フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

W杯メール対談3

S女史さんへ


先日はテンション高く夜中に電話してスミマセン。でした。

スペインが終わってしまいました〜
フランスが凄いことになっていてビックリしました。
スペインは勝ち進んで行くもんだと勝手に決めていたので、
まだ、ボーッとしてます。
何がどう変るかって分からないもんなんですね。
ラウル水島でした。


びっくりしましたね。
あまりにも仕事させてもらえなくてヤング・スペイン。
ジダンマケレレテュラムビエラのオジンカルテットに。
さすが元王者たち。まだまだ若いモンには負けません。
ジダンは千両役者ですね。
引退花道を自分で演出してしまいました。
超一流とはこのことだ。
ラウル王子も4年後目指してまだまだ精進してもらいたいです。
王子のまま引退じゃ寂しすぎます。

しかし我々のワールドカップはまだ終わりません。
土曜日までに体力回復して万全で最終章に挑みましょう。

スミス


確かに…体力回復しないと…結構ぼろぼろかもしれません。

2006年6月28日 (水)

スペインが…。

Photo_50











スペインが…。
オレのワールドカップが終わってしまった……。

2006年6月26日 (月)

オレとバンビ2

バンビ「姉さん、その鼻の頭、、、、赤過ぎ」
オレ「何言ってんのよ、、、あんた。分かってる?真面目なさ、脚本の話をしててさ、そりゃ鼻水だって垂れるってんだよ。鼻水ぬぐえずに真剣に話してたら鼻が赤くなっただけ、、、」
家人「あー!!!!!今やってたのにな!!!!ルーニーの突破!!!」
オレ/バンビ「何言ってんの!もっと早く言ってよ!」
家人「、、、だめだ、、、遅れちゃう」
オレ「(バンビに向かって)、、、お前、太ったな」
バンビ「、、、う、うん、、、、」
オレ「お前のその太い腿見てたらさ、お前、そのままW杯出れるよ。ルーニー蹴れるよ」
バンビ「ひどいなっ!」
オレ「大体何だお前、その胸のあいた服。そんなの着て来やがって!」

バンビ「、、、あんた、好きなくせに」
オレ「、、、好きだよ。おっぱいの血管が出るとこがいいよな」
バンビ「切ない!」
オレ「プヨってしていていいよね。うずめたいんだよな。オレは。お前の胸に」

バンビ「意味がわからない!」
オレ「お前!これを台本にイカせ!」
バンビ「はぁ、、、じゃね、言わせてもらいますよ。アンタさっきロート胸がどーしたこーしたの話の時に、胸、見せましたよね」
オレ「あ、オッパイ見せたってこと?」
バンビ「そう」
オレ「何だよ」
バンビ「、、、腹ですよ。アンタの腹ですってば」

オレ「、、、、(沈黙)おまえ〜!ケンカ売ってんの?オレの胸は何?腹なの?」
バンビ「そう」
オレ「オレはオッパイを見せただけよ。腹なんか見せてねぇよ!」
バンビ「腹、、、なんですよ」
家人「おっ!イタリア戦やるぞ!」
〜〜〜〜〜オレ、バンビを襲う〜〜〜〜〜
バンビ「やっ!やめてよ!」
オレ「バンビの胸見たから、、、でもオレ、紫好きよ。その服、いいよ。匂いも良い、、、布団に埋めたくなるよ」
バンビ「もーっ!やめてっ!セクハラ!」
オレ「(目が据わりながら)セクハラーッ!?セクハラってのはさー、男が女にやるもんなんだよ!、、、お前、したたかだよね。なんかオレに肌の匂いまで嗅がせといて、、、なんかひどくない?今日は脚本の打ち合わせなんだよ!」
バンビ「、、、、」
オレ「そこら辺、どーなの?ねぇ?」

バンビ「、、、、」
 
バンビ「、、、あ!姉さん!イタリア対オーストラリア戦始まるよ!」

〜〜〜〜オレ、バンビの眉間に拳を入れる(梅干し)〜〜〜〜

2006年6月25日 (日)

オレと家人2

オレ「ドイツのバラックって、マット・デイモンに似てるよ    ね。ラッセル・クロウにも似てるね。若がえらせて痩せ   れば。」
家人「……」
オレ「イングランドのルニーもジーン・ハックマンに似てる    よね。年取ったら」
家人「……」
オレ「ドイツ今回優勝しちゃったりして」
家人「ジミーちゃんに似てるよ」
オレ「誰?」
家人「バラック。」
オレ「えーーーーーーーーっ!!ジミーちゃんっ!?」
家人「よく見てみな」
オレ「…………うっ。」
家人「ねっ。」
オレ「じゃ、マット・デイモンもラッセル・クロウも
   ジミーちゃんなの?」

家人「そういうことになるんじゃないの?」
オレ「……もう、あんたとサッカー見たくないよ。        話しかけないで!」
Photo_48

2006年6月24日 (土)

ネドベドに泣いた。

イタリア対チェコ戦のチェコのネドベドの凄さに感極まり自分でも知らないうちに涙が出て止まらなくなった。
若いもんが走れなくなっているのに1人でボールを取りに行き1人でシュートを何度も入れに行く…2ー0で負けてしまい、チェコのワールドカップは終わってしまったけど、ネドベド!言いにくい舌咬みそうな名前だけどオレは感動した!33歳なのに凄いぜ!ネドベド!!体力って大事だな…Photo_152画材がなくなり世界堂に買い物に行って、たこ焼きが食べたくなってたこ焼き屋を探して食べたら眠くなったけど、
『のだめカンタービレ』
の15巻が出てるから本屋に行った時は体力がなくなり思考能力もなくなってしまい間違って14巻を買ってきたことに気付いたのは家に帰ってからだったよ。くそ…  14巻2冊も持っててどうすんだ!体力って大切だな。
くそっ。

2006年6月22日 (木)

オレと家人

オレ「きれいな肌してるわね〜ドウラン塗ってんのかしら?」
家人「選手が塗ってるわけないだろ」
オレ「……」

オレ「地方のおみやげ屋のペナントは欲しくないけど、
   あの交換してるペナントは欲しいわね」

家人「……」

オレ「誰か、飛行機代とホテル代とスペイン戦のチケット
   タダでくれないかなぁ。席は前の方がいいな」

家人「……」   
オレ「それとグランドの周りにトラックがないスタジアムが
   いいよね。よく見えるから」

家人「……」
オレ「ちょっとさぁー、何とか言ったら?オレはあなたと
   話してんのよ」

家人「言い様がないよ」
オレ「なに!?その言い草!!やっぱり結婚生活も10年過ぎ   ると投げやりになるよねっ!」
家人「貫録出てきたよ。フィーゴみたいに。」
オレ「うるっさいんだよー!!」(ボコボコボコッ!!!)

 (…時間経過…)
  ポルトガルの選手とキーパーがゴール内で仲間同士抱き   あってます…

オレ「えっ…なに?あの二人…何してんの…やっだぁ〜」
家人「キーパーの腹蹴って心配してんだよ。なに考えて      んだ…」
オレ「ビックリした〜凄い大胆〜って。ああ、ビックリした」
家人「もう寝なさいよ」
オレ「だって、変に彫りが深くて色っぽいからドッキ!って
   するじゃない」

家人「あんな所でナンかするわけないじゃないか」
オレ「あんたこそ!さぼってないで仕事しなさいよっ!!」
Photo_43

2006年6月21日 (水)

W杯メール対談2

青=S女史プロデューサー赤=オレ(6月20)

やっぱジーコと違うねアラゴネス爺は。 ゲームの流れを変えるための積極策。 後半10分には3人変えちゃってるもんね。 潔いジイちゃんだ。
最善の手を打って、それで勝てなきゃ仕方がない、っていう腹のくくり方。
もちろん、それで勝てないってことも間々あるサッカーだけど、 そんな時には人生とか運命とか考えさせられるけど、
昨日は違ったね。
ちゃんと監督の信頼に応えられる選手たちがいた。
ホアキンのクロスをセスクがシュートしてコボれたところを、
ラウーール、ラウーーール、
ラウーーーーーーーーーーーーール!!!

交代した3人だからね。監督冥利につきるよね。
そして、あまりの歓喜で
「指輪へキス」のパフォーマンスを忘れたラウールでした。
うちのプジョルの失態はこれでチョー消し。
チョーハッピー。(S女史)

凄い嬉しそうだったよね。涙しちゃったもん。
流れが変るんだものね。

ジーコは選手の気持ちになりすぎるのかな?
選手が走れなくなっても、自分だったらまだ走れるから大丈夫だろうって思ってるのかな?
よく分からない所で交代するよね。素人が見てても謎だ…。
でも見ちゃうんだろうな。22日朝。

そうだバンビがね、『ゴール!』って映画を見たら、
S女史さんの言っていた意味とは違うと思うけど、ジダンがジャイアント馬場に雰囲気が似てるって言ってた。
長崎さんもジダンのジャイアント馬場説は頷いていました。
オレは…。
ジダンは次ぎ欠場だから負けるかな?そしたら、あの、韓国戦が最後になるの!?
えー…。
夕方見ましたよ。韓国凄かった。根性という文字が見えた。

まっ!いろいろいあるけど、これで叉、オレのラウルが活気づいてくれたら嬉しい。
オレもチョーハッピー!
後はE組が気になる。どうなるんだろう。(オレ)

2006年6月20日 (火)

やっぱり見ちゃった!ラウル!

Photo_42やっぱり見ちゃったよー!!
15日の『ラウルは死ぬまでラウルです!』でS女史プロデューサーが言っていたことは、そのままズバリ本当でした!!
感動です!!
なんせ朝なんで家人が寝ていることもあり無言で踊り狂ってしまった!涙も飛びちってしまった!あなたの奥さんになりたい!!でも、あなたの奥さんは凄い美人でナイスバディなんでしょうね。
…恋をした女はちょっぴり弱気。やっぱりメイドでいいわっ!オレをスペインに連れてって〜!!アンダルシァ〜〜〜〜♪♪
起きたら、S女史プロデューサーと左上にあります『BAMBI☆BONE』の監督、渋谷のりこことバンビからメールが届いていて愛を感じた良い日です。ラウール〜!
くっそー!!何だか分からないけど頑張ろう!!

息切れ…ラウル!!

Photo_41オレのラウル…ごめんね。
今日の朝の4時からなんて観れないわ。だって、オレなんだかんだいっても42才のおばさんなんだもん。…もしかしたら、おじさんかもしれない…。
昨日の日本戦で興奮し過ぎて、次のブラジル対オーストラリア戦でついに体ボロボロ…仕事もしにゃ〜ならんし言い訳も通用しなくなってきたし…焦ってるの。
だから今日はおとなしく寝るわ。夢でオレを襲って♪

2006年6月19日 (月)

日本対クロアチア戦!

Photo_155

緊張して…つっ、疲れた〜。ふっ、ふあぁぁぁ〜〜〜〜。

2006年6月17日 (土)

おお!アルゼンチン!!

アルゼンチン!おお!アルゼンチン!!
なんて見ごとなパス回し!芝生の上とは思えないほど!
余りに華麗過ぎてピッチの上のイナバウアのよう!!
前半は開けた口が閉まらないうちに試合が終わってしまった。そして後半、お初にお目にかかります。噂のメッシ!    ひっはぁ〜こういうことなんですね〜と1人ブンブンと納得!ああ!!是非!スペインアルゼンチン戦を観てみたい!
途中に映されるマラドーナもいいよね!マラドーナが映されると、あのアメリカ大会でカメラに向かって「うわぁー!!」って目がぶっ飛んで突進してくる姿が大好きで、観客席からありえないけど突進してきてくれたら…と思うのはオレだけかなぁ?とにかくマラドーナが映されると嬉しくなる!しかし、あれだけ6点も入れられるとさすがにセルビア・モンテネグロが痛々しく感じた。でもこれが世界レベルの戦いなんだな。
さぁー!次の試合!!凄い睡魔に襲われてたけど、コートジボワール対オランダ戦を頑張って観た…早くもオランダが2点を入れてしまったので寝ることにした。が、フンをもよおしトイレの帰りに気になりテレビスイッチオン!おおー!
後半戦!!なんて凄い試合なんだ!コートジボワール頑張っている!涙がチョチョ切れるほどの健闘ぶり!だが、なかなか決まらない!ちょいとーっ!審判!オランダに甘いんじゃないの!!としっかりコートジボワールを応援している。なんか応援しちゃうんだよね!最後の最後までオレは拳を握りしめて夜中に大声を発していた。……コートジボワールはこれでワールドカップを去ることになったけど4年後が楽しみ!凄く好きなチームだ!最後まで走り抜き諦めない精神!惚れたぁ〜!  これぞ男の戦いだー!! 明日は日本戦!男の戦いぶりを見せてくれー!!
Photo_61

2006年6月15日 (木)

ラウルは死ぬまでラウルです!W杯メール対談1

ミドリさん、ブログチェックしてるよね〜?はーい!    ハロー!!仕事はやってますよ!でも、スペイン戦はオレのラウルがいるのでどうしても見なくてはいけなかったんですぅ〜頑張ってますから!ということで、やっぱりスペイン凄いじゃないの!しかも若手バンバン!4点取ってもどこまでも点を取りに行く姿勢にゃ惚れた〜♪決勝リーグ楽しみだ。オレのラウルは後半11分くらいから出場した。ラウルらしい所もあったけど世代交代なのか…と哀しく感じる所もあった。試合後哀しさが募り知り合いのS女史プロデューサーに「ラウルが走れない!!」と泣きのメールをしたら以下の返信がありオレは涙した。
『スペインは若手で再生してきました。
名前や実績ではなく新しい可能性で勝負してきました。
それが功を奏した昨日のゲームです。
しかしゲームを締めるのは、やはりベテランです。
若手は調子の乗った時はいいけど、崩れた時には
ベテランの経験と知恵が必要です。
そこでラウルの登場です。
先発落ちしても腐らずチームのために闘うのが
スペインの至宝、ラウール王子の王子たる所以でしょう。』

なんて素敵な文章でしょう!!でも…凄く感動していたのに 引き続きこのような文章がありブッホッ!!と吹き出し画面を唾まみれにしてしまいました。

『ジダンだって、往年のキレは全くありませんが、
ジャイアント馬場のようにピッチに君臨しているだけで価値があるのです。』

ジダンがジャイアント馬場か…
しかし!ラウル☆ホントよ!あなたは死ぬまでラウルよ!!あなたが選手である限りオレはあなたの虜〜♪  スペイン語は話せないけどメイドでもいいならいつでもあなたの側に行ってよ〜!!
Photo_64

2006年6月14日 (水)

サザエさん

今日、とある所で『サザエさん』の漫画を第1巻から数冊読んだ。物語はサザエさんがまだ独身で戦後の疎開先から物語が始まって、そして東京に引っ越して来た。サザエさんが独身だったことにまずビックリした。闇市での話しでも、やらかすことがぶっ飛んでいて爽快だった。サザエさんもフネ(お母さん)のセリフも何処か落語を感じさせる口調で落語好きなオレには堪らなく嬉しかった!ワカメは自分の事を「あたいは〜」と言っていたのには驚いたな。それに幼稚園前から始まっているんだワカメが!言葉が上手く言えなくて泣き出す話もあった。
それから2巻目?かなぁ?サザエさんがマスオさんと結婚して、最初サザエさんの実家の近くに住んでいるんだけど大家さんが勝手にサザエさんが住んでいる家を売りに出してしまい皆で暮らすようになって今に到るって感じ。そうそうマスオさんの実家が大阪だって事も初めて知った。関西弁だった。
でも、その漫画も数ある話をまとめて1巻、2巻〜にしたと書いてあったから本当はサザエさんとマスオさんのなれ初めもどこかにあるんだろうなと思ったら読みたくて堪らなくなった。知らないサザエさんを知って興味深い1日だった。
もうひとつ面白かったのが、長谷川町子先生がサザエさんを作るにあたってのエピソードが2巻目?に3.4ページで書かれている所。疎開先で海を見ながら妹さんとサザエやワカメやカツオといった家族の名前を考えたとか…。漫画の内容もテレビよりもっと身近な肌触り感があり面白かった。しかし全部揃えるには大変そうだ。でも欲しいな。今買うか買わないか迷っている…今も部屋中、画材と本だらけで「これ以上どこにどう置くんだ。落ち着いて考えてからにしなさい」と落ち着きはらった家人の声が聞こえそうだ。まぁ、なに言われようと「うるせぇー!」と一発 パンチして買う時は買うんだけどね♪しかしなぁ〜…いつも思いつきで痛い目にあってるし…家人の部屋にもオレの物が流れ出してるし…ウジウジ…

2006年6月13日 (火)

はじめまして。

はじめまして。
サガラミドリです。
かおりのブログ楽しんでいただけているでしょうか?
私は自分が担当している俳優のブログなのに、毎回大笑いしています。
こんな文章を書きますが、かおりは美人です。時々横顔など見ていてびっくりすることもあります。ということで、これからゆっくりとですが、女優復活します。スクリーンで、ブラウン管でかおりを見ていただく機会の折には私がこのブログにお邪魔してお知らせしていきます。
取り急ぎ、7月15日から渋谷シネ・ラ・セットで公開の『Colors』にカメオ出演しています。お近くの方は是非ごらんになってください。
そしてそして、このブログでちらちらとかおり自身がご報告しているキャラクターイラストは、女優活動よりもっともっとゆっくりとですが、発表準備を進めています。       すーーーーーーんごくかわいいんです、これが!
早く皆さんにも見ていただきたい!
以上、なんか宣伝文句みたいになってしまいましたが、今後ともよろしくお願いします。今日はかおりの誕生日です。
Photo_28

サガラミドリ

2006年6月11日 (日)

妄想と寝不足…

イングランド対パラグアイ戦を見た。もちろんテレビ。イングランド強い…速い。今更ナンだけど、ベッカムっていい顔してるなぁーしかし!!パラグアイのサンタクルス!試合前にサンタクルスのインタビューを見てオレは固まってしまった!なんてエキゾチックで素敵なんでしょう〜!Photo_27試合を見ながら残念ながらサンタクルスの活躍する場面は見られなかったけどインタビュー映像が頭から離れなくて、こんな人と同じ部屋に閉じこめられちゃったら3分も経たないうちに鼻血を噴出し倒れて即刻退場だろうな〜とか妄想はとめどなく溢れ違う意味で興奮して観戦した。観戦後も興奮がおさまらず家人に自分の妄想をあれやこれやと話すと、とても白い目で見られた… でも、パラグアイ…見なきゃ♪ああ!オレにはラウルがいるのに、ワールドカップ2日目でもう浮気だ…幸せな妄想に取り憑かれ眠ると、朝方、家人の「ああっ!」とか「おおっ!!」とかのうめき声で目が覚める。寝床を這い出し居間に行くとアルゼンチン対コートジボワール戦を観戦していた。こんな時間にうるさいなぁーフン!と叉寝ようと思ったら!これ叉凄い試合をしている。速い!速い!コートジボワールがゴムまりのようだ。速いしパスの奪い合いも凄いー!!凄くて面白過ぎて、アッという間に試合が終わってしまった。そして朝…こんな生活困る!毎度思うけど皆さん凄いわ…当り前のコンコンチキだけど、仲間にちゃんとパスが渡ってあの速度に正確な技…
日本…と、とにかく頑張れー!

2006年6月 7日 (水)

こんな日もある…

Photo_159











う〜うっ〜。くぅ〜くっ〜。んーーんっ〜。はぁ〜〜〜…
まぁ、こんな日もあるよね。

2006年6月 6日 (火)

縁起もんライタ〜

Photo_23仕事に行く途中、恵比寿のたばこ屋さんで見つけたライター。オレは小さな縁起ものに弱い。これも普通のライターより小さい。最初に商売、開運、金運3個を買ったけど、後でその時買わなかった黄色のライターがとても気になり買いに行ったら、3ケースくらい積んであったのに黄色い交通安全がひとつしか残っていなかった。どうって事ないデザインがまたまた可愛い。(株)アマミヤさんで販売しています。シールにかいてありました。オレは可愛くて小さいものが好きで部屋中あちらこちら小さいものが置いてある。小さいものを作るのも好きだ。昔から仕事以外、外に出るのが嫌いで小さいものを紙粘土でいろいろ作っていた。その中でも『幸せ水島ねこ』という、ちょっと空を飛んでいる感じの5匹ねこセットが人気で1000個作ったことがある。1000個も作ると職人芸になるのか、ひとつのグラムがみんな同じだったのには驚いた。1000個、ねこが並んだ部屋は壮観だったな〜  でも、あっという間に嫁に出て行ってしまった。今年、5,6セット作ってみたけどやはりグラムは同じだった。腕は鈍ってなかったぜ!今回の『幸せ水島ねこ』は外国に嫁に行った。オレのねこも国際派になって嬉しい。これをもらうと幸せになれるそうだ。プレゼントした人からよく言われた。なので今回初めて自分の家の『幸せ水島ねこ』を大切に人目につかない所へ誰にも持っていかれないように置いてある。5匹で手のひらのるの♪可愛いんだよ〜♪おお〜こんな時間だ仕事をしなくては。

2006年6月 4日 (日)

キャラクターデザイン

今というか、全州映画祭に行く前から、あるCM会社とキャラクターデザインの仕事をしている。Photo_160始めはいつか絵本にしたいなと書きためておいたものを、いつまでもこのままにしておくのはバカみたいだと思いミドリさんに相談して勇気を出して持ち込みをした。数年前、初めて自分だけで絵本を描いて、オレの師匠くらもちふさこ氏に絵を見てもらった。師匠に「早く人に見せろ。キャラクターで動くよ」と言われたが勝手が分からなくそのままにしてあった。しかし人の出会いは偶然というか動き出すきっかけを作るというか、今年のロッテルダム映画祭前に、今のオレの事務所の社長殿ミドリさんと理由は忘れたが10年ぶりに連絡が取れ、「パリに仕事に行くからロッテルダムに寄るよ」とポンと言われ本当にロッテルダムに来てくれ、オレと長崎さんの面倒も見てもらった。彼女のバイタリティーは物凄く、どんな国でも気に入る仕事があると行く、行ってしまう人なのだ。ミドリさんはフリーで映画の制作、プロデューサーをしている。話はそれるが、たしかホフディランというバンドのCDにミドリさんの唄がある。昔、  『きれいなミドリさ〜ん〜♪』と言う歌詞を聞いた時はびっくりした。彼女がロッテルダムから帰国して長崎さんと映画の企画を作っていた時、オレの仕事の電話での交渉ぶりを聞いていて頭を抱え込み、アホをほっとけないミドリさんは事務所を作る羽目になってしまったのだ。ありがとう!ミドリさん。
Photo_20ミドリさんは一見可愛い顔をしているけど、とても恐い人でもある。おおっと余り書くと恐いからもうこの辺でお終い。でも、そういうバイタリティーがある人を見ていたおかげで、いつまでもためているだけじゃバカみたいだなと思い、 駄目元で持ち込みをしたのだ。3、4点のキャラクターがあったのだが自分では頭のはしっこにあったものに光が当り意外だった。
そして今、そのあるキャラクターを描いている。一度描いたが直しが出た。本当は全州映画祭中にキャラ直しをして、帰って来てからストーリーのダイジェスト版を描く予定だったが、いろいろあり、今日から描き始める。これから孤独な引きこもり生活だ。ワールドカップもあるし頑張ろう!そうそう、ミドリさんからの忠告も紙に書いて目の前に張っておかなければ…『ボロボロの状態でも女優の顔を保て!!!』と。頑張りましょう!!

2006年6月 2日 (金)

プロフィール写真撮影〜♪

今日はプロフィールの写真撮影です。12時からメイクスタンバイ開始!
午後1時から撮影開始です。まずはベランダでメイクの感じを見る為にラフに撮り問題はなくある公園に出発!長崎君が言うには「今日は曇りで撮影にとても良い感じ」だとか。今回のスタッフはカメラマンにミドリさん、水島が所属する事務所の社長殿です。レフ担当は長崎俊一君です。彼は監督の経験はあるもののレフは初めてなのでちょっと心配。外に出て撮影開始になるとレフ担当の長崎君は、やはりロケハンを始めてしまうし、バックの背景が…とか俄然うるさくなる。Photo_161うるさくなると女優さまも険しい顔になり口論が始まりミドリさんに「まぁまぁ」と、たしなめられる事が繰り返されましたが意外な所に良い穴場を発見し、「ここで撮ろう!」さっそく撮影開始!ミドリさんは決断が凄く速く「これで、いい!良い感じよ〜!!」と決めてしまう。女優さまは慌てて「もうちょい撮った方がいいんじゃない?」と言う。長崎君はカメラに興味を示したようで、時々ミドリさんとカメラとレフのポジションを交換する。
う〜ん!!随時画像を確認すると長崎君のレフの当て方がヘタだと女優さまはごねる!長崎君のカメラの腕はまあまあなので、ミドリさんと長崎君はお互い持ち場を交代で替えつつ撮影することになった。

Photo_12途中、ミドリさんが朝顔の花壇を踏みつぶし、苗を一生懸命元に戻す事件もありましたが、1時間で撮影終了。とても良い感じのものが撮れました。朝顔もミドリさんの愛を感じて、女優さまと共にきっと元気に咲くでしょう〜♪皆さんと記念撮影!あれれ??ちょいと顔がはみ出しましたので改め、
「ハイ!チーズ!!」今回は良い感じですね!
左から長崎君、女優さま、ミドリさんです。
お疲れさま〜♪♪Photo_18

2006年6月 1日 (木)

ダンベル!

ダンベル体操って凄い!夏に向けて、ちょいとプヨッた体を引き締めるため1週間前から始めたらメキメキと体が!腹が!二の腕が!引き締まってきたのだー!!1日、15分、本に書いてあるとおり体操してるだけなのに本当に引き締まってきてビックリしている。ホントに凄い〜♪

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »