フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 西の魔女が死んだ11 | トップページ | うんこ好きなんだ »

2008年5月28日 (水)

西の魔女が死んだ12

★西魔女12脚本奮闘記

『西の魔女が死んだ』
おばちゃん、ママ、まい、
女三世代の話とイメージしがちだが、
オレにとっては、まず、始めに、

おじいちゃん(おばあちゃんの旦那さんね)
の存在をちゃんと考えようと思った。

おじいちゃんは、この物語の
大きなバッググラウンドなのだと。

おじいちゃんが素敵な人だったから、
今のおばあちゃんもある。

なので、家を作ると聞いた時、

『この家は、イギリスからたった一人で出てきた、
 おばあちゃんが、寂しくないように
    イギリスで生活していた様にはいかないけど、
 少しでも異国で暮らしやすいようにと、
 おじいちゃんからの、
 おばあちゃんへのプレゼントなんだ。そんな家だ!』

と家人に言った。

もちろん、和風の部屋もあるのだけど。

おばあちゃんの大きな心は、
おじいちゃんに沢山愛されたからこそあるんだ。

無条件に愛されると
人は優しくもなれるし
心が豊かにもなる。
そして、
自分ももっと、
だんだんと相手を大切に愛したい…

と思うんじゃないかな…
そんな夫婦だったんじゃないかなぁと思った。

でなかったら、おじいちゃんが死んだのに何故、
イギリスに帰らないのか?妹も親戚もいるだろう。

でも、
おばあちゃんは、
おじいちゃんの存在が見えなくなっても、
二人で暮らしてきた二人の場所を離れたくなかった。
おじいちゃんを感じながら、
一人になっても二人で生きて来たように、
この場所で暮らして行きたかった。

「いつまでも、あなたと一緒なのよ」

と、勝手に思い…大きな愛だなと感じた。

Jpg_2
そんな思いで、カットされたけど、
お茶を飲んでいるおばあちゃんを
おじちゃんが静かに見守っているシーンも作った。

それと、おじいちゃんは
とてもユーモアもある人なんじゃないかなとも思った。
で、キュウリとジャムのシーンを作った。

オレにはこの物語を読んだ時、
おじいちゃんの存在がとても大切だと思った。

西魔女13脚本奮闘記へ つづく

次回は、
役者さんとのデッスカッション、
リハーサルなどの
お話をして行こうと思います。

« 西の魔女が死んだ11 | トップページ | うんこ好きなんだ »