フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 手塚眞監督と!! | トップページ | ロッテルダム映画祭・その11・地元テレビで大問題! »

2006年12月 2日 (土)

離婚捕物帳!!

京都での仕事も充実して、帰りの新幹線でこれからの仕事の
計画を立てていた。
うん!今週中はゆっくり休んで、来週から頑張ろう!!
と…しっかしだ!
玄関を空けて待ち受けていた家人の笑顔が気持ち悪く、
嫌な予感が的中した。
ある事を頼まれたのだ。オレも断ればいいのに、
いつもの事なので、
「まぁ、少しなら…」と引き受けた……が、
その事はオレの仕事の予定を大きくぶち壊したのだ!
2日間ほぼ完徹!
「動悸がする…」
「求心を飲め。飲めば直る」と飲まされ、
あいつの人使いの荒さは世界一だと思う!!
その後も半徹…そんな事をしている内に、オレの予定の来週が来てしまったのだ!その来週の初めはトイレに歩いていけないほど目まいがして、這ってトイレに行く日が2日間も続き、
オレはぶち切れた!
こんな男と一緒にいたら、オレの仕事が出来ない!
2,3年前もそんな事がとても長い期間続き最後の所で大げんかになり、オレは発狂して10日間家出をした。
丁度その時、友達が実家に帰るというので一緒に連れていってもらった。
そこは携帯の電波も入らない山奥で、
夕方、皆で少し歩いて電波が入る所にいって携帯の留守電を聞きに行く。オレの携帯には家人の電話だらけだった。
「何処にいるんだ!連絡をくれ!」
「悪いけど、これだけは譲れないんだ」

とか馬鹿馬鹿しい事だらけだったのでオレだけそれから留守電を聴きに行くのをやめた。
家人がそんな心配をしている時、オレは地元の子供達に交じって、橋から川に飛び込んたり、木登りしたり、水鉄砲大会を開いたり、本物の野猿ように遊んでいた。素晴らしく楽しい日々だった。
そしてお百姓さんがかぶる麦わら帽子に真っ黒な野猿の
ようになって家に帰ったオレの顔を見て、家人は泣いた。
オレは「なんなんだよ。もういいよ。忘れたよ。」と男らしく言った。
でも、今回は〆切りが2つも過ぎている事もあり発狂を通り
過ぎ、家人に冷徹に話した。「離婚したい。年内中にーーー」
家人はオレが今まで見せた事のない冷徹さだったので言葉を
失い青ざめ…目が充血していた。
何泣いていやがんだこいつは…その日の夕食は鶏鍋。
「飯できたよ」
「食欲ないんだ…」
「えっ、具合悪いの!?」
「違うだろ…そんな話しの後で…」
「何言ってンだ!作ったんだから食いな!」オレ完食!
たしかに考えれば、そんな話しの後に鍋っていうのもいささか妙だ。しかしそんな冷静さを装った反動なのか、回りの知り合いにはわーわーと「離婚するんだ!」と騒ぎ立てた。
オレは本当に真剣だった。
オレはたまに、とてつもない決断をして突っ走り
ドッカーン!!と大失敗をする事を知ってる皆は本当に心配してくれた。
昔、一度別居した事があるのだ。これは有名な話しで、
叉オレの暴走で結局、お金の無駄使いと、今だ大爆笑しかされない事をしでかしたことがあり、
「離婚の前に叉、別居するっていうこともあるんじゃないか…」とか、いろいろ助言してくれた…。
そして、ミドリさんが「話そう」と言って会う事になり、
昼飯をご馳走になって、
「あんな奴の顔見るのもうざい!!」
とか散々言う事だけいって…ミドリさんが最後に
「で、本当に離婚したい?」

って聞かれてオレは
「………」

となり、
「好きなんでしょ?」
とか言われて、
「………。」
で、離婚騒動は終わってしまった。バカみたいな話しだ…。
いい年こいて、今書いていてもバカみたいだ。
ミドリさんには、
「早く帰って心配してくれた人達に連絡して謝りなさい。」
と言われ、速効で帰ってお詫びの連絡を入れた。
バンビは心配し過ぎて半泣きみたいで…
オレも本当に何やっているんだろうと反省した。
いつまで経っても大人になれない!
でも、あいつが泣いたの2回だから、2度ある事は3度あるって言うし…
今度はいつ、あいつの涙目を見られるんだろう…
今度はカメラで撮ってやろう。
今、家人の仕事も終わり、
昨夜、2人でオレのお気に入りの、ジョニー・トウ監督の
『ブレイキングニュース』を見ながら、
「なんだ!ジョニー!
 ミッションやロンゲストナイトや
 ヒーロー・ネバー・ダイ!暗戦の泥臭さは
 何処にいったんだ!あの渇き切った空気は!
 ぷんぷんする匂いはどこにいったんだぁああーー!
 デジタルな絵や人間なんて
 おまいには撮って欲しくないーーーー!!!」

とテレビに向かい叫んでいる自分は幸せなのかも知れない。
いや、幸せなんだろう。
家人も叉、来週から次の作品に入る。
少し優しくしてやろう!今度こそ!                                                                                                                  
話しはがらりんと変りますが!                                                                           
右のカテゴリーにある、ロッテルダム映画祭裏日記が、
『長崎俊一映画特集』の1日目の途中で放りっぱなしで
凄く気になっていたのでダイジェストでお送りしようと書き始めたら…まぁ〜事件が多い事、多い事!
ダイジェストじゃなくなっちまった。
でも、せっかく書いたのだから3回くらいでお送りします。
笑いあり!涙あり!事件ありと、
相変わらず飛ばしてますが、
これは出来上がっているので楽しみにしていて下さい。
Photo_67

« 手塚眞監督と!! | トップページ | ロッテルダム映画祭・その11・地元テレビで大問題! »