フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« 韓国・全州映画祭1 | トップページ | 韓国・全州映画祭3 »

2006年5月 9日 (火)

韓国・全州映画祭2

4月29日(土)
昼、12時半、長崎さん取材に出発。いつもはビデオを回しに同行するんだけど、オレ、早くもダウン。パジャマのまま顔だけ出して見送る。と、そこにトニー・レインズ氏登場。いつもと勝手が違う映画祭で心細かったこともあり「トニー!!トニ〜!!」と抱きつき涙を飛び散らしてしまった。今年2月のロッテルダム映画祭の時もオープニング上映で緊張し、トニーの顔を見たら「ああ、大丈夫」と胸をなでおろし、今回もまた安堵した。昨年秋のバンクーバー映画祭から1ヶ月おきに会っている気がする。それから風呂に入り元気が出た。午後3時半に長崎さんとオフィスで合流し、気になった日本で観られそうもない映画のチケットを取る。オフィスの周りは映画館だらけで便利だ。Jpg_43前の広場ではバンド演奏があり、竹下通りと学園祭が一緒になった凄い賑わい。オレ達は昼ご飯、よくわからない店でラーメンを食べる。小さなアルミの鍋に即席ラーメンが入って、やはりキムチが添えてある。今日は朝、雨が降り寒いので体が温まって丁度いい。“世界の言葉はマクドナルド”は一切ない。あるのはハムバーガー。それをハンバーガーとして売っている。それと、よくあるのが、トーストに2,3種類のハムとチーズが挟んであるホットトースト、それがメジャーらしい。あとこれ!Jpg_26砂糖を絡めたパンは美味い!4つで1000ウォンだから130円くらい。長崎さんは審査映画へ、オレは市場へ行って早速夜ごはんの調達。女は強し…!夜8時45分、トニーと3人でバスに乗り込みパーティー会場へ向かう。Jpg_27

“ロックンロールカフェ”。何処の国の人か知らないが若い監督が、お腹が空いているんだろう。でかい皿のフルーツの盛り合わせをバクバクと1人で2皿、アッという間に平らげる。普通は笑ってしまうんだが、市場通いのオレは笑えなかった。あんたもお腹が空いていたんだね…。そんな情景を目の前にして、オレの心の中には演歌が流れるが、今、演奏しているのは韓国のビートルズもどきバンド。次はヘビメタバンド?『仁義なき戦い』のサントラが流れてビックリ。このヘビメタバンドは日本のバンドだと長崎さんが教えてくれた。よく聞くと日本語だった。バンド名はギターウルフ。長崎さんは演奏を聴いて難聴になり風邪を引いた。オレも耳が壊れた。“ギターウルフ”忘れないゼ。12時、2人タクシーでホテルに帰る。耳鳴りが治らない。

4月30日(日)
今日は『闇打つ心臓』の初めての上映11時から。韓国で3番目に大きい大学だそうだ。今までこの映画祭のオープニング会場だったとかでホールが大きい〜!でも映画祭のメイン会場辺りからは結構離れている。タクシーで移動する距離なので余り期待はしていなかったが時間になるにつれ人が沢山来た。びっくり。今日はプログラムにも『GUEST』と書かれてなく、長崎さんが「せっかく来たのだから来てくれた人達に挨拶をしたい」と急遽決めたのに記者の人が数名いて叉、びっくり。挨拶を終えホテルで昼ご飯。Jpg_28サンドイッチとコーヒーを頼んだらビールが出てきたので又々びっくり。そうなんだ!コーヒーが通じない。英語の発音で言っても通じない。午後1時から取材。今回はいつもと同じく同行してビデオを回す。この記者の方は『闇打つ心臓』が好きらしい。日本では真ん中がなく、好きか嫌いの真っ二つだ。と言ったら、ウンウンと頷いていた。笑ってしまった。昨日、トニーにも日本の反応を話したら「そういう映画だから良いんだ」とニコニコしていた。そうなん?……。Jpg_29写真撮影の時、長崎さんはカメラマンに「テーブルに両足を組んでのせて下さい」と言われハードなイメージの格好をさせられてシックハックしていた。ホントに妙な格好だった。様になってない。Jpg_30夜ごはんは、長崎さんのギターウルフ風邪が酷くなり

つつあったので風邪によさげな、叉、クンナムルクッパ(もやしクッパ)を食べる。その後、2人で時間つぶしにベンチに座り込む。「小津の東京物語みたいだな」と長崎さんポツリ。当りを見回すと若い人達と 家族連れで昼間とは違い、懐かしい縁日のようで活気に満ちている…。2人が孤独な老人夫婦になったような気がした。Jpg_478時、長崎さん審査映画へ、オレは演歌“カスバの女”を歌いながら、ぶらぶらホテルに戻る。韓国は演歌が似合うなぁ〜♪。Jpg_46夜、10時半頃、長崎さん疲労疲労でホテルに戻る。審査員って大変なんだなぁ〜♪

5月1日(月)
今日は朝から暑い。初めてホテルのレストランで朝食を食べた。普通のバイキング形式。でも、キムチはある。長崎さん10時、審査映画へ。オレは部屋でたまった日記をつける。自分の仕事もしなくてはいけないのだが落ち着かず中々できない!超!まずい!!12時10分オフィスで長崎さんと待ち合わせ。外でコーヒーをのんびり飲んでいたら、長崎さんと同じ部門のシカゴの審査員、ジョナサンが来た。Jpg_35いろいろ映画の情報交換をする。ジョナサンも言葉も分からず食事に困っているらしい。毎夜、映画館のホットドックを食べているそうだ。そう言えば初め会った時より顔色が悪い。物凄く太った人なのに少し顔がコケたような…。ジョナサンと別れて昼ごはんを探す。うどんの写真を見つける。「うどんだよ」と話していたら、店の人が「うどん、うどん」と言った。うどんはうどんらしい。出て来た物はこれ。Jpg_36たぬきうどんと、きつねうどんの合体だ。味は関西風でなかなか美味しい。その後、長崎さんは審査映画へ、オレは市場へ夜ごはんの買い出し。今日は2人とも別行動。長崎さんは夜7時から取材と叉、審査映画。オレは6時から1人映画を観る。さぁ〜買い出しです。目をよく開いてみると英語の文字が有る店を1件見つけた。明日食べましょう!Jpg_37市場でも手ぶり身振りで交渉し、キンパプ(韓国風のり巻き)、薩摩揚げ、小籠包もどき、サラダとかはコンビニにも売ってないので、果物オレンジを2コ購入。牛乳。夜、ホテルで1人ビールを飲んでいたら花火が上がった。たしか昨日の夜も上がった。1人で見上げる花火は寂しいな。夜10時半、長崎さんホテルにもどる。市場ごはんを2人で食べる。Jpg_38オレの観た映画は、Joe Danteの『Homecoming』湾岸?アフガン?戦争で亡くなった兵士たちがゾンビになってアメリカに戻り、あるゾンビはブッシュを選挙で倒そうとし、でも投票すると死んでしまう。また他のゾンビは人間と協力し戦争反対デモを起こす…。最後は残ったゾンビ兵士がホワイトハウスを襲い、ブッシュを倒すという映画。ジョナサンに『面白いよ』と言われたが、ゾンビが可哀そうで涙した所もあった。ボー然と観た。

5月2日(火)
今日も暑い。今日は2回目の上映の日。朝、ドアの下に予定表が差し込んである。舞台挨拶とQ&Aとあるが、長崎さんが審査映画を観るため上映後のQ&Aしか出来ないと一昨日、昨日と話したのに上に伝わってない。前もって言ってもダメらしい。その日、その時じゃないと伝わらない。考えてみれば『闇打つ心臓』で今まで回った映画祭は特別だったのかも。そしたら、「これが普通だよ。」と長崎さんが言った。私は良い事しか覚えてないから困ったもんだ。昨日と同じ時間にバイキング。人がバンバン増えているのに食事は増やしてくれない。ごはんがほとんど無い。葉っぱしかない。虫じゃねぇ〜んだ!食い意地の張っているオレはむくれる。仕方がないので葉っぱを芋虫のように沢山食べる。長崎さんは審査映画へ、オレは部屋に戻る。黄砂なのか、テーブルやパソコンが直ぐ細かい砂だらけになってしまう。目のイガイガも酷くなり、クマも酷くなり不細工な顔でイライラ。12時半オフィスで長崎さんと待ち合わせ。Jpg_39昨日発見した英語の文字のある店で昼ごはんを取る。が、英語は通じない…。何とか注文をする。長崎さん、うどん定食を頼むが、うどんだけ。オレ、冷麺。不味い…2人沈黙で食べる。さっき、オフィスでスタッフの人が「観光でもどうですか?」と親切に話してくれたのに、オレの断り方が刺々しかった。と長崎さんに指摘され落ち込んで、ひとりホテルに戻る。疲れてきて、20歳も下の子に当ってしまった…。Jpg_41小っちゃい心だ。その時のオレの顔。嫌な顔つき…。6時、気持ちを前向きにしてホテルを出る。夕方6時半、“東京物語”のベンチで長崎さんとスタッフと待ち合わせ。『闇打つ心臓』2回目の上映。人が沢山いた。Q&Aも時間切れまで沢山の質問。Qajpgお客さんの感情が凄く豊かでびっくりする。Heart,Beating!って感じ。楽しかった!その後、古い昔の町並みにある民家を改造した店でパーティ。ヘルシーな韓国料理。山菜、豆腐(美味!)、豚肉のアミ乗せ、キムチ、チジミ、マッコリ。美味しい!Jpg_42

涙が出た。瀬々監督とテーブルを囲む。が、食い気が先で、何を話したのか記憶にない。2次会は、北陸の寂れた漁師町のような独特の古い店。『星の故郷』。ここでは外国、韓国、日本と席が自然と分かれる。『カミュなんて知らない』の柳町監督と瀬々監督と評論家の方達と。皆さんパワフル元気!オレ達は丁度、中日で疲れがピークでポケ〜ッとしている。アルコールも入らない。11時過ぎ、先にタクシーで失礼する。皆さんは朝の5時まで燃えていたそうだ。

« 韓国・全州映画祭1 | トップページ | 韓国・全州映画祭3 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国・全州映画祭2:

« 韓国・全州映画祭1 | トップページ | 韓国・全州映画祭3 »