フォト

お弁当メール・東京ガス

西の魔女が死んだ・公式サイト

8月のクリスマス公式サイト

『黒帯〜KURO-OBI』公式サイト

闇打つ心臓・公式サイト

  • 闇打つ心臓 Heart Beating in the Dark
    2006ロッテルダム国際映画祭 『オープニング作品』&『長崎俊一特集』/バンクーバー国際映画祭『特別プレミア上映』 /マルデル・プラダ国際映画祭 /韓国全州映画祭/ロンドン、ウィーン、サンフランシスコ、他、多数海外国際映画祭正式招待

『柔らかな頬』 原作・桐野夏生

ドッグス

  • ドッグス
    1999バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭/ウィーン映画祭 他、多数 ★主演・水島かおり

ロマンス

  • ロマンス
    1996ベルリン国際映画祭/バンクーバー国際映画祭/ロッテルダム映画祭、 他、多数 ★主演玉置浩二・水島かおり・ラサール石井
無料ブログはココログ

« ロッテルダム映画祭・その7・ぎょ〜〜えっ!! | トップページ | ロッテルダム映画祭・その8・さぁ〜行きませう! »

2006年3月31日 (金)

桜が恐い…。

桜は恐い…
よく小説とかで、桜の下には死体が埋まっている話しとかがあるが、オレは違う意味で桜が恐い。昼間は大丈夫なのに夜、桜の下に来ると桜の木に登りたくてたまらない衝動にかき立てられる。風がゴォーゴォー吹いる日にゃ〜もう、登りたくて登りたくて堪らないので、桜の季節はあまり桜を見ないようにしている。20代後半の頃、友達とほろ酔い気分で桜の下を通ってしまった。それも、なんともいえず立派にそびえ立つ桜だった!もう、登りたい衝動を押さえられなくなり、酔って気持ちが大きくなっていた事も災いして「ワオォーー」言いながら、桜の上の方まで登って、風がゴォーゴォーと吹き、枝も花も揺れ、自分が花びらの渦の中にいる心地よさが今でも忘れられない…Photo_6此処までは、 自分酔いしれて書けるのだが、それからが大変だった。木と言う物は、登る時は案外と簡単に登れるのものだが、降りれない…友達とワーワー騒いでいた時、たまたま自転車でおまわりさんが通り掛かり、その指導で降りられたものの、さんざん怒られ、足首を捻挫してしばらくの間、動けなかった…天罰です。はい。今、家のベランダの真っ正面に私の好きそうな桜の木があるので、この季節は昼間からカーテンを掛けている。「オレは桜の精なのだろうか」と友達に話すと、それはあまりにも桜に大変失礼だ。「あんたは何処でも生きていけるペンペン草の精だ」と言われた。…あまり、いい気分にはなれない…

« ロッテルダム映画祭・その7・ぎょ〜〜えっ!! | トップページ | ロッテルダム映画祭・その8・さぁ〜行きませう! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜が恐い…。:

« ロッテルダム映画祭・その7・ぎょ〜〜えっ!! | トップページ | ロッテルダム映画祭・その8・さぁ〜行きませう! »