フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 一匹ひつじ(8) | トップページ | ココログ!問題発生ーー!! »

2006年9月14日 (木)

バンビを追い出す!!

オレから「家にきて脚本書けば〜」と誘ったにもかかわらず、
新しい自分の仕事(女優さまの仕事じゃない)の
準備に入らなくてはいけなくなり、
家人の映画の撮影準備も過酷になってきたので、
バンビに「いい加減、帰れ!」と追い出した。
家人には自分で呼んでおいてなんて勝手な人間なんだとなじらたれた。
バンビは健気にも明るく3週間使っていた部屋を
ひとりモクモクと片づけ、大きなリュックを担ぎ家を出た。
その後2人で食事をした。が…
その食事中オレはバンビを苛め泣かした。
よく、女2人で旅行するとケンカになり2度と友達の関係に
戻れない…うんぬん、と聞くがやはり3週間一緒に生活すると同じような事が起きた。
考えて見れば家人と結婚した当時2人で暮らすのになれるまで3年間の時間がかかった。
それを考えれば、オレがバンビになんの考えもなく家に来させ勝手に出て行けということ自体、被害者はバンビなのだ。
にも関わらず、店で、オレはバンビに
「お前は人に甘え過ぎんだよっ!!
 なんだ!その依存症は!!」
「お前なんか映画なんか作るな!」
「スクリーンが汚れる!」
「結婚もできねぇー!」とバンバン言い、
バンビの号泣もバンバン激しくなり、
店の人もオレ達の周りに客を座らせられないほどだった。
泣きじゃくってるバンビを目の前にオレはだし巻き卵を食いながら、
「今日の泣きは出来が悪い」と言いながら
「カメラ持ってくればよかったなブログに載せられたのに…」とタコ刺しを頬張り、
女はよくもこんなに泣くものだなぁ〜と
ブチブチいいながらバンビが泣き終わるのを待った…
長かった…。女はこりごりだなと思った。
で、次のカフェで2人でケーキを食べているとバンビの彼が
迎えに来た。とても良い人そうで心が痛んだ。
この心根が良さそうな彼も
バンビの餌食になるんだなと思うと、
美味しいはずのチーズケーキも咽に詰まった。
男諸君!ちょいと可愛いからって女は顔で決めるなよ。
心だよ!!
ちなみにオレは『自分に優しく、人に厳しく』がモットーで
生きている。
さぁ〜仕事するベぇ〜。
Photo_95 

Photo_106



Photo_98

    




Photo_105

« 一匹ひつじ(8) | トップページ | ココログ!問題発生ーー!! »