてる。

そして21日、初日に大きなサプライズもあった。

美智子皇后陛下様が…!

『西の魔女が死んだ』を!!

もう少しあの場に居れば
お会いできたのにーーっ!!きー!

打ち上げ会場の隣の施設に
美智子皇后陛下が偶然にも公用で訪れていたのですが、
国際児童図書評議会名誉総裁であられる
美智子様が映画のポスターをご覧になり、
既に原作本をお読みになられているということで、
配給会社アスミック・エースの宣伝プロデューサーより、
直接、劇場鑑賞券を献上させて頂くことができました。
(映画「西の魔女が死んだ」オフィシャルブログより)

皆さんも是非、見て下さい。
そしてオレはその夜、
スタッフの方々とお酒を沢山飲み!
三日酔いになり、
やっと今日から仕事が出来るようになった

2008年6月19日 (木)

キンチョー!!

一匹の蚊を退治できなくて、
顔や、腕をたくさん刺された。

「くっそっ!!」

顔の前に、やって来た蚊を、
キンチョースプレーでぶっふぁあーー!と
噴きかけた…が…自分の顔にも噴きかかった…

蚊は昇天。
オレも倒れた…

キンチョー…あんた凄い…
Photo_2

2008年6月16日 (月)

金さんでも良いじゃないか!

仕事は分かっている!!しかし!
今、夜中にヨーロッパのワールドカップ!

『EURO 2008』

昨夜の、トルコ対チェコ!!!!

おお!!NO======!!
チェコが勝つと絶体思っていた!

でも、トルコが凄い!!
後半の数分でも諦めず…勝った。
正直、呆然…。普通チェコだろ…
勝負の道は判らないね〜〜

日本なら萎縮して、足が動かなくなっているんじゃ
ないかなあ。
最近は見てないけど、今迄の感じなら…

やっぱ、命がけの選手の顔も素晴らしい!!
こんなにカッカッ燃えた凄い試合なのに、

昨日、夜中に解説をしていた、
ジョウ?ガム噛んで卵?水?かれられた人。
眠そうで、

「おいおい!帰らせて寝かしてあげたら???」

つい、サッカーに熱くなるオレでした。

ユニフォームも…何だな…
10年前からサッカーに夢中になり、
始めの日本代表のは、
『遠山の金さん』!!????
ダサくてびっくりしたけど、

なんで??今だに??

少しは良くなったけど…

こういっちゃいけないけど、
貧しい国でも、デザインは日本より良い感じに
見えるの…オレだけなのかな…

だったら浮世絵の柄で行こうよ!
世界のクリムトだって
浮世絵に感化されてんのよー!

『EURO 2008』を夜中見てる人なら、
分かるよね。あのスピード、根性!
パスが仲間に渡るのが普通。

日本はパスが仲間に行かないんだもん…

ユニフォームだけでも優勝したいよ!!
つい、熱くなっているオレです!
Photo







2008年6月15日 (日)

ぬか床

Photoオレはばっ子で、漬物なら何でもいい。
それがないとご飯が食べられない。

今年も、
ぬか漬けの季節がやってきた。
家のぬか漬けは、やっぱり美味しい。

でも…今年はらっきょう漬けを忘れた。
悲しい。
タルタルソースに刻んで入れると美味いんだ。
(今、スーパーに行ったららっきょうがあったぁー)

新生姜の甘酢漬けも忘れた。
悲しい。
自分で作ると甘味が加減が調節出来るので、
あんまり甘くなく美味いんだ。
それを太巻きにいれると凄く美味いんだ…
来年はカレンダーに、

『らっきょう』
『新生姜の甘酢漬け』

と、大きく書いておこう!

2008年6月12日 (木)

んがあぁ〜〜!

Cc_512月以来、仕事で以外何処も出てないと言った。
その長編の第一章が終わり、呆然…疲れた…焼き鳥

出たんだ…バンビと久々に。
焼き鳥…何故か二人は焼き鳥ばかり。

『西の魔女が死んだ』とはほど遠い…果てしなく遠い
そんな、
ぶっ飛び、
猛烈スピード、
ドッぴゃ〜〜ん!
ぎょーーー!!ぎょぇーーー!
水島ぁー大丈夫かぁああーー!!
な話を書いている…勿論書いている時は冷静です。

今月中に上げなければと思いつつ、
今を逃したら何処にも行けん!
と、バンビを誘いだし、しゃべり倒し、
食い!飲み!…お酒って飲んでないと弱くなんのね。
直ぐ眠くなる。
オレには丁度いいのかも知れないけど。

なぜだかその後、フルーツパフェ♥
もうこの段階で壊れていた。
焼き鳥屋の後にフルーツパフェ…
今思いだしても吐き気がする…でも食った。

外は自由で楽しかった♥♥

しかし、12月からの疲れがそれと同時に出てきて
ばばぁだ。しみじみと思った。
昨日は渋茶を飲みながらダウン…

今日から又、地獄…

でも、今後、焼き鳥とフルーツパフェの組み合わせは
やめよう…翌日とても気分が悪かった。

2008年6月 9日 (月)

西の魔女の家へ行った

★西の魔女15脚本奮闘記

撮影も半ばで落ち着いた所で、現場に行った。

Jpg_6

庭の花々、畑の野菜、
小道の両脇を小さな野花が咲いている。
溢れんばかりの緑…自然の凄さに圧倒された。

家は…本物の家だ。
家の中は…言葉を失うほど素晴らしかった。
壁紙の微妙な柄が、その部屋その部屋と違う…
それが心を和ませるのだ。

家具も、このダイニングテーブルに座り、
風に揺れるカーテン越しに
いつまでもハーブティーを飲んで
夕方の変りゆく風景を眺めていたい…

キッチンで料理したくなる。しなくても見ているだけで、
優しい気持ちになれる…

暖炉、その前に置いてある椅子…

リビングでゆっくり本読みたいわ〜

飽きたら散歩して…夢は膨らむばかり…

残念ながら二階は撮影していたので見れなかった。

でも、真剣に一週間くらい泊まりたいと思った。

今迄、仕事で素敵なペンションにも
沢山泊まって来たけど、
こういうペンションない!!

「二階改造して、二部屋でもいい。
   いや、三部屋出来るはず!
   ペンションにしてよ。
    無理なら庭でブランチでも
   食べさせてくれ。
   デッキでも良い。
   特別な凝った料理なんて
   いらないのよ〜
   空気が美味しいもの〜
   成田行って、飛行機乗って又、
   飛行機で帰って来て疲れるなら、
   少々高くても文句はでないよ〜
   どう考えても安上がりで
   何よりも疲れが癒されるよ〜
   直ぐ帰れるし〜
   ぺンションにしてよ〜〜〜」

と無理な注文をプロデューサーに言った。

写真を撮ってしまうと帰って直ぐブログに
載せてしまう自分が恐くて写真は撮らなかった。

でも、庭とデッキに簡単なテーブルと椅子でいい。
『西の魔女の店』
って、簡単なブランチ風の店だけでもいい。
して欲しいなぁ〜と思った次第でした。

もう一度、行くんだオレ!
Photo_3

2008年6月 7日 (土)

バカはバカだ…

2.3日前からなんとなく世の中が揺れている。
パソコンの画面も、キーボードが見えないな〜
よく、転ぶな〜

昨日、ぬか漬けセットが届いたので、
それを入れる壺を買いに行き、店の前でドッバーンと倒れた。

家に帰り念のため熱を計ると38度もあった…
2.3日前から多分あったんだろう。
Co_4

今、家人は『西の魔女が死んだ』のキャンペーン中で
昨日は札幌に行っていた。
有るブログで見た札幌の『じゃが豚』という食い物が
欲しくて帰り買ってきてくれと頼んだ。

買ってこなかったらそれは愛情の印だから
家にいれない。「野宿しろ」と。

家人が取材の待ち時間にスタッフに
「ジャガ豚、買って帰らないと野宿なんだ。
 家に入れてもらえないんだ」

と、何げなく言ったらしい。そしたら、

「今、監督に野宿されて倒れられたら大変だ!」
アスミックエースのTさんありがとうございます。
お疲れの所!!

街を走り回り、聞きまくり
やっと手に入れてくれたそうで。
本当にありがとうございました。
今度お会いしたら肩でも足でも揉みますね

……やっぱりオレ過激な性格ですかね?
本当に家に入れないと思ったんですよね。
そうです。家に入れませんでした。
Tさんのお陰で家人は昨夜布団に寝る事が出来ました。
でも、本当にありがとうございました。

何話していたっけ??そうそう。
12月から鬼嫁のように家人の実家にも帰らず、
家人が家に居るのも知らなかった…目に入らなかった。

野生のイノシシの様に業務をしていたのだから今迄、
まともに居られた事が不思議だったんだね〜

で、昨夜、そんな熱があるにも関わらず、
夜、体が火照っているので冷たいビールが飲みたくなった。

家人は目ン玉を見開きビックリしたが堪らず飲んだ。
美味かった。
家人が寝たので、
もう一本飲んだ下痢になり苦しんだ…バカだ。

駄目だと言われるとついやりたくなる。
やってしまう。

お腹が痛いのに胃薬を飲んでかき氷を食べ、
胃薬を飲んだにも関わらず痛くなる…
「おめぇーちゃんと役目はたせ!」
と怒鳴って見ても胃薬は何も言わない…

2008年6月 5日 (木)

ジュワッ!と燃え尽きたい!!

去年…ってもう今年も半年たったから後半年なんだ…
去年の12月にバンビとカラオケで遊んで、
それから、数回仕事ででて…
あとはパチコパチコ。

ぬぁーーーあああああああああ!!!

と叫びながらぁーー空をぶっ飛びぃーー!
Pg_4
大気圏でジュワッ!と燃え尽きたい!

熱っつー!!と叫びながら…
Photo_4

でも…
そんなバカな事を思ったってコツコツやらにゃ〜
Photo_3
書き上がらないんだ…

2008年6月 1日 (日)

西の魔女とまい

★西魔女14脚本奮闘記

西の魔女ことサチさんの入国手続に問題が生じ、
サチさんの代わりに、
オレが西の魔女になり、
『まい』のリハーサルが行われた…
ッたく今回はオレは脚本なんだ。
家人の人使いの荒さは分かっていたものの

なんだそりゃ〜〜!!と叫んだ。

それも、脚本の初めから終わりまで何度もやらされた…。
『まい』は子供で元気だからいい、オレはもうばぁ様なんだ。

でも、演技が初めての高橋真悠、
『まい』にとったら大切な事なので承知した…。
その代わり美味いもん食わせろと…


リハーサルをやっていると、
さすがに家人の映画に何度も出ているので…
なんとなく分かる事がある。


「じゃ、もう一回」
その時、オレを見ている…その目は…

今と違う感情でやれ!と言う意味だ。
それの加減、家人の場合、
とても微妙なのだ。

こっちにしたら、そういう芝居を
内容、相手の心理状態を踏まえつつ、把握しながら
次ぎ次ぎとこなす…凄い大変なのだ。


そんな事がなんども繰りかえされ…

『まい』の相手をしていて…

こいつ本当に演技初めてか?
と、内心度肝を抜かれた。


同じシーンで、おばあちゃん役のオレが、
まったく違う感情で何通りの芝居をしても、
高橋は必ず『まい』として芝居を返してくる。
…すげぇーなぁと心の中で思った。


突然怒ってみる。
そうしても、『まい』として自然と芝居をしてくるのだ。

意地悪もしてみた。
絶体、芝居を続けられないような意地悪を。

まいがわざとらしく無理な動きでセリフを言った。

監督が言う前に言ってしまった。

「お前、いま、無理してなんとかしようとしたろ」
「…はい」

「『まい』が動けないように、セリフ言えないように
 ワザとやったんだよ。
 そういう時は無理しないで監督に相談しな。
 動けない、言えない時は、
 脚本が悪いか演出に無理があるかなんだよ。

 映画にはカメラがあって、カメラを通すと、
 そういう事が凄く目立つんだ。
 いいか!?
    そういう小賢しい芝居は

     スクリーンってものが、これでもかってほど、
     みっともなく映し出すんだよ。

 
自分に嘘つくな。
 それからな、
   
こんな事くだらなくて聞けない!
   って思う事は必ず 監督に聞く。
   
そういうことが
   結構一番大切な事だったりするの


初めてなので感情を外に出す事が
どれだけ出来るか心配だった。


でも、そんな必要はなかった。


Photo_2(トラック野郎矢沢こと水島かおり)

とても勘がいい女の子だった。

こういう子と、たとえリハーサルでも芝居をすると
真っ直ぐに伸びて行って欲しいなぁと心から思う。


リハーサルが終わって、オレは疲れ果てていたけど、
あいつは差し入れのあんみつをガツガツ食っていた。


帰り、家人と車中で『まい』はどんな事があっても、
現場で急な変更があっても、大丈夫だよといった。


オレは美味いもん食うどころじゃなかった、疲れ果てて。


高橋真悠へ
Jpg_3
沢山いろんな事を経験して、
素敵な女優さまになって下さい。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »