フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月26日 (金)

一匹ひつじ(15)

 161_3














162_1













163_1


2007年1月23日 (火)

見てよ!今日夜7時『遠山の金さん』

今日の夜、7時からテレビ朝日『遠山の金さん』にゲスト出演するんだ。
テレビ二年ぶり〜〜♪見てちょんまげ♪Photo_110

2007年1月19日 (金)

冬のソナタ

いやぁ〜今度の風邪は辛かった!
こんなに寝て過ごした風邪は15年振りくらいだ。
日記を読むと昨年暮から風邪をお召していた事がわかったが、
根性が曲がっているオレは風邪を否定し続け、
こじらせ寝込んでしまった。相当酷かったのか激ヤセ。

「どう?村上里佳子みたいにセクシー?」
と家人に聞いたら無言。何とか言えよぉ〜。

髪も洗えない状態だったので気分転換も含め、
美容院に汚い髪を洗って欲しいとお願いし久々の外出だ。
オレの行っている美容院は値段はリーズナブル。
腕も良い!客も一人一人しか取らないので、
毎度自分の家のようにワーワー話して帰ってくるのだが、
今回は寝込んでいた時、久しぶりにテレビ鑑賞をした
オレはいつもの倍以上に話題も豊富で盛り上がり家に着くと
声がかすれていた。

最近の余りにも短絡的な殺人事件の数々の話から始まり、
突然『冬のソナタ』の話になった。
シャンプー担当のSさんが
「あれ、まずいです。ハマりそうなんです。」
と言うので
「ハマるんだよ〜」
と盛り上がった。
今、午前中、再放送されているとか…。
実はオレ、初めての放送の時「どらどら?」と、
軽い気持ちで見始めたらハマってしまったのだ。
これは百恵ちゃん大映赤いシリーズ全てまとめて丸大ハムの
様にギュウギュウに紐で締め込んだ様な話だ!
次はこうなるんだろうと予想はついていても見てしまうんだ。
なぜ!どうしてさっ!!時にはなじり、時には涙もした。
でも、冬ソナブームが起こり変な所見栄っ張りのオレは
見てない振りをしたけど、実はハマっていた。
チェ・ジウが東ちづるさんに見える…
ヨン様は、銭形平次の大川橋蔵がかつらをとった時の顔に
似ている。
ヨン様=大川橋蔵話は、回りから猛反発をくらったが、
今でも大川橋蔵に見えるんだよなぁ〜。ヨン様…。

……それから、懐かしき『24』の話になった。
Sさんはまだ未見らしい。
オレは「体を壊すから見るのはやめた方がいい」と助言した。
オレら夫婦は『24』シーズンⅠを見た時、途中で見る事を
止められなくて…一気に見て体を壊したのだ…
途中、近所のツタヤに行ってもなく、渋谷、新宿のツタヤまで足を伸ばし最後まで見終えた時、二人で倒れた。
それから期待してシーズンⅡも見たけど、何だかたるかった。
家人は「なんか違う。スタッフが変ったのか!?」
字幕を見ていたけどオレはスタッフが変ろうと何だろうと、
つまらなくなったものは興味がないのでそれからは見てない。

そして、『LOST』だ。
もう、大分前だけど、皆が飽きた頃に見ようと思っている。
そろそろかなぁ〜

(オーストラリアのシドニーから米国のLAに向かって飛び立った航空機が、乱気流に巻き込まれて墜落する。機が堕ちたのは、ある南の島の海岸。そこで多種多様な人種からなる生存者48人は救援を待つが、何日経っても、救助隊は来る気配すら無かった—。
それどころか、島には謎の怪物が出現するなど怪現象が発生し、いつの時代に放たれたか分からない電波が到着。生存者たちがいるのは一体どこで、いつなのか!?〜生存者たちが抱える意外な過去も明かしていく。しかもそこでは、彼らが過去に何らかの接点を持っていた事実までが明らかに…!?)

おお〜〜好きよ〜〜こういうのぉー!
もう、ツタヤに行ってもいつでも有るかな?と思っていたら、家人が、
「お前が好きそうなのがあるよ…『デスペレートな妻たち』」
というシリーズ物。
原題:DESPERATE HOUSEWIVES
「デスパレート」とは せっぱ詰まった、がけっぷちの、
 絶望的な、という意味。

どういう意味さ…。と思った。
あんたにはオレはそんな風にっ!
見えているわけってぇのーーーーっ!!!
きーーーーー!!Photo_107

2007年1月15日 (月)

オレと家人(5)

実は…のどかそうなブログを書きつつも…
本当は猛烈な不良に…最近までなっていたオレに等々天罰が下ったのか、近年稀にない大風邪を引き大発熱大鼻水、
腰は捻りギックリ腰寸前!

「ああ!天罰だ!天罰だぁ!!
「違うよ。ただ風邪引いただけだよ。
 腰ひねっちゃっただけじゃないか。」
「なんで、あんたは此処の所オレにメチャクチャに
 されながら、そんなに優しいのよっ!  
 もうっ、もう!本当に反省だわっ!!」

「反省なんてやめろよ。
 お前じゃなくなっちゃうじゃないか。」

「けなしているの?褒めてるの!?どっちよっ!!」
「だって、お前反省出来ない人間じゃないか…。」
「くっ…。」
「それにいつもの事だよ…何かから逃げてる時の…」
「ひっ酷いっ…」
「ごめんよ…。」
「謝らないでよっ!もう、逃げないっ!」
「逃げられないだろ、そんな体じゃ。」
「うるさいっ!!黙れっ!!」
「そうだよ。それでいいんだよ。」
「あんたオレの何処が好きなのよっ!」
「全部だよ。」
「顔だけなの!?全部って何処よっ!!」
「予想つかない所だよ…」
「何それ?」
「…腹こわしてるのに、かき氷食ったり…材木屋の…」
やめてっ!!もう、聞きたくないっ!仕事するっ!」
「意味ないよ。休んだ方が…」
「うるせーっ!!」

家人に、オレの優しい所をひとつでもいいから
言ってくれといったら「ない。」と言い切った。

あっ!ティッシュを取りに行ったのに、トイレットぺーパーだ…くそっ!
もう、逃げないぞ!!トイレットぺーパーも紙は紙だっ!
今、オレはハンテンを着てクビにはタオルを巻き、鼻の穴は
トイレットぺーパーで塞がれ、腰には腰ベルトをしながら、
人にはけして見せられない姿でペンをカリコリを動かしている
…そんなこったぁーどうでもいい!!
約束を守ろう!!今年こそは大人の女になりたい…。
いや…それは遠い夢だ。
普通の女に、人間になりたい。なろう!今年こそ!!

2007年1月14日 (日)

さて、これは何でしょう?

Photo_96従姉妹の子供が粘土でオレに作ってくれました。
それにしても子供が自然と作り出すモノの可愛らしさは
たまりませんね♪
さて、これは何でしょう?
「秘密の生きものなんだ。」と耳元でそっと言うので
そういうことにしておきました。
(たぶん、亀だと思うけど…)

2007年1月 5日 (金)

矢沢永吉&イチロー!

Photo_79オレの兄貴は昔、今は分からんが、E・YAZAWAが好きで、 兄貴の部屋の壁にはどでかい矢沢永吉のポスター、
もちろん!E・YAZAWAのタオルも壁に貼り付けてあった。
そして、キャロルクールスのアルバムも飾られていた。
オレはその頃、「うるせ〜ぇ歌だな…」と思っていたのだが、昨年くらいから何故か理由はわからないが、矢沢永吉のファンになっている…。
CDも聞きまくっている!久々に聞いた、
「雨のハイウェイ」「ウイスキーコーク」

青春を感じ涙した!
そして、全てを持ち合わせているイチローに嫉妬を感じ、
(相変わらず心が小さいオレだ)嫌いだったが、
昨年の2006.3.23のブログ、『イチローごはん』
で大好きになった。ああ、単純なオレ。
今年、本屋に行ったら、
そんな二人が並んだ本を目にして迷わず買った。
今年のお初本だ!!
『イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学』

今読んだ。中途半端に言えないので言わない。
だだ、「サイコー!」

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »