フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 雨に、にあう花… | トップページ | 西の魔女が死んだ9 »

2008年5月19日 (月)

西の魔女が死んだ8

★西魔女8脚本奮闘記

さて、脚本書きが始った。
原作を片手に、原作に書いてあることを…
もちろん全て脚本に書くことは出来ないから、
そんなことしたら何時間の映画になるか…。

『西の魔女が死んだ』の物語の内容を大切に
起承転結を組み立てる、映画の骨組みだ。
家人と「ああだ、こうだ」と
声も枯れるほど話し続ける。

骨組みというくらいだから、
体でも骨組みがちゃんとしてなければ歩けないし
大切な作業。

「よし…」とその作業が終り、

おばあちゃんの、
1日の生活〜1週間の生活の時間割を作った。

花、野菜、自然の中で暮らすというのは
見た目一見美しいが、
その生活は大変なものだった。
朝起きると、庭の水まき、鶏の餌と小屋の掃除、
朝ご飯、洗濯、人間だから時にはティータイムで休憩、
昼ごはん、午後の休憩、お風呂、編み物もするだろう。
昼寝もするだろう。読書もするだろう…
畑の手入れ、掃除や窓のガラス拭き(毎日じゃなくても)。

…呆然とした…忙し過ぎる。嘘だよ…こんな生活…
「ばあちゃん死んじゃうんじゃないの?」
でも、何かの作業を削ると生活に
たちまち支障が起きるのだ。

自然と暮らす事は、
見た目と違いとても大変な事だと思った。

そういう生活をして居る方は、
『西の魔女』のおばあちゃんだけじゃなく沢山いるだろう。

気候の変動で時には思い通りに、
事が進まない事もあるだろう…
そんな事を何度も何度も自分で体験しながら
自然の中で自分なりの納得が行く生活を
長い時間をかけ、身につけていったのだな…
と…思った。

『西の魔女が死んだ』では、
おばあちゃんの1日の時間割は
とても大切な
脚本作りのひとつなのだ。
そういう事に適当に嘘をついたら、
この映画は成立しないと思ったから。

それでは!
西魔女9脚本奮闘記へ つづく
8_3

« 雨に、にあう花… | トップページ | 西の魔女が死んだ9 »